【6月号の主な内容】
◎人間といういのちの相(すがた)(2・3面)
 インタビュー:飛岡健さん「人間の知恵と未来」
 物質的豊かさを追い求めた結果、現代では科学技術、特にAI(人工知能)化が進み、私たちの生活に
 大きな変化をもたらしつつあります。これからの時代、人間や社会はどうなっていくのか。
 今回は、未来予測の視点からさまざまな研究に従事する飛岡健氏にお話しを伺います。

◎【特集】琉球・沖縄の真宗の歴史と現在(6・7面)
 沖縄を訪れると、異国情緒のある音楽や料理、風景を感じることができます。そこには140年ほど前
まで、琉球王国という国があったからです。その沖縄に、真宗の教えが最初に伝わったのは、明治政府により沖縄県が設置される以前、琉球王国時代にまでさかのぼります。
 今回は、琉球の地に真宗の教えを伝えた、先人の歴史と歩みを紹介します。
 
●現在(いま)を生きる 通信員リレーリポート(4面)
  「振り返ったところに見えた仏様への〝道〟(田中經啓さん)」/蓮井智道通信員

●人間が人間であるために(4面)
  「野に立つ仏よ!この子らの道に光を!」/金城実

●阿弥陀経に聞く(5面)
   第4回「阿弥陀経の会座(一)―祇園精舎」/一楽真

●御絵伝からいただく親鸞聖人のご生涯(8面)
   第6回「聖徳太子の合掌礼拝」/沙加戸弘(監修)

●その他連載(9面) 
・時問自問(じもんじとう)-時代に問われ 自らに問う-
 「絶対に正しい人を求める心」/平野喜之
・ミカタがカワル?-ちょっと視点を変えてみよう-
 「立場」/川村妙慶

●ニュース(10・11面)
  2023年 宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃法要に向けて
  四コマ漫画「となりのトモちゃん」/足利ヒロキ ほか

年間発送料1,000円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ

年間発送料1,000円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ

真宗 2018年6月号(第1371号)
〈教団の動き〉
 参議会議員通常選挙が行われる
 「全国教区会正副議長会臨時会」開催
 慶讃法要に向けて宗務審議会から答申書が提出される
 「第7回女性住職の集い」開催
 第50回「生徒のつどい」開催
 真宗教団連合結成五十周年 共同宣言 発表

〈災害救援本部より〉
 「共にあゆむ熊本地震復興のつどい」開催

〈特集〉
 全戦没者追弔法会 記念講演
  「無義をもって義とす」 梶原 敬一
 宗務審議会
 「宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃法要基本計画に関する委員会」答申書

B5判年間購読 3,000円 1部250円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

B5判年間購読 3,000円 1部250円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ