【9月号の主な内容】
◎人間といういのちの相(すがた)(2・3面)
 インタビュー:藤原辰史さん「食から問われること」
 現代社会では、忙しい生活の中あらゆることに効率を求め、そのことは食のあり方にも影響を
与えています。歴史学の視点から「食」や「農業」について研究している藤原辰史さんは、社会
全体が効率や即効性を重視してきたことで大事なことが失われつつあると指摘しています。
 今回は、「食」を手がかりに藤原さんからお話を伺います。

◎お内仏のある生活―仏具のお手入れについて―
 「お内仏(お仏壇)の仏具について、お手入れ方法が知りたい」という読者の方のご要望に応え、
仏具店の監修のもと制作した特集企画です。長年受け継いできたお内仏のお手入れの仕方や、新たに
お内仏のある生活を始める際の参考にご活用ください。

●現在(いま)を生きる 通信員リレーリポート(4面)
  「親鳥の心(山波君江さん)」/田上翼通信員

●人間が人間であるために(4面)
  「魔神の這い出る穴」/結城幸司
  
●阿弥陀経に聞く(5面)
  第7回「極楽の荘厳(一)―七宝の世界」/一楽真

●御絵伝からいただく親鸞聖人のご生涯(8面)
  第9回「他力の信心をめぐる論争」/沙加戸弘(監修)

●その他連載(9面)
  ・時問自問(じもんじとう)-時代に問われ 自らに問う-
   「微妙香潔―引きこもり―」/能邨勇樹
  ・ミカタがカワル?-ちょっと視点を変えてみよう-
   「とんでもない」/川村妙慶

●ニュース(10・11面)
  同朋会館がリニューアル―真宗本廟奉仕施設建設工事が完了―
  高木顕明師を想う集い「遠松忌法要」前を訪う―今、この時代に聞く 非戦・平等の願い
  「九州親鸞フォーラム」開催 ―テーマ「仏教×資本主義―本当の幸福(しあわせ)とは―」―
  四コマ漫画「となりのトモちゃん」/足利ヒロキ ほか

年間発送料1,000円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ

年間発送料1,000円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ

真宗 2018年9月号(第1374号)
〈教団の動き〉
 「死刑執行の停止、死刑廃止を求める声明」を発表
 門首入院加療のため、門首代行を選定
 宗務執行方針伝達のための年度当初の諸会議を開催
 この秋 内局巡回を実施
 同朋会館引き渡し
 「聖教編纂室」設置
 高木顕明師を想う集い 遠松忌法要厳修

〈災害救援本部より〉
 「平成30(2018)年7月豪雨に係る被害状況と宗派の対応について

 2017年度 宗派経常費御依頼額収納の御礼
 ―宗派の経常費御依頼額が30教区で完納に―

〈特集〉
 宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃法要お待ち受け『真宗』誌企画
 語る・つなぐ・あゆむ〔第5回〕
 「教師養成の今、そして未来」

〈第66回宗議会〉
 一般質問答弁抄録

B5判年間購読 3,000円 1部250円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

B5判年間購読 3,000円 1部250円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ