【9月号の主な内容】
◎慶讃テーマに込めた願い(前編)(2・3面)
 2023年に迎える宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃法要へ向けて、このたび発表された慶讃テーマ。このテーマ作成に関わった「宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃法要テーマに関する教学委員会(課題別委員会)」の委員6人に、これまでの議論を振り返っていただきました。現代が抱える孤独や不安にどのような言葉で応えていくのか。慶讃テーマが生まれた背景についてお話しいただきました。

◎【特集】真宗本廟(東本願寺)の境内建物が重要文化財に指定される(6・7面)
 これまで多くのご門徒方のご懇念によって、聞法の場として大切に護持されてきた真宗本廟(東本願寺)。このたび、境内の建物6棟(御影堂、阿弥陀堂、御影堂門、阿弥陀堂門、鐘楼、手水屋形)が重要文化財に指定されることとなりました。
 6棟の建築群は、文化庁の文化審議会の答申において、「近世以来の伝統木造建築技術による比類ない規模と高い格式を備えた近代の寺院建築群として高い価値を有する」と評価されています。
 そこで今回、重要文化財に指定される真宗本廟境内の6棟の建物をご紹介します。

●現在(いま)を生きる 通信員リレーリポート(4面)
 「妻のご縁と父の背中」(熊切康至さん)」/別符浩瑛通信員
  
●人間が人間であるために(4面)
 「強制不妊手術からの人権回復をめざして」/利光惠子

●阿弥陀経に聞く(5面)
 第19回「流通の願い」/一楽真

●御絵伝からいただく親鸞聖人のご生涯(8面)
 第21回「廟堂創立」/沙加戸弘(監修)

●その他連載(9面)
 ・毎月一品 あずきレシピ
  第2回「南瓜のいとこ煮」/谷岡瑞穂
 ・ミカタがカワル?-ちょっと視点を変えてみよう-
  「苦情と文句」/川村妙慶

●ニュース(10・11面)
 一般財団法人「本願寺文化興隆財団」との裁判で和解成立
 人形浄瑠璃「親鸞記」上演
 「ハンセン病家族訴訟熊本地裁判決への宗派声明」を発表
 四コマ漫画「となりのトモちゃん」/絵・足利ヒロキ ほか

年間発送料1,000円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ

年間発送料1,000円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ

真宗 2019年9月号(第1386号)

〈教団の動き〉
 「ハンセン病家族訴訟 熊本地裁判決への宗派声明」を発表
  一般財団法人「本願寺文化興隆財団」との裁判で和解成立

〈災害救援本部より〉
 東日本大震災被災地現地研修会の開催について

お知らせ
 「ヒバクシャ国際署名」への協力のお願い
 2020年 得度式の期日のお知らせ

 2018年度 宗派経常費御依頼額収納の御礼―全30教区で宗派経常費ご依頼額完納―

〈特集〉
 宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃法要お待ち受け『真宗』誌企画
  語る・つなぐ・あゆむ〔第9回〕※最終回
  「慶讃テーマに込めた想い」

〈第67回宗議会〉
 一般質問答弁抄録

B5判年間購読 3,000円 1部250円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

B5判年間購読 3,000円 1部250円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ