本願に生きる | 東本願寺出版

本願に生きる

東本願寺出版|試し読み!

ご購入はこちらから

東本願寺出版|ご購入はこちらから

お問合せは東本願寺出版まで

A5判  128頁 
宮城 顗 講述 
978-4-8341-0313-7
800円(税別) 

「真宗本廟(東本願寺)育成員研修会」の講義録。
「この国の現実にあって、われら法蔵の願心を開かん」と題して話された宮城氏の講義を、「真宗における個と公」と「本願に生きる」の2編に分けて収載。本願に生きる場とは私たちが生きる現実である。その中で「心閉ざしている自我が打ち倒されて人間としての地平に呼び戻されること」が願われていると著者は語る。

目次

真宗における個と公
 「個」と「公」
 無三悪趣の願
 地獄
 餓鬼
 畜生
 問われる「個」
 外なる「公」
 「公」とは
 吹きこまれてきた「公」
 存在の本質にみる「公」
 群萌―覆われてあるもの―
 主観性を破るもの
 法蔵という名
 真土
 願の成就

本願に生きる
 自信教人信の世界
 どこで一切衆生といえるのか
 御同朋―一切衆生をみる眼―
 一人ひとりを「公」とする世界
 一闡提―「信」の具体性を問う存在―
 唯除
 一闡提という存在
 他者なき共同体
 信順を因とし疑謗を縁とする
 真仏土と化身土―本願酬報の世界―
 応化の願心
 本願を聞くという歩み
 娑婆、この厳粛なる世界

あとがき

この商品を見た方はこちらの商品も見ています。