2011年安居次講 本願念佛の開顕―『選択本願念佛集』講讃 | 東本願寺出版
安居講録

2011年安居次講 本願念佛の開顕―『選択本願念佛集』講讃

2011年安居次講 本願念佛の開顕―『選択本願念佛集』講讃|東本願寺出版
ご購入はこちらから

東本願寺出版|ご購入はこちらから

お問合せは東本願寺出版まで

A5判  166頁 
藤嶽明信 著 
978-4-8341-0436-3
2,500円(税別) 

2011年7月開講の安居次講講録。 よき人・法然上人の「おおせ」をとおして本願念仏に出遇われた親鸞聖人。 本書では法然上人の主著『選択集』を拝読、語録等に学び、本願念仏開顕の意味を学ぶ。

藤嶽明信 略歴

擬講。1953(昭和28)年、三重県に生まれる。1976(昭和51)年、大谷大学文学部真宗学科卒業。1982(昭和57)年、大谷大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。2004(平成16)年、大谷大学文学部教授。三重教区三講組敬善寺衆徒。著書は『蓮如上人―親鸞聖人の教えに生きた人―』(共著)『ブッダと親鸞―教えに生きる―』(共著、以上、東本願寺出版部)など。

目次

第一章:『選択集』の主題と依り所
第二章:『選択集』の総論―教相と念佛―
第三章:『無量寿経』に依って
第四章:『観無量寿経』に依って
第五章:『阿弥陀経』に依って

この商品を見た方はこちらの商品も見ています。