親鸞の仏教史観 | 東本願寺出版

親鸞の仏教史観

親鸞の仏教史観|東本願寺出版

東本願寺出版|試し読み!

ご購入はこちらから

東本願寺出版|ご購入はこちらから

お問合せは東本願寺出版まで

B6判  164頁 
曽我量深 述 
978-4-8341-0088-4
800円(税別) 

昭和10(1935)年に行われた曽我量深師の還暦記念講演をまとめた一冊。

「浄土真宗とは親鸞聖人が体験された新しい仏教史観である」。
「釈迦の説いた教え」としての唯物的な仏教の歴史ではなく、それをも含んだ、念仏の伝統、本願の展開の歴史を自らに証された親鸞聖人。本書はその仏教史観にふれ、仏教の根幹をあきらかにする。