【1月号の主な内容】
◎人間といういのちの相(すがた)(2・3面)
 インタビュー:安藤泰至さん「企業社会と親鸞聖人の教え」
 「いのち」とは何か。「人間」とは何か。私たちは、普段の生活の中でこれらをわかったこととして過ごしているのではないでしょうか。安藤泰至さんは生命倫理を研究する中で、「いのち」から問われることを深く考えてきたといいます。いのちから問われる、人間の相とは―。
 今月号から2回にわたり、安藤さんからお話を伺います。

◎【特集】東本願寺オリジナル記念品のご紹介(6・7面)
 真宗本廟(東本願寺)では境内に、「東本願寺お買い物広場」を開設しています。ここでは、参拝の記念として、また真宗の教えにふれていただくきっかけとなることを願って、東本願寺オリジナル記念品や親鸞聖人の教えを伝える書籍等を販売しています。中でもオリジナル記念品は、一人でも多くの皆さまに東本願寺を身近に感じていただきたいと、通信販売も行っています。

●現在(いま)を生きる 通信員リレーリポート(4面)
  「継承―祖父から私、私から」(浅川榮司さん)」/梅原裕放通信員

●人間が人間であるために(4面)
  「オウム死刑囚の一斉執行の意味」/石塚伸一さん
  
●阿弥陀経に聞く(5面)
  第11回「極楽に生まれる者の功徳」/一楽真さん

●御絵伝からいただく親鸞聖人のご生涯(8面)
  第13回「法然上人ご出立」/沙加戸弘さん(監修)

●その他連載(9面)
  ・時問自問(じもんじとう)-時代に問われ 自らに問う-
   「自らに問う」/白山勝久さん
  ・ミカタがカワル?-ちょっと視点を変えてみよう-
   「元気」/川村妙慶さん

●ニュース(10・11面)
  宗務総長インタビュー
  真宗本廟 報恩講 厳修
  「寺院活性化支援」ロゴマーク&キャッチコピー受賞作品決定!
  四コマ漫画「となりのトモちゃん」/足利ヒロキさん ほか

年間発送料1,000円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ

年間発送料1,000円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ

真宗 2019年1月号(第1378号)

【巻頭言】―年頭の挨拶―
 「尊さを慶ぶ」    宗務総長 但馬 弘

〈教団の動き〉
 真宗本廟 報恩講 厳修

 「寺院活性化支援」ロゴマーク&キャッチコピーを公募!
 「第13期組門徒会長研究集会」開催
 同朋会館ホームページ「じぃん生活」開設
 「帰敬式法座」各教区にて開催
 札幌大谷高校野球部が明治神宮大会で優勝

〈災害救援本部より〉
 大垣教区・京都教区・東京教区が宗派へ救援金を届ける

《重要なお知らせ》
 2019年から得度式・住職修習の期日が変わります

B5判年間購読 3,000円 1部250円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

B5判年間購読 3,000円 1部250円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ