仏道に生きる | 東本願寺出版

仏道に生きる

ご購入はこちらから

東本願寺出版|ご購入はこちらから

お問合せは東本願寺出版まで

四六判  252頁 
宮城 顗 著 
978-4-8341-0385-4
1,600円(税別) 

「孤独が怖い」と言う若い人たち。
孤独で淋しいのでなく、「怖い」。そこに若い人たちの呻きがあると著者は言う。
人は誰からも見離されている、見捨てられていると感じたとき、どうしようもない孤独感に襲われる。そういう孤独は、ただ独りぼっちになるのでなく、もっと深く私が私自身を見失っているということを伴うからである。

人との関わりをもって生きたいと願いながらも、自分の思いから離れられない私たち・・・。
そんな私たち人間へのあたたかいメッセージ!

大谷専修学院での、仏道を歩もうとする人たちに向けた著者からのメッセージ(2003年)をはじめとした講演をまとめた一冊。

目次

一 悲喜共同の願いに生きる
二 「こころの時代」と真宗
三 一仏乗
  一仏乗(続)
四 覈にその本を求む(一)
五 覈にその本を求む(上)
  覈にその本を求む(下)
六 無碍の一道
七 信心広大
八 向上の道・向下の道
あとがき

この商品を見た方はこちらの商品も見ています。