戦後50年の光と闇 真宗ブックレット5 | 東本願寺出版
真宗ブックレット

戦後50年の光と闇 真宗ブックレット5

東本願寺出版|試し読み!

ご購入はこちらから

東本願寺出版|ご購入はこちらから

お問合せは東本願寺出版まで

A5判  112頁 

978-4-8341-0234-5
400円(税別) 

終戦から長い月日が流れ、平和と繁栄に飾られた間に、
私たちが見失ってきたものとは何だったのか。
まさしく闇につつまれ、光を見失っている私たちのあり方を考える。

目次

「戦後五十年の光と闇」によせて    能邨英士
水平に出会うために          玉光順正
戦後五十年を考える          尾畑文正
<インタビュー>
光と影のはざまに生きて        金 時鐘
<座談会in沖縄>
沖縄から日本を問う          金城 実・小橋川清弘・知花昌一・玉光順正
<インタビュー>
見えなかった、語られなかった事実から 内海愛子
<随想>―50年後の8・15に思う―
「君は知っているか」         大河内了義
一寸先は光と言えるか         長坂公一
未来から、今             兪 渶子
靖国信仰の恐ろしさ          中村 信
「現在責任」を見つめる歩みへ     大東 仁
心に刻む歩み             四衢 亮

この商品を見た方はこちらの商品も見ています。