大谷派なる宗教的精神―真宗同朋会運動の源流― | 東本願寺出版

大谷派なる宗教的精神―真宗同朋会運動の源流―

東本願寺出版|試し読み!

ご購入はこちらから

東本願寺出版|ご購入はこちらから

お問合せは東本願寺出版まで

A5判  354頁 
水島見一 著 
978-4-8341-0376-2
1,000円(税別) 

2011年に宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌、2012年に真宗同朋会運動発足50年を迎えたことを機縁として、清沢満之・曽我量深・金子大榮・安田理深・高光大船などの先人の偉業をたずね、真宗同朋会運動を学び直す。

「純粋なる信仰運動」として始まった真宗同朋会運動の原点を、明治から運動発足にいたるまでの精神史から辿る一冊。

目次

序章  現代の真宗を考える
第一章 清沢満之から曽我量深へ
第二章 興法学園
第三章 真人社の精神
第四章 真宗同朋会運動の精神

付録 資料編
略年表
あとがき

この商品を見た方はこちらの商品も見ています。