真宗文庫 地獄と極楽 | 東本願寺出版
真宗文庫

真宗文庫 地獄と極楽

東本願寺出版|試し読み!

ご購入はこちらから

東本願寺出版|ご購入はこちらから

お問合せは東本願寺出版まで

文庫判  176頁 
宮城 顗  著 
978-4-8341-0515-5
650円(税別) 

日常の言葉としても馴染みのある「地獄」と「極楽」をテーマにした法話を書籍化。私たちが生きていくために大切なことをおしえている「地獄」と「極楽」の世界を明らかにする。

目次

第一章 善と悪
 一、地獄という言葉の意味
 二、のがれえぬ現実
 三、世間の善悪
 四、我執をつのる
 五、たとい正義たりとも
 六、まいらせ心
 七、七仏通誡の偈
 八、無明
第二章 等活するもの
 一、生死一如
 二、生と殺
 三、生命の重さ
 四、逃れがたい罪
 五、地獄の名
 六、等活地獄
 七、最後の逃げ場
 八、常に新た
第三章 人間として
 一、一生は尽くとも
 二、黒縄地獄
 三、黒の意味するもの
 四、自業自得
 五、衆合地獄
 六、裁きの心
 七、思いのとらわれ
 八、事実を受けとめる
 九、阿鼻地獄
第四章 無明の深さ
 一、法然上人における「悪人」
 二、親鸞聖人における「悪人」
 三、意思の参加
 四、殺生罪
 五、罪の自覚
 六、信心の智慧
 七、法との出遇い
 八、私の地獄
第五章 三悪趣
 一、大きな願い
 二、無三悪趣の誓い
 三、餓鬼
 四、具足の世界
 五、幻の楽しみ
 六、天上界
 七、畜生
 八、慙愧なきもの
 九、思いに閉じこもる
第六章 地獄一定
 一、国土の発見
 二、独立者
 三、死ぬ日まで
 四、浄土にめざめる
 五、願生心
第七章 たしかな歩み
 一、苦と楽
 二、存在のあいまいさ
 三、心塞意閉
 四、心得開明
 五、得涅槃分
 六、煩悩に徹する
 七、生死即涅槃
 八、生死の重さ
 九、懺悔と讃嘆
 十、たしかな道
 参考 八大熱地獄
 あとがき

この商品を見た方はこちらの商品も見ています。