2018年11月21日(水)

今年も報恩講が始まりました

いよいよ、今年も真宗本廟で報恩講が始まりました。
「報恩講」とは宗祖親鸞聖人のご命日法要で、真宗本廟(東本願寺)では
毎年、11月21日から28日にかけ8日間にわたって厳修されます。

美しい写真とともに親鸞聖人のご生涯を偲ぶ『青木新門の親鸞探訪』、
難解な御伝鈔を意訳付きで解説する『親鸞聖人伝絵』、
四季の壮麗な仏花をいつでも見返せる『グラフ真宗本廟(東本願寺)の仏花』など、
東本願寺出版では報恩講参拝のお伴や記念品に最適なさまざまな書籍を取り揃えております。

また、報恩講期間中に境内で月刊『同朋』最新号の無償配布(数量限定)も行っております。
どうぞお誘いあわせの上ご参拝ください。