親鸞さまのみ教え 「真宗宗歌」に聞く(伝道ブックス68) | 東本願寺出版
伝道ブックス

親鸞さまのみ教え 「真宗宗歌」に聞く(伝道ブックス68)

東本願寺出版|試し読み!

ご購入はこちらから

東本願寺出版|ご購入はこちらから

お問合せは東本願寺出版まで

新書判  80頁 
湯浅成幸 著 
978-4-8341-0426-4
250円(税別) 

法要・聞法会に先立ち歌われることも多く、真宗門徒にとっては恩徳讃とともに馴染み深い「真宗宗歌」。この「真宗宗歌」が制作された背景や、その歌詞を一語一語丁寧に読み解きながら、浄土真宗、そして親鸞聖人のみ教えを学んでいく。

目次

一、人生における真実の利益
   「法要」は人生の道しるべ
   生死の苦海を渡る
   「真宗宗歌」の誕生
二、われ一人の目覚めと万人の救い
   深いこころと、浅いこころ
   世間の法と仏の法
   人生における値遇
   逢う・合う・会う・そして値遇う
   いちにんの目覚め
三、とわの闇より救われし
   過去・現在・未来の闇
   夏蝉は夏を知らない
   「身の幸」ということ
   六字のみ名をとなえつつ
   念仏の利益
四、帰ろうよ人間の故郷へ
   国境をこえて
   浄土を本国として現在を生きる
あとがき

この商品を見た方はこちらの商品も見ています。