清沢満之 生涯と思想 | 東本願寺出版

清沢満之 生涯と思想

東本願寺出版|試し読み!

ご購入はこちらから

東本願寺出版|ご購入はこちらから

お問合せは東本願寺出版まで

A5判  182頁 
教学研究所 編 
978-4-8341-0314-4
1,200円(税別) 

明治という激動の時代において、真宗大谷派教団の改革と宗教的真理の解明に取り組んだ近代真宗教学の先駆者、清沢満之(きよざわまんし)の生涯とその思想について紹介する。

目次

はじめに
凡例
第一章 誕生から東京大学時代まで
 第一節 仏門に入る
 第二節 育英教校時代
 第三節 東京大学時代
 第四節 宗教哲学の学び
第二章 宗門の選び
 第一節 宗門教育の人となる
 第二節 制欲自戒の生活へ
 第三節 哲学骸骨という課題
 第四節 愛山護法
第三章 養痾
 第一節 「回想」の文
 第二節 発病(肺結核)
 第三節 垂水静養
 第四節 二つの随筆
第四章 宗門の革新
 第一節 宗門の危機
 第二節 大谷派なる宗教的精神―『教界時言』(前期)
 第三節 改革運動の終結―『教界時言』(後期)
 第四節 宗門の問い直し
第五章 信念確立の歩み―臘扇の自覚
 第一節 「阿含経」を読む
 第二節 『徒然雑誌』を記す―『教界時言』廃刊
 第三節 『臘扇記』を記す
第六章 精神主義-浩々洞と真宗大学
 第一節 東上
 第二節 浩々洞の誕生
 第三節 『精神界』の発刊
 第四節  真宗大学開校
 第五節  みんな壊れた年
第七章 終焉
 第一節 「浜風」
 第二節 「他力の救済」
 第三節 宗教的道徳論
 第四節 「わが信念」
参考文献
清沢満之関連年表
あとがき

この商品を見た方はこちらの商品も見ています。