真宗文庫 歎異抄聴記

ご購入はこちらから

お問合せは東本願寺出版まで

文庫変形  556頁 
曽我量深  著 
978-4-8341-0267-3
1,500円(税別) 

昭和17(1942)年7月11日~8月10日に曽我量深師によって講ぜられた真宗大谷派安居本講の講録。
『歎異抄』についての古今独歩の講義といわれ、いまだに不滅の光芒を放つ『歎異抄聴記』。昭和22(1947)年の初版刊行以来、再版・改版を重ね70年以上にわたって連綿と読み継がれてきた名講義が、文庫本になって登場。

単なる『歎異抄』の解釈ではなく、『歎異抄』として顕現してきている弥陀の本願の世界に著者自身が直入し、〈真宗〉の世界そのものを探求する。語句及び内容の解説を付す。

目次

序講
  真宗再興の精神と『歎異抄』
第一講
  一 『歎異抄』の編者について
  二 歎異精神を基調として
第二講
  一 『歎異抄』の特徴と造意
  二 『歎異抄』の文章
  三 機法二種深信について
  四 真宗教相の根源としての本願欲生
第三講
  一 ふたたび本願欲生について
  二 信における願の問題
  三 三信と五念
第四講
  一 他力信と他力回向の信
  二 行信の問題
  三 伝統の本義
  四 本文第一条の科について
第五講
  一 『歎異抄』の構造
  二 善悪の問題
  三 大慈悲心と無常感
  四 『大無量寿経』と『涅槃経』
第六講
  一 本文第一条について
  二 宿業本能の問題
  三 第一条と御物語十か条との関係
第七講
  一 仏教の世界観について
  二 本願欲生心と二河譬
  三 本文第二条の文章
  四 念仏の大道
  五 自覚の道としての仏法
第八講
  一 安心訓と起行訓
  二 本文第二条について
  三 親鸞の名のり
  四 称名と憶念
  五 よき人の仰せ
  六 念仏即生活
第九講
  一 表現の単純性
  二 念仏の伝統
  三 行巻と信巻との関係
  四 法然・親鸞の相承
  五 御物語の文章
  六 地獄一定の自己否定
第十講
  一 就人立信について
  二 親鸞の仏教史観
  三 釈迦・善導・法然の伝統相承
  四 本文第三条について
第十一講
  一 宿業の自覚と機の深信
  二 法蔵菩薩と法蔵魂
  三 深信の意義
第十二講
  一 御物語十か条の科について
  二 『歎異抄』の背景としての『観無量寿経』
  三 ことばのいのち
  四 本文第四条について
第十三講
  一 本文第五条について
  二 本文第六条の大意
第十四講
  一 本文第六条について
  二 還相回向の世界
  三 本文第七条について
  四 歴史的事実としての神の示現
  五 日本人の単純感情
第十五講
  一 絶対自由の境地
  二 本文第八条について
  三 第九条にえがかれたる光景
第十六講の一
  一 信心の同一性
  二 個人的自覚の歴史的展開
  三 宿業の世界
第十六講の二
  一 真宗再興の精神としての信の一念
第十七講
  一 本文第十条について
  二 異義八か条の構造とその大要
第十八講
  一 本文第十一条について
  二 光明本願と名号本願
  三 第十二条における文章の語勢
第十九講
  一 真宗における学問の意味
  二 宗義と宗学
  三 学生の甲斐
第二十講
  一 罪悪怖畏の異義について
  二 宿業にもよおされて―善悪宿業の内観
  三 宿業を離れて本願の不思議なし
  四 外賢善精進之相
  五 業報にさしまかせて
  六 『唯信鈔』のことば
第二十一講 
  一 罪福信ずる心
  二 宿業の世界
  三 道徳心と宿業に随順する心
  四 歴史・国土
第二十二講
  一 念仏滅罪の異義について
  二 一念発起の信心
  三 摂取不捨の願
  四 異義概観
第二十三講
  一 即身成仏の異義について
  二 永遠の未来の世界
  三 弥陀の願船に乗じて
  四 物質主義と唯心主義
  五 自我の世界に国土なし
  六 自然回心の異義について
  七 ただ一度の回心―回心の真義
  八 往生は如来に
第二十四講
  一 信心はわれわれの問題
  二 内懐虚仮の内観
  三 親鸞聖人の世界観
  四 辺地堕獄の異義について
  五 施量別報の異義について
  六 方便報身の問題
  七 隠彰の実義
第二十五講
  一 観と見
  二 信心相論について
    (一) 如来回向の信心
    (二) 唯円の述懐
  三 聖人のご述懐
    (三) 親鸞一人がためなりけりの感銘
第二十六講
    (四) 歴史的親鸞
    (五) 二種深信
  四 善悪の二つ総じてもって存知せず
結講
語句解説
解説

この商品を見た方はこちらの商品も見ています。