【5月号の主な内容】
◎人間といういのちの相(すがた)(2・3面)
 インタビュー:佐伯康人さん「支え合う世界(後編)」
 先月号に引き続き、佐伯康人さんからお話を伺いました。農業と福祉の新しい関係を模索し、障がい者の自立を目指す佐伯さんは、障がいをもつ子の親として、彼らの自立を考える一助として、自然栽培の可能性に着目されます。今回は、無農薬・無肥料栽培に取り組む中で見えてきた、人間の相をたずねていきます。

◎【特集】真宗本廟再建「尾神嶽殉難」をしのんで(6・7面)
 世界最大級の木造建築、御影堂を有する真宗本廟(東本願寺)。真宗本廟の大伽藍は明治時代、全国の門徒の尽力によって、15年の歳月をかけて再建されました。
 なかでも木材の約半数は、各地の門徒によって献木されたもので、重機もない時代、木材の曳き出しは大勢の人びとが参加する大作業でした。新潟・尾神岳では厳冬期の山中において、そうした作業中に雪崩が起き、多くの人が犠牲となりました。その地元・高田教区では長年、多くの方によって史実の顕彰が続けられています。

●現在(いま)を生きる 通信員リレーリポート(4面)
  「〝体で聞く、体に聞く〟」(飯田忠夫さん)」/枝川彰子通信員

●人間が人間であるために(4面)
  「今こそ考えよう、ハンセン病問題」/見義智証
  
●阿弥陀経に聞く(5面)
  第15回「諸仏の護念」/一楽真

●御絵伝からいただく親鸞聖人のご生涯(8面)
  第17回「神道とのかかわり」/沙加戸弘(監修)

●その他連載(9面)
  ・時問自問(じもんじとう)-時代に問われ 自らに問う-
   「結果(未来)からの解放」/寺本温
  ・ミカタがカワル?-ちょっと視点を変えてみよう-
   「一緒」/川村妙慶

●ニュース(10・11面)
  真宗本廟「春の法要」法然上人八百回御忌法要 厳修
  東日本大震災「勿忘の鐘・追弔法要」
  阪神・淡路大震災25回忌法要
  四コマ漫画「となりのトモちゃん」/足利ヒロキ ほか

年間発送料1,000円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ

年間発送料1,000円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ

真宗 2019年5月号(第1382号)

〈教団の動き〉
 2019年 真宗本廟「春の法要」
 教学会議「諮詢事項1に対する指針」(報告)を提出
 教学会議 宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃法要テーマ案を提出
 渉成園保存整備事業 十三景・回棹廊が修理を経て完成
 住職修習を新日程で実施 「同部会運動の願い」をお寺づくりの軸足に
 阪神・淡路大震災二十五回忌法要

〈災害救援本部より〉
 東日本大震災「勿忘の鐘・追弔法要」
 宗派から被災教区へ「平成30(2018)年7月豪雨」の救援金を届ける
 参議会議員一同が宗派へ「平成30(2018)年北海道胆振東部地震」への救援金を届ける

 財産処分について(公告)

《特集》
 教学会議
 「宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃法要に向け、私たちはどこに立つべきか」
 教学会議「諮詢事項1に対する指針」(報告)

B5判年間購読 3,000円 1部250円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

B5判年間購読 3,000円 1部250円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ