【11月号の主な内容】
◎人間といういのちの相(すがた)(2・3面)
 インタビュー:楠信生さん「問い続ける歩み(前編)」(2・3面)
 本年6月、宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃テーマ「南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう」が発表されました。この慶讃テーマについて、今月号から2回にわたり、教学研究所長の楠信生氏にお話を伺います。

◎【特集】2019年 真宗本廟報恩講(6・7面)
 宗祖親鸞聖人は、1262(弘長2)年11月28日に、90歳のご生涯を終えられました。親鸞聖人のご命日を縁として、聖人をはじめ、念仏の教えに生きた先達に思いをいたし、その恩徳に感謝し報いる法要が「報恩講」です。京都・真宗本廟(東本願寺)では、11月21日から聖人の祥月命日の28日まで、七昼夜(8日間)にわたって勤まります。また、報恩講は全国各地の寺院・教会をはじめご門徒の家々においても、念仏の教えを聴聞し、自らの生活を振り返る、1年でもっとも大切な御仏事として勤まり、「お取越」や「お引上」の名でも親しまれています。
 報恩講は、人びとが寄り合い、お斎をいただくなど、共にふれ合いつつ聞法する場として、今日まで脈々と勤められています。

●現在(いま)を生きる 通信員リレーリポート(4面)
 「つながりの輪を願って」(明石雅世さん)」/市野俊道通信員
  
●人間が人間であるために(4面)
 「人の世に熱あれ、人間に光あれ」/木越樹

●はじめて読む正信偈【新連載】(5面)
 第1回「はじめに」/井上尚実

●仏典の星ぼし【新連載】(8面)
 第1回「赤魚になった王様」/渡邊愛子、絵・臂美恵

●その他連載(9面)
 ・毎月一品 あずきレシピ
  第4回「あずきのきんとん」/谷岡瑞穂
 ・ミカタがカワル?-ちょっと視点を変えてみよう-
  「とりあえず」/川村妙慶

●ニュース(10・11面)
 第45回「下京自衛消防隊訓練大会」に出場
 「京都 食とアートのマーケットin東本願寺」開催
 吐鳳忌(小笠原登師五十回忌)のご案内
 四コマ漫画「となりのトモちゃん」/絵・足利ヒロキ ほか

年間発送料1,000円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ

年間発送料1,000円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ

真宗 2019年11月号(第1388号)

〈巻頭言〉
 2019年 真宗本廟 報恩講
 「本源を尋ねる時」  宗務総長 但馬 弘

〈教団の動き〉
 「京都 食とアートのマーケットin東本願寺」開催
 横浜別院「元気なお寺づくり講座アフターミーティング~1年後の集い~」を開催
 東本願寺出版が書店商談会に出展
〈災害救援本部より〉
 令和元年(2019年)8月九州北部豪雨・台風15号等の災害について

 お知らせ
 「東本願寺出版」が発行する書籍等への消費税率改定について
 吐鳳忌(小笠原登師五十回忌)のご案内

〈ご案内〉
 ―2019年―
 真宗本廟 報恩講

 2020年度 真宗大谷派学校連合会加盟校
 入試要項一覧(高等学校・中学校・小学校)

B5判年間購読 3,000円 1部250円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

B5判年間購読 3,000円 1部250円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ