涅槃経の教え―「わたし」とは何か― 同朋選書40 | 東本願寺出版
同朋選書

涅槃経の教え―「わたし」とは何か― 同朋選書40

東本願寺出版|試し読み!

ご購入はこちらから

東本願寺出版|ご購入はこちらから

お問合せは東本願寺出版まで

B6判  184頁 
古田和弘  著 
978-4-8341-0395-3
1,000円(税別) 

親鸞聖人が大切にされた『涅槃経』で説かれている「王舎城の悲劇」を中心に、釈尊が救おうとはたらきかけている存在としての「わたし」とは何かを考えていく。

目次

第一章 『涅槃経』と真宗
『涅槃経』と親鸞聖人/王舎城の事件と『涅槃経』/『涅槃経』というお経/涅槃について/『涅槃経』の涅槃

第二章 釈尊の入滅
入滅の予告/鶴林―生と死―/純陀―最後の供養を捧げた人ー/二種の施職/肉身と法身/仏の本性

第三章 如来すなわち涅槃なり
諸行無常/如来は諸行か/法身と応身/「如来は常住にして、変易あることなし」/如来性・大般涅槃

第四章 衆生とは何か(一)―「わたし」はどのような者なのか
如来とは何か/衆生とは/衆生に仏性あり/貧女宝蔵の喩え/「わたし」の発見/大信心は仏性なり

第五章 衆生とは何か(二)―「わたし」はどのような者なのか
いずれの行もおよびがたき身/「仏性」という教えに先立つ教え/『法華経』「一乗」の教え/常不軽菩薩/自性清浄/「仏性」は仏に成る可能性のことなのか

第六章 衆生とは何か(三)―「わたし」はどのような者なのか
「わたし」が仏に成るということ/「わたし」は凡夫なのか/一闡提/「悉有」と「唯除」/なぜ一闡提は除かれるのか

第七章 仏法から除かれる者(一)
「仏性」のない者/「往生」から除かれる者(『大無量寿経』)/五逆を犯した者/「成仏」から除かれる者(『涅槃経』)/一闡提不成仏/一闡提とは誰のことか

第八章 仏法から除かれる者(二)
阿闍世の逆害/頻婆娑羅王/提婆達多/韋提希夫人

第九章 仏法から除かれる者(三)
阿闍世の病/自性清浄心/六人の大臣 六人の宗教家/名医耆婆

第十章 仏法から除かれた者の救い(一)
耆婆の真心/父の声/阿闍世のために涅槃に入らず/月愛三昧/無根の信

第十一章 仏法から除かれた者の救い(二)
ただ一闡提を除くということ/仏性への疑い/救われるはずのない者の救い/不決定

第十二章 私物化してはならない「わたし」
「わたし」とはどのような生き者なのか/「栴陀羅」について

あとがき

この商品を見た方はこちらの商品も見ています。