この世を生きる念仏の教え(伝道ブックス64) | 東本願寺出版
伝道ブックス

この世を生きる念仏の教え(伝道ブックス64)

東本願寺出版|試し読み!

ご購入はこちらから

東本願寺出版|ご購入はこちらから

お問合せは東本願寺出版まで

新書判  80頁 
一楽 真 著 
978-4-8341-0394-6
249円(税別) 

念仏の教えを信じて生きたいと願いながらも、現実の中で常に迷い続ける私たち。
親鸞聖人が書かれた「念仏正信偈」(『浄土文類聚鈔』)の〝濁世の目足〟という言葉をキーワードに、念仏の教えは死後ではなく、具体的な生き方の問題に関わる教えであることをあきらかにする。

目次

「ようお照らしがありまして」
念仏の教えは「濁世の目足」
仏さまに眼をいただくと
教えを聞いてきたはずなのに
現実を歩む勇気をいただく
後の世に教えを伝える
浄土とはどんな世界か
信じ込むことが信心ではない
煩悩に振り回されずに生きる
なぜ信心決定しないのか
信心の溝をさらえよ
ニ河白道の譬え
勧めてくださる人との出会い
ダイヤモンドのような信心とは
十方無量の諸仏にはげまされ
あとがき

この商品を見た方はこちらの商品も見ています。