【3月号の主な内容】
◎人間といういのちの相(すがた)(2・3面)
 インタビュー:宮地尚子さん「心の傷と向き合う」
 東日本大震災から八年。近年も、全国各地で発生する自然災害によって、多くの方が悲しみや痛みを抱えて生活しています。今回は、東日本大震災の約半年後、『震災トラウマと復興ストレス』(岩波書店)を出版し、精神科医として、心の傷と向き合ってきた宮地尚子さんのお話から、人間の相をたずねていきます。

◎【特集】東本願寺のお斎(6・7面)
 報恩講や年忌法要の際、その場に集う人びとといただく「お斎」。真宗本廟(東本願寺)では、法要をはじめ普段においても、ご参拝の方々へお斎の場を設けています(事前申込制)。
 今回は、東本願寺のお斎について、その伝統にふれながら、4月の春の法要に開催するお斎「春の渉成園と粥膳」を中心にご紹介していきます。

●現在(いま)を生きる 通信員リレーリポート(4面)
  「〝そのかごを水につけよ〟」(小嵜外史さん)」/國友強通信員

●人間が人間であるために(4面)
  「今も昔も」/大橋尚代さん
  
●阿弥陀経に聞く(5面)
  第13回「多善根・多福徳」/一楽真さん

●御絵伝からいただく親鸞聖人のご生涯(8面)
  第15回「関東での御教化」/沙加戸弘さん(監修)

●その他連載(9面)
  ・時問自問(じもんじとう)-時代に問われ 自らに問う-
   「今、これから」/伊東恵深さん
  ・ミカタがカワル?-ちょっと視点を変えてみよう-
   「見守る」/川村妙慶さん

●ニュース(10・11面)
  真宗本廟(東本願寺) 春の法要
  阪神・淡路大震災追弔会勤まる
  四日市別院でお煤払い奉仕
  四コマ漫画「となりのトモちゃん」/足利ヒロキさん ほか

年間発送料1,000円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ

年間発送料1,000円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ

真宗 2019年3月号(第1380号)

〈巻頭言〉
 2019年 真宗本廟「春の法要」にあたって
 「真金色の報せ」  宗務総長 但馬 弘

〈教団の動き〉
 宗務審議会「社会福祉事業に関する委員会」を設置
 「総会所」の模型を展示
 阪神・淡路大震災追弔会勤まる
 四日市別院お煤払い奉仕

〈災害救援本部より〉
 三重教区が宗派へ「平成30(2018)年北海道胆振東部地震」への救援金を届ける
 勿忘の鐘2019

《お知らせ》
 2019年 蓮如上人御影道中・吉崎別院御忌法要のご案内

《ご案内》
 2019年 真宗本廟 「春の法要」(日程・各種要項)

《特集》
 宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃法要お待ち受け『真宗』誌企画
 語る・つなぐ・あゆむ【第6回】
  「宗憲で語る―宗憲改正の今日的意味と宗憲が指し示す宗門的課題―」

B5判年間購読 3,000円 1部250円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

B5判年間購読 3,000円 1部250円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ