人間といういのちの相(すがた) Ⅲ―今、いのちがあなたを生きている | 東本願寺出版

人間といういのちの相(すがた) Ⅲ―今、いのちがあなたを生きている

東本願寺出版|試し読み!

ご購入はこちらから

東本願寺出版|ご購入はこちらから

お問合せは東本願寺出版まで

A5判  170頁 
共著   
978-4-8341-0417-2
1,000円(税別) 

本書は、宗祖親鸞聖人750回御遠忌テーマ「今、いのちがあなたを生きている」を深める手掛かりとなることを願って出された「人間といういのちの相」の第3弾。
第3巻である本書では、雇用問題、お念仏、葬儀、自殺問題などのテーマから私たち自身の人間のあり様や私たちの社会を見つめていく。
同朋新聞2・3面連載のインタビューをまとめたシリーズ。

目次

第1話 この生きづらさは何だろう?  雨宮 処凛
第2話 競争に勝たなければ生存が許されない社会なんて…  雨宮 処凛
第3話 生きることの難しさ人間の尊さ―前編―
      人間にとって子ども時代とは  穂積 純
第4話 生きることの難しさ人間の尊さ―後編―
      人間であることにうなずくということ  穂積 純
第5話 この私の我執といっしょにお念仏さまもいてくださるのです  井田ツル
第6話 勝つか負けるかがすべてだと思っていた―前編―  田口 弘
第7話 勝つか負けるかがすべてだと思っていた―後編―  田口 弘
第8話 木と対話する大工―その生き方から見えてくるもの―  出蔵 喜八
第9話 現代人にとって宗教とは何か―前編―  髙村 薫×佐野明弘
第10話 現代人にとって宗教とは何か―後編―  髙村 薫×佐野明弘
第11話 今、葬儀を考える―前編―  門脇 健
第12話 今、葬儀を考える―後編―  門脇 健
第13話 私たちはどこへ向かえばいいのか
     自殺問題から見つめて  清水 康之

この商品を見た方はこちらの商品も見ています。