自分の発見―絵本で感じる親鸞聖人の教え(伝道ブックス62) | 東本願寺出版
伝道ブックス

自分の発見―絵本で感じる親鸞聖人の教え(伝道ブックス62)

東本願寺出版|試し読み!

ご購入はこちらから

東本願寺出版|ご購入はこちらから

お問合せは東本願寺出版まで

新書判  74頁 
四衢 亮 著 
978-4-8341-0391-5
250円(税別) 

むなしさを感じるのは、本当に自分にうなずきたいということがあるから。
親鸞聖人が晩年に残されたお手紙の言葉を、『スイミー』『フレデリック』等で有名な絵本作家レオ・レオニの『ペツェッティーノ』という絵本を題材に考える。

目次

絵本を通して親鸞聖人の言葉にふれる
子どもの成長が問いかけるもの
レオ・レオニという人
自分のなかに「ペツェッティーノ」がいる
今、自分がここにあることにうなずきたい
何かにいつも追い立てられている
強きものは弱きを伏する
人間を深みに陥らせるもの
格差をつくりたがる人間の姿
降り注ぐ情報のなかで本当のことがわからない
探し求めていたものは……
「自分にうなずく」ということ
今ここにある自分をいただく
法然上人がはなった光とは
愚者になりて往生す

この商品を見た方はこちらの商品も見ています。