2019年安居次講 摂大乗論第十章彼果智分の考究 | 東本願寺出版
安居講録

2019年安居次講 摂大乗論第十章彼果智分の考究

2019年安居次講 摂大乗論第十章彼果智分の考究|東本願寺出版

東本願寺出版|試し読み!

ご購入はこちらから

東本願寺出版|ご購入はこちらから

お問合せは東本願寺出版まで

A5判  242頁 
宮下晴輝  著 
978-4-8341-0605-3
3,500円(税別) 

2019年安居次講講録

目次

開講の辞
第一章 摂大乗論序章から見た論の目的
第二章 摂大乗論の主要な課題とその背景
第三章 摂大乗論第十章彼果智分の講読考究

宮下晴輝  略歴

擬講。1949(昭和24)年、石川県生まれ。1973(昭和48)年、金沢大学法文学部卒業。1974(昭和49)年、大谷専修学院卒業。1981(昭和56)年、大谷大学大学院文学研究科仏教学専攻博士後期課程満期退学。2000(平成12)年、大谷大学教授。現在、大谷大学名誉教授。専門は仏教学。編著は『仏教とキリスト教の対話Ⅱ』(法藏館)

この商品を見た方はこちらの商品も見ています。