伝道ブックス

親鸞聖人と現代を生きる(伝道ブックス75)

ご購入はこちらから

お問合せは東本願寺出版まで

新書判  64頁 
池田勇諦  著 
978-4-8341-0477-6
250円(税別) 

自分の都合が根底にある「善悪」を基準にして生きる限り、「本当に真面目」には生きられない。身近な話題から「人間にとって真面目とは何か」ということを考え、親鸞聖人の真の教えにであう一冊。

目次

なぜ御遠忌を勤めるのか
真面目とは何か
基準が定まらない私たちの善悪
なぜ善悪の基準が定まらないのか
現実主義者ほど恐ろしいものはない
人間にとってのもう一つの視点
人間が持っている因
本当に主体的な人間
本当に人間を真面目たらしめるもの
歩む信――三往生
誘惑との闘い
「私ひとりがやったところで何も変わらない」という誘惑
仏法に生きることは「闘い」の生活
仏法によって聞きひらかれる私の使命
出発点に立つ
あとがき

この商品を見た方はこちらの商品も見ています。