【7月号の主な内容】
◎人間といういのちの相(すがた)(2・3面)
 インタビュー:山元加津子さん「大きなはたらきの中で生きる(前編)」
 人と人との関係性が希薄な今日、自己を見失い、むなしさや孤独と背中合わせになって、私たちは
生きているのではないでしょうか。山元加津子さんは特別支援学校の教員生活の中、先生と生徒という
関係を超え、一人の友だちとして子どもたちと関わり続けてきまし た。本当の出遇いや関係性はどこで
成り立つのか。
 今月号から2回にわたり、山元さんからお話を伺います。

◎2018年宗会 招集(4・5面)
 真宗大谷派の最高議決機関である宗会(常会)が招集され、2018年度の宗務執行の方針が14日間に
わたって審議されました。紙面では、但馬弘宗務総長による所信及び施政方針(演説要旨)と、今宗会で可決された条例等を掲載しています。
 
◎【特集】2018年度 宗派の予算 (6・7面)
 2018年度の真宗大谷派一般会計について、どのような収入があり、その収入がどのような教化事業や
運営経費に使われているか、グラフや写真とともに紹介しています。また、宗祖親鸞聖人750回御遠忌特別会計・真宗本廟阿弥陀堂及び御影堂門御修復特別会計の概要を掲載しています。

●阿弥陀経に聞く(8面)
  第5回「阿弥陀経の会座(二)―集った人びと」/一楽真

●阿弥陀経に聞く(5面)
  ・時問自問(じもんじとう)-時代に問われ 自らに問う-
   「出会いを求めて」/寺本温
  ・ミカタがカワル?-ちょっと視点を変えてみよう-
   「ひねくれ者」/川村妙慶

●御絵伝からいただく親鸞聖人のご生涯(10面)
   第7回「生涯忘れられない感動」/沙加戸弘(監修)

●ニュース(11・12面)
  第345回「蓮如上人御影道中」/藤共生通信員
  高田教区宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌法要 厳修/尾﨑彰秀通信員
  新たに参議会議員を選出
  四コマ漫画「となりのトモちゃん」/足利ヒロキ ほか

年間発送料1,000円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ

年間発送料1,000円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ

真宗 2018年7月号(第1372号)
〈教団の動き〉
 第66回宗議会・第65回参議会(常会)招集

〈宗会(常会)報告〉
 宗務総長演説
 「将来への活力あふれる宗門に―真宗大谷派の本分を尽くす3つの方針―」
 財務長演説
 「宗門の行財政基盤の確立に向けて―寺院を取り巻く社会環境の変化に対応していく―」
 可決成立した条例について
 2018年度教化研修計画の基本方針【教化研修事業・出版物発刊事業】
 2016年度真宗大谷派決算書
 2018年度真宗大谷派予算 ほか

〈特集〉
 新参議会議員の顔ぶれ
 宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃法要お待ち受け『真宗』誌企画
  語る・つなぐ・あゆむ〔第4回〕
  「立教開宗の意義―現代と親鸞」
 第3回門徒戸数調査結果報告書

B5判年間購読 3,000円 1部250円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

B5判年間購読 3,000円 1部250円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ