2017年安居次講 『後世物語聞書』聴記 | 東本願寺出版
安居講録

2017年安居次講 『後世物語聞書』聴記

2017年安居次講 『後世物語聞書』聴記|東本願寺出版

東本願寺出版|試し読み!

ご購入はこちらから

東本願寺出版|ご購入はこちらから

お問合せは東本願寺出版まで

A5判  188頁 
木越 康 著 
978-4-8341-0564-3
3,500円(税別) 

2017年安居次講講録

木越 康 略歴

擬講。1963(昭和38)年、米国・カリフォルニア生まれ。1981(昭和56)年、大谷大学文学部真宗学科卒業。1990(平成2)年、大谷大学大学院文学研究科真宗学専攻博士後期課程満期退学。1992(平成4)年、私学研修福祉会国内研修修了(東京大学)。2013(平成25)年、大谷大学文学部教授。2014(平成26)年、大谷大学教育・学生支援担当副学長。2016(平成28)年、大谷大学学長。金沢教区第十一組光專寺衆徒。専門は真宗学。著書は『ボランティアは親鸞の教えに反するのか─他力理解の相克─』、『仏教とキリスト教の対話』Ⅰ~Ⅲ(共著)(以上、法藏館)、『揺れ動く死と生─宗教と合理性のはざまで』(共著・晃洋書房)、『キリシタンが見た真宗』(共著・東本願寺出版)、『正像末和讃を読む─悲泣にはじまる仏道─』(真宗大谷派大阪教区)など。

目次

開講の辞
第一章 『後世物語聞書』の諸問題
  底本について
  著者について
  成立年について
第二章 本文読解
  序文
  一 あさましき無智の者の念仏
  二 浄土門は劣れるか
  三 三心と念仏
  四 虚仮の念仏・真実の念仏
  五 「わるきこころね」の念仏
  六 「けがれたる念仏」
  七 三心の大意
  八 三心は「そらに」具足するか
  九 三心相続への不審
資料編

この商品を見た方はこちらの商品も見ています。