御文の分位 | 東本願寺出版
蓮如上人に学ぶ

御文の分位

東本願寺出版|試し読み!

ご購入はこちらから

東本願寺出版|ご購入はこちらから

お問合せは東本願寺出版まで

A5判  122頁 
池田勇諦 文  廣瀬 杲 著  寺川俊昭 著  西田真因 著  渡辺晃純 著
978-4-8341-0256-4
800円(税別) 

蓮如上人の『御文』の教団における教化、教学上の位置と意義、その分限を再確認し、真宗が、教団がどのような方向性をもつべきかをさぐる。1997年中央同朋会議録。

目次

御文の分位  池田勇諦
一 御文の所属
   宗義と宗学の見定め
   宗祖と宗祖以後に一線を画す
   御文は宗義の時代的な解釈と表現
二 三祖相承
   選択本願念仏の仏道性を明らかにした宗祖
   民衆の宗教として創造した蓮如上人

シンポジウム 人間の一大事・後生の一大事  池田勇諦/廣瀬 杲/寺川俊昭/西田真因/渡辺晃純
   宗祖と列祖、末学の位置づけと権威性
   蓮如上人の教学の方向性と信心の内容
   現代という歴史状況と『お文』的表現
   列祖の位置づけの課題
   蓮如上人における宗教性の創造について
   私たちは今何を支えとして生きるのか
   いのちそのものに対して破壊者である私とその危機感
   今日的な状況の中で真宗というものをどういただいていくのか
   「後生の一大事」という言葉が語る仏道の智慧と宗門の存在意味
   出会った言葉、事柄だけが自分自身を突き動かしてくる

あとがき

この商品を見た方はこちらの商品も見ています。