【主な内容】
●人間といういのちの相(すがた)(2・3面)
「問いを確かめる時」藤井敏夫さん
 普段の生活の中、私たちの目の前には、近すぎて気づかない"問い"があるかもしれません。
約40年にわたって牧場で牛の世話をしてきた藤井敏夫さんは、あることをきっかけに、身近に関わってきた牛から自分が問われたといいます。問いと向き合うとは―。 藤井さんの歩みから、尋ねていきます。

●【特集】「帰敬式法座」の取り組み(6・7面)
 真宗大谷派では、真宗門徒の生活をたしかめ、教えに生きる"人"の誕生を願う「帰敬式法座」という取り組みをスタートします。
 今月号はその取り組みについてご紹介します。
 
●現在(いま)を生きる(4面)
「通信員リレーリポート 現在を生きる」
 市原康孝さん「語り合いの場とともに」
人間が人間であるために
 「兵戈無用-正義と正義の対立を超えて-」

●阿弥陀経に聞く(5面)
【新連載】第2回「浄土三部経」

●御絵伝からいただく親鸞聖人のご生涯(8面)
第4回「終生の師・法然上人との出会い」
 
●その他連載(9面) 
・時問自問(じもんじとう)-時代に問われ 自らに問う-
 「グリーフサポートと仏教Ⅲ」
・ミカタがカワル?-ちょっと視点を変えてみよう-
 「本音を言う」

●ニュース(10・11面)
「真宗本廟奉仕 同朋会館冥加金の改定について」
四コマ漫画「となりのトモちゃん」
ほか

年間発送料1,000円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ

年間発送料1,000円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ

真宗 2018年4月号(第1369号)
〈教団の動き〉
 2017年度「宗議会宗政調査会」(第3回)・ 「参議会宗政調査会」(第3回)・両会懇談会を開催
 「浄土真宗に関する実態把握調査」を実施
 2017年度「全国教区駐在教導研修会」開催
 2017年度「同朋会館教導・補導合同研修会」開催
 2017年度「人権週間ギャラリー展・公開シンポジウム」開催

 2018年 安居開設にあたって
 ―安居の願いと聴講の心構え

〈要項〉
 2018年度真宗本廟子ども奉仕団
 第30回同朋ジュニア大会
 遠松忌法要―高木顕明師を想う集い

B5判年間購読 3,000円 1部250円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

B5判年間購読 3,000円 1部250円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ