シリーズ

  • 試し読み

    葬儀表白Ⅱ

    葬儀における表白文の第二弾。1組10枚入り。
    『葬儀表白Ⅰ』とは文面が異なりますので、本ページ左の試し読み機能よりご確認ください。

    定価:500 円(税別) A4判 10枚入り

  • 試し読み

    葬儀表白Ⅰ

    葬儀における表白文。1組10枚入り。
    文面の異なる『葬儀表白Ⅱ』もございます。内容につきましては本ページ左の試し読み機能よりご確認ください。

    定価:500 円(税別) A4判 10枚入り

  • 身同―解放運動推進本部紀要―

    部落差別問題をとおして、宗門の体質を検討し、親鸞聖人の教えの精神をあきらかにする解放運動推進本部紀要。

    ※バックナンバー・在庫・価格につきましては、本ページ書影下の「ご購入はこちらから」リンクをクリックしてTOMOぶっくの一覧でご確認いただくか、東本願寺出版に直接お問い合わせください。

    定価: 円(税別) A5判 ※価格・頁数は号によって異なります。

  • ともしび(月刊聞法誌)

    東本願寺しんらん交流館で行われる日曜講演や親鸞聖人讃仰講演会での講話をまとめた月刊聞法紙。

    ※バックナンバー・在庫・価格につきましては、本ページ書影下の「ご購入はこちらから」リンクをクリックしてTOMOぶっくの一覧でご確認いただくか、東本願寺出版に直接お問い合わせください。

    定価: 円(税別) A5判

  • 親鸞聖人と聖徳太子(伝道ブックス82)

    親鸞聖人が「和国の教主」と讃え、深い尊崇の念をささげる聖徳太子。
    なぜ聖人はこれほどまでに聖徳太子を尊敬されたのか。
    聖徳太子が日本仏教の定着に果たした役割、そして六角堂の夢告のエピソードや和讃をもとに、親鸞聖人の聖徳太子観に迫る。

    定価:250 円(税別) 新書判 76頁

  • 試し読み

    しんしゅうアニメ絵本シリーズ② おしゃかさま

    仏教の祖であるお釈迦さまのご生涯を、やさしい言葉と親しみやすいイラストで描いた絵本。
    お釈迦さまはそのご生涯で何を問題にされ、どのような一生を歩まれたのか、子どもたちにもわかりやすく伝える。
    (対象年齢4歳~)

    定価:600 円(税別) 縦182mm×横182mm 32頁

  • 教化研究

    主に教化や教学についての研究論文を収載する教化研究誌。

    ※バックナンバー・在庫・価格につきましては、本ページ書影下の「ご購入はこちらから」リンクをクリックしてTOMOぶっくの一覧でご確認いただくか、東本願寺出版に直接お問い合わせください。

    定価: 円(税別) A5判 ※価格・頁数は号によって異なります。

  • 【完売】お彼岸(2019年春版)

    親鸞聖人の教えから、「私たちにとってのお彼岸をお迎えする意味」をあらためて考えていく小冊子。
    毎年2回(春版:2月、秋版:8月)発行。

    ※本冊子は好評につき、完売いたしました。
    次年以降、希望部数を発売日前に自動的にお届けする定期購読(真宗大谷派の寺院・教会のみ対象)を推奨しております。詳しくは下記までお問い合わせください。

    東本願寺出版
    TEL:075-371-9189  FAX:075-371-9211

    定価:60 円(税別) 新書変形判 16頁

  • 掲示板法語セット「先師のことば」編 (2)

    お寺の掲示板に掲示できるポスターの「先師のことば」編第二弾!

    定価:1,000 円(税別) A2サイズ(縦420mm×横594mm) 1セット12枚入り

  • 掲示板法語セット「先師のことば」編(1)

    お寺の掲示板に掲示できるポスターの「先師のことば」編第一弾!

    定価:1,000 円(税別) A2サイズ(縦420mm×横594mm) 1セット12枚入り

  • 掲示板法語セット『教行信証』編 (1)

    お寺の掲示板に掲示できるポスターの『教行信証』編!

    定価:1,000 円(税別) A2サイズ(縦420mm×横594mm) 1セット12枚入り

  • 掲示板法語セット『歎異抄』編(1)

    お寺の掲示板に掲示できるポスターの『歎異抄』編!

    定価:1,000 円(税別) A2サイズ(縦420mm×横594mm) 1セット12枚入り

  • 試し読み

    真宗文庫 わが心の歎異抄

    鎌倉時代に記され、今なお読まれ続ける『歎異抄』。なぜこれほどまでに読まれ続けているのか。『歎異抄』に人生の中でいちばん影響を受けたという歴史学者・今井雅晴氏が、これまでの歩みをとおして『歎異抄』の魅力を伝える一冊。後半には、『歎異抄』の成立や著者といわれる唯円の人物像などについての研究成果も掲載。

    ※本書は、2007年に発行した『わが心の歎異抄』に、語句の整理等を加え、真宗文庫としてあらたに発行したものです。

    定価:750 円(税別) 文庫判 256頁

  • 試し読み

    真宗僧伽論―正信偈をとおして―

    念仏の教えを聞く者に、どのような共同体、同朋僧伽(どうぼうさんが)が開かれるのだろうか。本書は、親鸞聖人がつくり、蓮如上人が真宗門徒のお勤めとして定着させた仏法讃嘆の歌、「正信偈」をとおして、浄土真宗の歴史をひもとき、真宗における僧伽とは何かを問う一冊。

    定価:1,200 円(税別) B6判 164頁

  • 試し読み

    浄土真宗の葬儀

    浄土真宗における“葬儀”とは一体なにか。
    枕勤めから納棺、通夜、葬儀、埋葬、中陰、そして年忌法要まで。形式化・習俗化の一途をたどる葬送儀礼の一つひとつの本来の意味を確かめ、真宗門徒が本願念仏の教えに出あう場であった「浄土真宗の葬儀」の回復を願う、葬儀執行者必読の一冊。

    ※本書は『真宗と習俗を考える学習会 浄土真宗の葬儀』(福井教区発行)に語句の整理等を加え、改めて発行したものです。
    ※儀式作法の手引書ではありません。

    定価:1,400 円(税別) A5判 160頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    報恩の生活(伝道ブックス81)

    浄土真宗の宗祖親鸞聖人のご命日を縁に勤まる法要、報恩講。真宗門徒にとってもっとも大切なこの御仏事には、どのような願いがあるのか、またそこから開かれる生活とはどのようなものか。
    著者の体験をとおして問いたずねる一冊。

    定価:250 円(税別) 新書判 72頁

  • 試し読み

    浄土真宗の儀式の源流 ―『法事讃』を読む―

    浄土真宗では、法事を亡き人を案じる「追善の仏事」とせず、亡き人から案じられていたことにうなずき、私たちが真実に生きるということを問題にする「報恩の仏事」としていただく。善導大師の『法事讃』を読み解きながら、儀式の源流をたずねる。

    定価:1,400 円(税別) A5判 164頁

  • 試し読み

    真宗大谷派手帳(2019年版)

    真宗門徒必携の手帳(2019年版)。鉛筆付き。
    <内容紹介>
    月間・週間予定表、真宗本廟・大谷祖廟における収骨・読経・帰敬式などのお取り扱いなどのご案内を網羅。週間予定表にはこころに響くことばを掲載。 鉛筆・住所録・全国主要都市地下鉄路線図付。

    定価:600 円(税別) 縦150mm×横130mm

  • 報恩講(2018年版)

    報恩講をお迎えするにあたって、一人ひとりが自らの生活を振り返り、
    親鸞聖人の教えの意義をたしかめる冊子。

    定価:60 円(税込) 新書変形判 16頁

  • 試し読み

    阿弥陀経(あみだきょう)に学ぶ

    1600年以上もの間、無数の人々に読まれ、人生の問いに応えてきた『阿弥陀経』。
    その丁寧な味読の書。

    定価:1,600 円(税別) 四六判 208頁

  • 法語カレンダー(2019年版)

    1年を法語によって綴ったカレンダー。
    フォトグラファー新海良夫氏の撮影による色とりどりの四季の花々の写真もご鑑賞いただけます。

    定価:150 円(税込) タテ434mm×ヨコ148mm

  • お盆(2018年版)

    親鸞聖人の教えから私たちにとってお盆をお迎えする意味をあらためて考えていく小冊子。

    定価:60 円(税別) 新書変形判 16頁

  • お彼岸(2018年秋版)

    親鸞聖人の教えから私たちにとってお彼岸をお迎えする意味をあらためて考えていく小冊子。

    定価:60 円(税別) 新書変形判 16頁

  • 法語カレンダー随想集 今日のことば (2019年版)

    『2019年版法語カレンダー』の法語(宗祖のお言葉)について、13人の著者が執筆する随想集。

    定価:90 円(税別) 新書判

  • 試し読み

    青木新門の親鸞探訪

    ベストセラー小説『納棺夫日記』の著者・青木新門が、浄土真宗の宗祖・親鸞の足跡を辿る探訪記。出家得度から、比叡山、法然との出会い、流刑地・越後、関東での生活、そして故郷・京都へ―。
    90年の生涯を求道者として歩んだ足跡をたどる。

    定価:1,600 円(税別) A5判 116頁

  • 試し読み

    グラフ 真宗本廟(東本願寺)の仏花

    真宗本廟(東本願寺)の御影堂や阿弥陀堂、大谷祖廟にお飾りされる仏花を紹介する写真集。

    定価:800 円(税別) B5判 40頁

  • 試し読み

    ハンセン病問題に学ぶ学習資料集

    近現代におけるハンセン病問題の歴史と大谷派との関わりを学ぶための学習用資料集。巻末には、「近現代ハンセン病問題略年表」、「各療養所の所在地および入所者数一覧」を掲載。

    定価:1,200 円(税別) B5判 192頁

  • ぼくれっしゃ

    「ぼくれっしゃ しゅっぱつ しんこう!」
    夢の中で「れっしゃ」になって走り出した「ぼく」。駅に着くと乗り込んでくる、いろいろなひとやものたち…。
    生きていく中で関わってきたさまざまなひと、ものを乗せて走っていく「ぼくれっしゃ」をとおして、
    自分がいろいろなものに支えられて生きていることを考える絵本。

    定価:1,200 円(税別) 縦190㎜×横250㎜ 32頁

  • 試し読み

    真宗文庫 浄土真宗の教え―真実の教・行・信・証―

    親鸞聖人が、生涯をかけて推敲を重ねた主著であり、浄土真宗の根本聖典である『教行信証』(『顕浄土真実教行証文類』)をやさしくひもとく。
    真理が事実としてはたらく“ほんとうの教え”をたずね、私たちの生き方を問い直す一冊。

    定価:750 円(税別) 文庫判 254頁

  • 永代経とは

    多くの寺院で勤まる永代経とは、真宗門徒にとってどのような法要なのか。
    永代経に込められた願いをたずね、考えるためのリーフレット。50部1セット。

    定価:800 円(税別) B5判 三折 1セット50部入

  • 法事のこころ③―亡き人をご縁として―

    法事の意義をたずねるリーフレットの第三弾。
    法事を迎え、あらためて亡き人と向き合うことをとおして、
    仏法にふれ、自分の人生をたずねるリーフレット。
    白骨の御文(一部)や「年忌法要について」も掲載。

    定価:800 円(税別) タテ150mm×ヨコ302mm 三折 1セット50部入り

  • 法事のこころ②―亡き人をご縁として―

    仏事リーフレット『法事のこころ』シリーズ第二弾。亡き人を縁として、法事という場で私たちは何に出遇わせていただくのか・・・。法事にはどのような意味があるのか、そのことを参列者と共に考えていくリーフレット。

    定価:800 円(税別) 縦150mm×横305mm 三折 1セット50部入

  • 法事のこころ

    仏事リーフレット『法事のこころ』シリーズ第一弾。亡き人を縁として、法事という場で私たちは何に出遇わせていただくのか・・・。法事にはどのような意味があるのか、そのことを参列者と共に考えていくリーフレット。

    定価:1,200 円(税別) 縦150mm×横305mm 三折 1セット100部入

  • 中陰のこころ

    亡き人を縁として、中陰という場で私たちは何に出遇わせていただくのか・・・。
    今を生きる私たちが中陰をつとめる意味を尋ねるリーフレット。

    定価:1,200 円(税別) 縦150mm×横305mm 三折 1セット100部入

  • 通夜・葬儀のこころ

    通夜・葬儀にどのような意味があるのか、そのことを参列者と共に考えていくリーフレット。

    定価:1,200 円(税別) B5判 四折 1セット100部入

  • お東さんの参拝手帳(リフィル)

    お東さんの参拝手帳の追加用紙。

    定価:500 円(税別) 23頁

  • お東さんの参拝手帳

    教えにふれ、伝える参拝手帳

    収載内容
    発行のねがい/スタンプ用紙/法語メモ用紙/東本願寺の基礎知識/東本願寺の歴史/東本願寺での法要・年中行事/東本願寺へのアクセス・各種連絡先/全国の別院・教務所の連絡先/参拝手帳を縁ある人へ

    ※スタンプ用紙・法語メモ用紙は別売の追加用紙もご用意しております。

    定価:1,500 円(税別) 縦160㎜×横123㎜ 40頁

  • お彼岸 2018年春版

    親鸞聖人の教えを生きる私たちにとって、お彼岸をお迎えする意味をあらためて考えていく小冊子。

    定価:60 円(税別) 新書判 16頁

  • 試し読み

    仏さまのよびかけ(伝道ブックス80)

    仏法を聞いても経済的に得をするわけでも、病気が治るわけでもないから、
    仏法を聞く必要があるのだろうかと思ってしまう…。
    そんな私たちに、仏法を聞くとはどういうことなのか、
    親鸞聖人のお言葉や、著者自身が出会った人びとの言葉をとおして、やさしく語りかける。

    定価:250 円(税別) 新書判 72頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    真宗文庫 現代と親鸞―現代都市の中で宗教的真理を生きる―

    親鸞の説く浄土真宗は現代人にどう関わり得るのか。
    幅広い視野のもと、他力の信念に回帰することの大切さを説く。

    定価:750 円(税別) 文庫判 340頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    真宗文庫 近代日本と親鸞―信の再生―

    明治維新以降に未曾有の危機にあった近代日本仏教界において、
    親鸞の信に自らの生命の糧を見出し、近代教学を模索した先覚者たちの群像を訪ねる。

    定価:750 円(税別) 文庫判 326頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    真宗文庫 親鸞から蓮如へ 真宗創造―『御文』の発遣―

    戦国乱世の中、蓮如が人びとに送り届け、
    無数の真宗門徒を生んだ『御文』の精神を読み解き、蓮如の思想的歩みに迫る。

    定価:750 円(税別) 文庫判 306頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    真宗文庫 親鸞の説法―『歎異抄』の世界―

    親鸞の語録『歎異抄』をとおして、真宗の精髄を読み解き、
    私たちが『歎異抄』の心にいかに救われるかを考える。

    定価:750 円(税別) 文庫判 328頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    真宗文庫 親鸞の伝記―『御伝鈔』の世界― 

    覚如執筆の親鸞の伝記『親鸞伝絵』。
    その現存する異本の考証と各地の伝承の分析を通じ、親鸞の実像に迫る。

    定価:750 円(税別) 文庫判 262頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    聞法の生活 同朋選書46

    宗祖親鸞聖人の言葉を憶念しながら、師友との出会い、何気ない日常生活での出来事をとおして、我が身を教えられてきた著者自身の求道の歩みに、聞法とは何かをたずねる。

    定価:1,000 円(税別) B6判 144頁

  • 試し読み

    真宗大谷派御文拝読稽古本 CD付き

    五帖御文・夏の御文・御俗姓を収載した御文拝読の稽古本。拝読の所作法をオールカラー・写真付きでわかりやすく解説しているほか、代表的な御文10通を収録したCD付き。

    定価:4,500 円(税別) B5判 336頁

  • あかほんくんトランプ

    東本願寺のキャラクター(鸞恩くん・蓮ちゃん・あかほんくん)をモチーフとしたトランプ。
    キャラクターを紹介するカードも封入。

    定価:700 円(税別) ブリッジサイズ・箱付 55枚

  • しんしゅうアニメ絵本シリーズ① しんらんさま

    浄土真宗の宗祖である親鸞聖人のご生涯を、やさしい言葉と親しみやすい絵で描いた絵本。
    しんらんさまはご生涯の中で何を大切にされたのかを子どもたちにもわかりやすく伝える。

    定価:600 円(税別) 縦182mm×横182mm 32頁

  • しんらんさまみ~つけたっ!

    しんらんさま(親鸞聖人)のご生涯の出来事を描いた8つの絵の中から、
    しんらんさまや法然さまをさがすことをとおして、親鸞聖人のご生涯を楽しく学べるさがしもの絵本。

    ※この絵本は楽しく遊んでいただけるよう、時代背景や登場するキャラクターなど多くのフィクションを加えています。
    その点ご留意いただきお楽しみください。

    定価:1,500 円(税別) 縦304㎜×横230㎜ 26頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    現在を生きる仏教入門

    「いま、なぜ仏教なのか?」という問いを念頭に、
    釈尊からはじまり、インド、中国を経て
    親鸞聖人の教えに至る仏教の真髄をわかりやすくひもといた、
    仏教を初めて学ぶ人のための入門書。

    定価:780 円(税別) 新書判 196頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    ただ念仏せよ―絶望を超える道― 同朋選書45

    生活の中で感じる孤独や劣等感。
    そこには自分と自分、自分と他人が二つに分かれてしまっているということが根本にある。
    『歎異抄』に記された親鸞聖人の「ただ念仏して、弥陀にたすけられまいらすべし」という言葉を手掛かりに、孤独や劣等感から解放され、自分が自分として生きるとはどういうことかを明らかにする。

    定価:1,000 円(税別) B6判 120頁

  • 試し読み

    浄土真宗 仏教・仏事のハテナ?

    毎日のお内仏のお給仕のときや、法事や突然の葬儀のとき、
    「いったいどうすればいいんだろう?」、「これにはどんな意味があるんだろう?」
    と、多くの人が感じる仏教・仏事に関する素朴な疑問〝ハテナ?〟を集め、
    イラストや写真を用いて答えた一冊。

    定価:600 円(税別) B6判 120頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    真宗文庫 親鸞の教化―和語聖教の世界―

    如来の教化にあずかった身として、人々にそれをどう伝えるか――。
    親鸞が課題とした「教化」について、『唯信鈔文意』や『一念多念文意』、
    『三帖和讃』、御消息など、和文で綴られた著作(和語聖教)を通して尋ねる。

    定価:750 円(税別) 文庫判 298頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    真宗文庫 親鸞の仏道―『教行信証』の世界―

    親鸞の主著『教行信証』。一般には、親鸞が浄土真宗興起のために
    思索を重ねて築きあげた教義の体系であると思われているが、
    その底に流れるものは、「誓願一仏乗」の仏道に至りついた親鸞の表白である。
    本書は、その親鸞の肉声への読者をいざなう。

    定価:750 円(税別) 文庫判 292頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    真宗文庫 釈尊から親鸞へ―七祖の伝統―

    親鸞が大切にした7人の高僧。
    釈尊から法然に至る真実の仏教の伝承を、
    インド、中国、日本の三国の七高僧の
    願生のこころのなかに読み取り、親鸞の真宗仏教への思いをたどる。

    定価:750 円(税別) 文庫判 318頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    真宗文庫 親鸞が出遇った釈尊―浄土思想の正意―

    「私がいて、私が生きる」のではない、もろもろの因縁のままに「生かされている私」がいるだけである。
    釈尊による≪縁起の道理≫の発見とその展開とを跡づけながら、親鸞の浄土思想の中核へと導く。

    定価:750 円(税別) 文庫判 274頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    真宗文庫 歴史のなかの親鸞―真実のおしえを問う―

    親鸞が明らかにした浄土真宗は、日本仏教史においてどうような意味をもつのか。
    平安末期から鎌倉時代の宗教状況を踏まえ、
    法然から親鸞へ受け継がれた「宗教改革」の実像を、
    実証的歴史学の視点からあきらかにする。

    定価:750 円(税別) 文庫判 336頁

  • 試し読み

    真宗大谷派 登高座作法稽古本 DVD付き

    『報恩講私記(式文)』『嘆徳文』は本山蔵版を底本とし、
    本文中に読み仮名や読法を示し、所作法は図と写真を用いて解説。
    また、本文に沿って所作法を解説したDVDが付属。
    登高座の稽古や所作法の確認に活用できる。

    定価:4,500 円(税別) B5判 112頁

  • 坂東本『顯淨土眞實敎行證文類』角点の研究

    2003年7月から2004年7月まで行われた宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌記念事業『教行信証』坂東本の修復作業において新たに発見された、角点(象牙・竹・木などの先を尖らせて作った角筆によって記載された文字や符号等)の全容を明らかにした調査報告。
    論考篇、影印篇、移点資料篇、角点索引篇を収載し、角点に関する最新の研究の成果にふれることができる内容となっている。

    定価:15,000 円(税別) A4判上製・箱入り 534頁

  • 顯淨土眞實敎行證文類(坂東本)翻刻

    宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌記念事業として行われた親鸞聖人真筆の『教行信証』坂東本の翻刻。
    坂東本と頁を合わせながら、精確に活字化。
    親鸞聖人の思索の跡が再現され、『教行信証』制作の真意にふれることができる。

    定価:18,000 円(税別) B5判3冊組・箱入り 翻刻篇 788頁、附録篇一 278頁、附録篇二 642頁

  • 真宗大谷派 御伝鈔(CD)

    『御伝鈔』拝読の練習用CD。上巻・下巻CD2枚組。本山の堂衆(滋賀俊正氏、泉康夫氏)による拝読。
    ※『御伝鈔』本文や所作法については『真宗大谷派 御伝鈔拝読稽古本』でご確認ください。

    定価:3,000 円(税別) 2枚組 約90分

  • 試し読み

    真宗大谷派 御伝鈔拝読稽古本

    本山蔵版の『御伝鈔』を底本とし、本文中に読み仮名や読法を示した稽古本。
    所作法の解説はオールカラーで図と写真を使い、解りやすさを重視。『御伝鈔』拝読の稽古や所作法の確認に活用できる。

    定価:2,000 円(税別) B5判 64頁

  • 聞法ノート

    お寺での法話や講演会用のノート。
    日付、場所、講題等を書き込む欄がすべてのページに設けてあり、さらに聞法の予定を書き込めるページも付属。
    厚めの表紙のため机が無くても書き込みしやすい。
    聞法のメモや記録、聞法日記帳としてもご活用いただける。

    定価:100 円(税別) B6判 64頁

  • 点訳本 歎異抄

    東本願寺出版発行のテキスト『歎異抄』を点訳。
    『歎異抄』本文とともに、学ぶにあたっての解説も収載。全ページに点字と墨字を
    併記しており、視覚障がいのない方も一緒に学べる。

    定価:5,000 円(税別) B5変形判 バインダー製本 78頁

  • 点訳本 正信偈

    「正信偈」の書き下しとともに、わかりやすい現代語訳も収載。
    全ページに点字と墨字を併記しており、視覚障がいのない方も一緒に学べる。

    定価:3,000 円(税別) B5変形判 バインダー製本 38頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    仏さまのお弟子になる―帰敬式を受けて始まる歩み―(伝道ブックス79)

    仏・法・僧の三宝に帰依し、法名をいただき、仏弟子として歩んでいくことを誓う真宗門徒にとって大切な儀式、「帰敬式」。
    そもそも三宝に帰依するとはどういうことなのか、また仏弟子としての歩みとはどのような歩みなのか…。
    それらの問いを三帰依文の文章を手掛かりにやさしくひもとく。

    定価:250 円(税別) 新書判 60頁

  • 試し読み

    ともしび(テキスト)

    高等学校向けの教科書。
    これまでの『ともしび(テキスト)』上巻、下巻を一冊に合本。
    多感な時期の青少年へ向けて、人生観、生き方、他者とのかかわりなどについて、仏教哲学思想から多角的にアプローチする。

    定価:600 円(税別) A5判 224頁

  • 試し読み

    お東さんのぬりえブック

    東本願寺の風景を「ぬりえ」で楽しむ、東本願寺が発行する「大人のぬりえ」が登場!
    東本願寺の境内と、名勝「渉成園」の景色全11カットを収載。
    ミシン目つきで、切り離して「ぬりえ」を楽しめます。

    定価:1,300 円(税別) A4変形判 30頁

  • 試し読み

    お斎レシピ みんなでおいしい精進料理

    仏事に際していただく「お斎(とき)」には、縁ある者が共にいのちをいただくという心が込められている。そのお斎の精神を大切に、京都で生まれ育った料理家・大原千鶴さんが、京都・東本願寺発の「お斎レシピ」として、日々の食事にも使える精進料理のレシピにアレンジ。

    <目次>

    ・お斎の場の回復を願って
    ・大原流 お斎のしつらえ
    ・主菜・副菜・ごはん・汁もの・デザート(全70品)
    ・お斎に込められた〝こころ″
    ・東本願寺のけんちん汁
    ・真宗におけるお斎の伝統と文化(清絢)
    コラム
    お手軽にとれる精進のだし
    調味料とのつきあい方
    "あしらい"に心をこめて華やかに

    定価:1,800 円(税別) B5判 96頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    ご法事を縁として―亡き人からの願いに生きん―(伝道ブックス78)

    人が亡くなると葬儀を執り行い、その後、節目ごとに勤める法事を勤めるが、その法事の場や時間にはどのようなことが願われているのか。著者の歩みや身近な話題から法事を勤めるということ、また亡き人からの呼びかけを尋ねる一冊。

    定価:250 円(税別) 新書判 62頁

  • 試し読み

    病に悩むあなたへ

    医師として生と死の現場を長年見つめ続けてきた田畑正久さんによる『病に悩むあなたへ』。
    病という現実に直面したとき、そのつらい事実とどう向き合い、生きてゆくべきか。
    医師であり仏教者である田畑さんが、これまでの歩みをとおして、病に悩む人、身近に病に
    悩む人がいる方へのメッセージをやさしくつづる。

    定価:300 円(税別) A6判 24頁

  • 試し読み

    子育て中のあなたへ

    自分の子どもだけ都合よく育てばそれでいいの?! 子育てにおいて大切にしたいおおらかな視点を、京都・高倉幼稚園の園長であり、真宗大谷派僧侶の佐賀枝先生がやさしい語り口で伝える。
    子育て中の方へのちょっとしたプレゼントにも最適。

    定価:300 円(税別) A6判 24頁

  • 試し読み

    成人したあなたへ

    長年教育の現場で子どもたちと日々向き合ってきた真城義麿さんによるあたたかいメッセージ。
    子どもから大人への大きな転換を迎えるにあたって、「人と成る」とはどういうことか、何が願われているのかを、仏さまの教えに寄り添いながらあらためて考える。

    定価:300 円(税別) A6判 24頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    真宗文庫 暮らしのなかの仏教語

    「有頂天」「微妙」「有り難う」「世界」など「48語」を手がかりに、仏さまからのメッセージと、今まで知らなかった言葉の世界を説き開く。

    定価:750 円(税別) 文庫判 254頁

  • ポストカード 真宗本廟(東本願寺)

    真宗本廟(東本願寺)の「御影堂」「阿弥陀堂」「御影堂門」などに、東本願寺の全景や境内の風景を加えた全10点のポストカード。1999年より発行されていた『ポストカード 東本願寺』を真宗本廟両堂等の御修復完了に伴い全面改訂。真宗本廟の概要を記した案内紙も同封。

    定価:600 円(税別) はがきサイズ 10枚入り

  • 試し読み

    HIGASHI HONGANJI(Shinshu Honbyo)―グラフ真宗本廟東本願寺(英訳)

    1895年(明治28年)に再建された両堂をはじめとする真宗本廟(東本願寺)の諸殿・歴史や親鸞聖人のご生涯等を、多彩な写真と簡明な解説で紹介したオールカラー図録。その英訳版。

    定価:800 円(税別) B5判 46頁

  • 試し読み

    グラフ 真宗本廟 東本願寺

    2000年初版の『グラフ 東本願寺』の全面改訂版。
    世界最大級の木造建築である御影堂や内陣が金色に輝く阿弥陀堂、御影堂門の煌びやかな写真をはじめ、通常非公開の諸殿など、多彩な写真と解説でわかりやすく紹介。

    定価:800 円(税別) B5判 36頁

  • 試し読み

    仏教ハンドブック 子どもたちと聞く仏さまの教え

    お釈迦さま(釈尊)の教えと、その教えを今にまで伝えてくれた僧侶たち、そして仏教の教えに関するさまざまなキーワードについて、子どもたちにお話できるような「例話」を掲載した書。仏教に関する95のキーワードについて、わかりやすく学べる仏教の参考書!

    定価:1,800 円(税別) B6判 360頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    浄土真宗入門―親鸞の教え

    鎌倉時代に親鸞聖人が明らかにされた浄土真宗の教えは、現代の私たちに何を伝えようとしているのか。 その教えを聞くことで、私たちの生活がどう変わっていくのか…。浄土とは、念仏とは、往生とは…。 基本を確かめたい人から、より深く学びたい人まで全ての人に向けて解き明かす。

    定価:780 円(税別) 新書判 224頁

  • 試し読み

    正信偈 同朋奉讃勤行集

    『真宗大谷派勤行集(赤本)』から、正信偈(草四句目下)・念仏・和讃・回向(同朋奉讃用)を抜粋し収載した勤行集。従来の『真宗大谷派勤行集(赤本)』で同朋奉讃をお勤めする際のようにページをめくって97ページへ移動する手間が不要。同朋奉讃でお勤めするさまざまな場面で活用できる。

    【内容】
    ・正信偈(草四句目下)
    ・念仏
    ・和讃(赤本と同じ和讃をすべて収載)
    ・回向
    ・同朋奉讃式第二
      真宗宗歌・三帰依・三誓偈・嘆仏偈・恩徳讃

    定価:300 円(税別) B6判 76頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    真宗文庫 僧侶31人のぽけっと法話集(おぼうさん31にんのぽけっとほうわしゅう)

    1951年から2015年まで放送されていたラジオ番組「東本願寺の時間」で放送された法話から、一日一話お念仏の教えに出遇ってほしいという願いのもと、31話を選出しました。
    31人の僧侶がそれぞれの生活の中でのできごとをとおして、仏さまの教えを語る短編法話集です。

    「生きるとはなんだろう」「供養することの意味は」「南無阿弥陀仏って
    どういうこと?」…など、日ごろあらためて考えることの少ない事柄について、一歩一歩足を止めてみる、そんなお話がつまっています。

    どのお話も難しい仏教用語はほとんど使わずに、やさしい語り口で書いてあるので、はじめて仏教にふれる方にもおすすめの一冊。

    1話が4~5頁と短く、また持ち運びのしやすい文庫サイズなので、移動時間やちょっとした待ち時間などに手軽に読むことができます。

    定価:750 円(税別) 文庫判 196頁

  • 試し読み

    宗教と教育―人間性の回復を求めて―

    真宗大谷派の関係学校では、浄土真宗の教えを建学の精神とし、それに基づいた教育を実践している。
    本書では、真宗大谷派の関係学校が加盟する真宗大谷派学校連合会がおこなった研修会の中から「宗教教育」をテーマとした講義録を収載し、宗教学校ならではの学び、教育現場の課題、知性や理性を絶対のものとして疑わない現代教育への警鐘といった事柄を取り上げ、人間のあり方を見つめ直す教育としての「宗教教育」の意義を明らかにする。

    教育関係者の方はもちろん、子育て中の方にも是非読んでいただきたい一冊。

    定価:1,300 円(税別) 四六判 170頁

  • 花まつり

    お釈迦さまの誕生を祝う行事「花まつり」は私たちに何を教えてくれているのかを考える小冊子。
    子どもたちに「花まつり」を身近に感じてもらえるように、お釈迦さま誕生の物語を描いたマンガや「天上天下唯我独尊って何?」などを掲載。子どもはもちろん大人も楽しめる、花まつりの施本に最適な一冊。

    定価:150 円(税別) B6判 12頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    なぜ?からはじまる歎異抄

    いまや〝人類の古典〟とも言える『歎異抄』。
    「善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや」というフレーズに代表される、我々の常識では納得できないような言葉が記された書が、なぜこんなにも世に広まったのか―。
    「この世で救われない人は一人もいない」と親鸞に言わしめた教えが書き表された『歎異抄』の願いを、「なぜ?」という素朴な視点に立ち、丁寧に書き表した一冊。

    定価:780 円(税別) 新書判 216頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    真宗文庫 すべてが君の足あとだから―人生の道案内―

    楽しいこと、幸せなこと、悲しいこと、苦しいこと…。生きている限り誰もが出会う、さまざまな出来事や感情。 その「すべて」が決して消すことのできない大事な大事な足あとだから―。そう、悲しみさえも…。

    幼い頃に両親と別れ、「悲しみ」と「不安」だらけで生きてきた著者の赤裸々な人生の告白と、そんな著者だからこそ伝えたい、悩めるすべての人に向けた、やさしいメッセージ集と生き方のヒント。

    定価:750 円(税別) 文庫判 240頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    歎異抄の世界をたずねて(伝道ブックス77)

    さまざまな課題が渦巻く現代において、日本一有名な宗教書ともいえる『歎異抄』をとおし、人間を問い直す。 今の世を生きる私たちの課題とは、人生とは、そして人間とは何なのか――。「さるべき業縁のもよおせば、いかなるふるまいもすべし」と言い切られた親鸞聖人の教えを記した『歎異抄』が示す視座に、たずねていく。

    定価:250 円(税別) 新書判 72頁

  • お内仏の荘厳と作法

    お内仏の荘厳の仕方、合掌作法、焼香作法など、真宗門徒なら知っておきたい基本を
    カラー写真や図を用いて紹介するパンフレット。

    定価:100 円(税別) A4判 12頁

  • 試し読み

    はじめてのお勤め練習帳 正信偈―DVD付き―

    真宗大谷派勤行集(赤本)の中から、正信偈・念仏・和讃・回向(同朋奉讃)、御文四通を収載。
    お勤めにあたってのポイント解説と現代語訳付き。さらに練習用のDVD付。

    定価:1,000 円(税別) B5判 56頁

  • 試し読み

    真宗大谷派声明集

    【内容】
    漢音阿弥陀経/正信偈真読、中読、草四句目下、行四句目
    下、真四句目下/文類偈草四句目下、行四句目下、真四句
    目下/二淘念仏和讃 六首回向一章/三淘念仏和讃 六首回向
    三章/五三淘念仏和讃 六首五遍反回向二章/五淘念仏和讃
    六首五遍反回向二章/八淘念仏和讃 六首五遍反回向二章/
    三帖和讃三淘次第章展轉章/伽陀八淘十二章/式間念仏/
    経後短念仏回向/舌々後短念仏回向/嘆仏偈/三誓偈/願
    生偈/勧衆偈/路念仏/同朋奉讃式第二 念仏和讃回向

    定価:4,500 円(税別) 縦165mm×横120mm 736頁

  • 試し読み

    親鸞『教行信証』(現代語訳)―鈴木大拙の英訳にもとづく現代日本語訳―

    仏教哲学者・鈴木大拙氏による『英訳 教行信証』を、現代の日本人にも読みやすい形に日本語訳。「仏教にあまりなじみのなかった人にも、親鸞聖人の思想が伝わるように」という願いが込められた一書。

    定価:2,500 円(税別) 縦235mm×横155mm 276頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    真宗文庫 地獄と極楽

    日常の言葉としても馴染みのある「地獄」と「極楽」をテーマにした法話を書籍化。私たちが生きていくために大切なことをおしえている「地獄」と「極楽」の世界を明らかにする。

    定価:650 円(税別) 文庫判 176頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    親鸞聖人のお念仏(伝道ブックス76)

    仏教を学ばれたさまざまな祖師方の「行」「称名」という考えをふまえ、ともすると、南無阿弥陀仏と発音する・しないということにのみ関心を寄せていく私たちに、親鸞聖人がいただかれたお念仏について示されている。

    定価:250 円(税別) 新書判 64頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    仏教のぶっ 仏教はじめの一歩

    仏教を学ぶってどういうこと? 私たちの生活とどう関係あるの?
    「浄土」「自業自得」「布施」などの仏教用語を、私たちの生活の出来事、悩みなどから考える。
    仏教をこれから学んでみようという方へ贈る、仏教入門の本。

    定価:1,200 円(税別) B6判 152頁

  • 真宗の教えと宗門の歩み【第5版】

    親鸞聖人のご生涯、大谷派教団の現在に至るまでの歴史、お内仏のお給仕の作法など、充実した内容。
    本改訂版では同朋会運動の歴史についても新しく収録され、門徒であれば知っておきたい内容が凝縮された1冊。

    定価:500 円(税別) B6判 264頁

  • 試し読み

    子どもおつとめ本 正信偈―意訳つき―

    正信偈・念仏・和讃(同朋奉讃)のおつとめ本として活用できるほか、正信偈原文の下段には、戸次氏によるわかりやすい意訳つき。また、念珠のもち方など、おつとめする際の基本的なこころえをイラスト入りで紹介している。
    さらに、お釈迦さま・七高僧・親鸞聖人について学べるページもあり、子どもはもちろん、大人の方でも、仏教、真宗の教えにふれる入門書として最適。

    定価:350 円(税別) B6判 56頁

  • 試し読み

    自力

    私たちの身近にある暦(友引・大安・仏滅など)やお守りという話題をきっかけに、
    私たちの考え方、在り方を見つめ、真宗における「自力」の受けとめを考えていく。

    定価:100 円(税別) A6判 20頁

  • 試し読み

    真宗

    宗派の名称として馴染みがある「真宗」という言葉。
    親鸞聖人が書かれた数ある書物を見ても宗派名としてこの言葉を使われてはいない。
    では、親鸞聖人はどのように受けとめられていたのか、漢字の成り立ちやお聖教の言葉からひも解いていく。

    定価:100 円(税別) A6判 20頁

  • 試し読み

    回向

    「回向」というと、自分の行いを相手に差し向けるものと考えられがちだが、親鸞聖人はそのように受けとめられていない。
    では、親鸞聖人の受けとめとは…。世間一般と真宗における「回向」の違いにふれ、親鸞聖人の受けとめを尋ねる。

    定価:100 円(税別) A6判 20頁

  • 試し読み

    ワンコインブック 報恩

    親鸞聖人の御命日の法要「報恩講」としてなじみ深い「報恩」。この言葉が具体的に何を指すのかについて、
    親鸞聖人や蓮如上人の言葉を手掛かりに問い直す。

    定価:100 円(税別) A6判 20頁

  • 試し読み

    ワンコインブック 凡夫

    「凡夫」とはどういう人を指しているのか。聖者ではなく凡夫が歩む仏道について親鸞聖人の言葉をもとに尋ねていく。

    定価:100 円(税別) A6判 20頁

  • 試し読み

    ワンコインブック 同朋

    お釈迦様だけが「仏」なのではなく、すべての者に目覚めが成り立つとはどういうことなのか。
    教えのもとに人と人が同じ高さで出会う「同朋」をテーマにやさしく語る。

    定価:100 円(税別) A6判 20頁

  • 試し読み

    ワンコインブック 他力

    よく、自分の力か他人の力かということで、「自力、他力」という言葉が
    使われているが、本来はどちらも仏教の教えを伝える言葉。
    では何を伝える言葉なのか。親鸞聖人の著作をヒントにひも解く。

    定価:100 円(税別) A6判 20頁

  • 試し読み

    ワンコインブック 往生

    日常会話でも使われる「往生」という言葉について、
    経典や親鸞聖人の生きた時代背景をもとに考えていく。

    定価:100 円(税別) A6判 20頁

  • 試し読み

    ワンコインブック 浄土

    「浄土に生まれる、浄土に還るとよく言われるけれど、浄土って何…?」。
    ご門徒さんとの会話を例にやさしく語る。

    定価:100 円(税別) A6判 20頁

  • 試し読み

    ワンコインブック 信心

    私たちが「信じる」ということと、真宗の教えでの「信心」とは何がちがうのか。
    「他力の信」とは何かを語る。

    定価:100 円(税別) A6判 20頁

  • 試し読み

    ワンコインブック 念仏

    「念仏」、「南無阿弥陀仏」という言葉はよく聞くけれど、「念仏」とはいったい何なのか。
    親鸞聖人のことばをてがかりにたずねていく。

    定価:100 円(税別) A6判 20頁

  • 試し読み

    ワンコインブック 本願

    「おいしいものを食べたい」「健康になりたい」「子どもには」…。こうなってほしい。
    私たちはたくさんの“願い”をもっている。
    しかし、それらは人間の“欲求”とも言えるのでないか。
    そんな人間の“願い”に対し、仏さまにも“願い”がある。
    仏さまの“願い”は人間の“願い”とどうちがうのか…。
    人間の歴史を貫く仏さまの願いについてやさしく語る。

    定価:100 円(税別) A6判 20頁

  • 試し読み

    お聖教に学ぶ2 勧衆偈

    好評の『嘆仏偈』に続いてシリーズ2巻目。念仏の教えを勧める善導大師の切なる偈、「願以此功徳」の回向の出典としてもなじみの深い「勧衆偈」のこころにたずねていく。

    定価:500 円(税別) A5判 66頁

  • 試し読み

    お聖教に学ぶ1 嘆仏偈

    1983年に発行された「聖典シリーズ」の一つで現在絶版となっていた『嘆仏偈講話』を体裁・内容・表現などを見直し『お聖教に学ぶ1 嘆仏偈』として再刊。新たに脚注を設け、文字を大きくし、より読みやすくなった。

    定価:500 円(税別) A5判 78頁

  • 試し読み

    わかってたまるか!ウチらの言い分

    「なんでウチばっかり怒られるの」
    「…こんなぼく、ダメだよね」
    「ワタシ、生まれ変わりたい。いまと違うなにかに…」
    「おとなって悩みないんかなぁー」

    中高生が投げかけるモヤモヤした「つぶやき」を、サガエさんが聞き手となって「悩んでる君も君なんだ」とやさしく受け止めるあたたかな一冊。

    定価:1,200 円(税別) 180mm×180mm 64頁

  • 試し読み

    親鸞の詩(うた)が聞こえる ―エッセンス・正信偈

    親鸞聖人によって作られた「正信偈」には、どのようなメッセージが込められているのか―。アジアの風に吹かれ、海を渡ってはこばれてきた「なむあみだぶつ」の歴史の詩(うた)・正信偈の心を、古今東西のアート、音楽、映画、絵本などのなかにたずねていく。「正信偈」の原文・意訳付で、親しみやすい一冊。

    定価:1,300 円(税別) B6判 220頁

  • 真宗門徒必携(カセットテープセット)

    ブック型専用ケースに『真宗大谷派勤行集(和綴・大判)』・『真宗の仏事』・『正信偈―真宗大谷派勤行集カセット』をセット。法事・法要・入仏・お墓をたてられた方などの記念品として最適。

    定価:2,500 円(税別)

  • 真宗門徒必携(CDセット)

    ブック型専用ケースに『真宗大谷派勤行集(和綴・大判)』・『真宗の仏事』・『正信偈―真宗大谷派勤行集CD』をセット。法事・法要・入仏・お墓をたてられた方などの記念品として最適。

    定価:2,800 円(税別)

  • 試し読み

    親鸞聖人と現代を生きる(伝道ブックス75)

    自分の都合が根底にある「善悪」を基準にして生きる限り、「本当に真面目」には生きられない。身近な話題から「人間にとって真面目とは何か」ということを考え、親鸞聖人の真の教えにであう一冊。

    定価:250 円(税別) 新書判 64頁

  • 試し読み

    人生を丁寧に生きる―念仏者のしるし― 同朋選書44

    自分を大切にしようとしながら、一方で自分を捨てている。そんな私たちが、人生を丁寧に生きるにはどうしたらよいのか。
    生死を出るという課題を明らかにし、お念仏に生きられた先輩方の姿勢に学ぶ。
    人間関係に悩み、生きづらさを抱える人へ贈る一冊。

    定価:1,000 円(税別) B6判 160頁

  • 真宗の仏事 ―お内仏のある生活―|東本願寺出版

    試し読み

    真宗の仏事 ―お内仏のある生活―

    真宗大谷派の仏事を学ぶ基本書。お内仏の荘厳の仕方からおつとめの作法、報恩講をはじめとする定会法要(年中行事)まで、今さら聞けない仏事の基本を写真入りで解説するとともに、お内仏にお給仕をすることの意義、私たちに願われていることを共に考えていく、真宗門徒必携の一冊。

    定価:500 円(税別) B6判 152頁

  • 試し読み

    はじめて読む親鸞聖人のご生涯

    誕生から入滅までの親鸞聖人のご生涯を、はじめて親鸞聖人について学ぶ方に向けてわかりやすく解説した入門書。絵画写真や系図、地図を豊富に収載し、従来よりもさらに大きな文字で読みやすく、コンパクトで持ち運びに便利になった一冊。親鸞聖人についてより深く読み解くコラム付き。

    定価:250 円(税別) B6判 68頁

  • 試し読み

    にんぽういただきますのじゅつ

    はらぺこ魔人があらわれて、ぼくのおなかをぐーっとならす。すると、そこへ忍者があらわれて・・・?!

    かわいい、元気いっぱいの忍者たちが、ぼくをハラペコから助けてくれる。毎日楽しくごはんを食べてほしい、元気に「いただきます」と言ってほしい。そんな願いがこめられた笑顔溢れるひとときが生まれる絵本。(対象年齢3歳~)

    定価:800 円(税別) 154mm×154mm 24頁

  • 試し読み

    歎異抄に聴く―本願の生活者―

    1990年から1994年まで月刊『同朋』誌で連載された「歎異抄講座」から、『歎異抄』前序・中序・後序・流罪記録、そして師訓篇と呼ばれる第1章から第10章までを解説。著者自らの生活から生まれる「現代」という時代の視点で、『歎異抄』が問いかける様々な問題を論じる。原文の口語訳・語註付。

    定価:1,800 円(税別) 四六判 424頁

  • 試し読み

    詩集 命が命を生かす瞬間(とき)

    月刊『同朋』誌「おむつの詩」で好評だった詩に、新作と写真入りポストカード12枚を付けた詩集。

    「母が認知症にならなかったら、こんなにも命や人生について考えなかっただろう」
    認知症の母親に24年間寄り添いながら紡ぎ出された詩・言葉は、人間の生きる意味と、
    命の尊さを気づかせてくれる。
    「生きるとは何か?」「老いとは?」「死とは?」「命とは?」…
    詩や写真はどれも心に響いてくるものばかり。
    ポストカードは切り取って、飾ったり、大切な人へ送ることもできます。

    定価:1,200 円(税別) 縦15㎝×横20㎝   72頁

  • 試し読み

    同朋会運動の願い―共にと言える生き方を求めて―(伝道ブックス74)

    同朋会運動が始まった背景とその願いを学ぶ入門書。封建的な宗門のあり方に危機感を唱えた「宗門白書」、宗門がより処とすべきとされた清沢満之の思想から、一人ひとりの信心が繰り返し問いなおされてきた歩みが同朋会運動であることを学ぶ。

    定価:250 円(税別) 新書判 66頁

  • 試し読み

    大きい字の法話集2 今、いのちがあなたを生きている

    御遠忌テーマ「今、いのちがあなたを生きている」を主題に、当派のラジオ放送『東本願寺の時間』において
    放送された12の法話を加筆・修正した書籍。月に一度の同朋会などで、一年をとおしてテーマについての学びを深めていただくことを目的に12話を掲載。

    宗祖親鸞聖人の教えについて学びを深めるための、簡明な文章で文字が大きく読みやすい法話集の第二弾。

    定価:350 円(税別) B6判 120頁

  • 試し読み

    大きい字の法話集 今、いのちがあなたを生きている

    御遠忌テーマ「今、いのちがあなたを生きている」を主題に、当派のラジオ放送『東本願寺の時間』において放送された12の法話を加筆・修正した書籍。月に一度の同朋会などで、一年をとおしてテーマについての学びを深めていただくことを目的に12話を掲載。

    宗祖親鸞聖人の教えについて学びを深めるための、簡明な文章で文字が大きく読みやすい法話集。

    定価:350 円(税別) B6判 132頁

  • 試し読み

    教如上人―その生涯と事績―(伝道ブックス73)

    本願寺第12世教如上人は、戦国時期に織田信長・豊臣秀吉・徳川家康などの武将と渡り合い、東本願寺を創立した人として知られているが、上人はどこまでも「聖人一流」の教えを相続する信念を貫き、そしてその背景には信念を同じくする寺院・門徒の存在がある。教如上人の生涯から東本願寺のルーツをたずねる。

    定価:250 円(税別) 新書判 64頁

  • 試し読み

    解読教行信証(上巻)

    宗祖親鸞聖人の主著『教行信証』の内、総序・教巻・行巻・信巻・証巻の現代語訳。『真宗聖典』所収の『教行信証』に基づいた書き下し文を上段、その現代語訳を下段に配置し、書き下し文中の難解な用語を簡単に説明した脚註、さらに詳しい説明を要する用語は巻末に語註を掲載。また巻末には訳註、索引も。

    ※下巻は今後刊行予定です。

    定価:3,800 円(税別) A5判 476頁

  • 試し読み

    『選択本願念仏集』禿庵文庫本影印・翻刻

    宗祖親鸞聖人七五〇回御遠忌記念事業として大谷大学聖教編纂室において行われた、法然上人の『選択本願念仏集』(禿庵文庫本)の翻刻。本書では影印と翻刻、解説を収載。学習に配慮された配慮がなされている。

    定価:5,000 円(税別) B5判 252頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    真宗文庫 浄土真宗―往生と不退―

    あなたは、浄土真宗と他の宗教との違いがわかりますか。宗教があいまいになった現代だからこそふれてほしい、親鸞が見出した世界。
    真宗大谷派の元教学研究所所長が最晩年に遺した「浄土真宗とは何か」を問う5回の講義録。昭和63年に初版が発行された単行本を真宗文庫で再発刊

    定価:750 円(税別) 文庫判 240頁

  • 本願に生きた念仏者シリーズ(15) 「顕浄土」の教学 廣瀬杲

    2010年11月28日、高倉会館で行われた「親鸞聖人讃仰講演会」の廣瀬杲氏の講演「「顕浄土」の教学」を収録。
    亡くなる約1年前の講演で、公の場で話された最後のお話を収載した一枚。
    廣瀬氏は最晩年に私たちに何を語りかけているのか、必ず聞きたい法話CD。

    ※当時の録音機器の状況等により、一部お聞き苦しい点があります。

    定価:1,800 円(税別) CD 約53分

  • 試し読み

    真宗における本尊(伝道ブックス72)

    真宗における本尊とは何か。「阿弥陀如来」の成り立ちを、インド(サンスクリット原典)~中国(漢訳)~日本という仏教伝来の歴史に触れながら、わかりやすくひも解いていく。(1)阿弥陀仏とは?(2)本尊とは? の二章立て。2011年の真宗本廟御本尊動座式の記念法話「御本尊をお迎えして」をもとに加筆がなされた。

    定価:250 円(税別) 新書判 72頁

  • 本願に生きた念仏者シリーズ(14) まことの世界 坂東性純

    東京都台東区出身の浄土真宗大谷派の僧侶、坂東性純氏の講演(「高倉会館日曜講演」1992年2月16日)を収録。
    良い悪い、好き嫌いなどの思いにしばられている私たちと親鸞聖人が語る「まことの世界」との関係とはどのようなものか…。
    坂東氏が滔々と語りかける法話CD。

    ※当時の録音機器の状況等により、一部お聞き苦しい点があります。

    定価:1,800 円(税別) CD 約67分

  • 本願に生きた念仏者シリーズ(13) 宗祖としての親鸞聖人に遇う 竹中智秀

    2003年11月29日に視聴覚ホールで行われた「2003年度中央同朋会議基調講演」を収録。苦悩渦巻く現代社会を生きる私たちにとって宗祖親鸞聖人に遇うとはどのようなことか、真の帰依処とは何かを問いかける法話CD。

    ※当時の録音機器の状況等により、一部お聞き苦しい点があります。

    定価:1,800 円(税別) CD 約50分

  • 本願に生きた念仏者シリーズ(12) 汝、起ちて更に衣服を整うべし 宮城顗

    2005年5月20日に阿弥陀堂で行われた
    「宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌真宗本廟お待ち受け大会記念講演」を収録。
    宮城氏は、法話CDの中で『大経』に説かれる言葉をたよりに、
    答えをもって物事を考える私たちに、自身の問いに起てと呼びかける。

    ※当時の録音機器の状況等により、一部お聞き苦しい点があります。

    定価:1,800 円(税別) CD 約55分

  • 本願に生きた念仏者シリーズ(11) 深信の心なり 藤元正樹

    藤元正樹氏の高倉会館日曜講演(1985(昭和60)年5月12日)を収録。
    『観経』に説かれる「深心」を「深信の心」として受け止められた善導大師。
    その深く信じる心をどのように受け止めたらいいのか。
    藤元氏の言葉をとおして私たち人間と「深信の心」との関係を尋ねていく法話CD。

    ※当時の録音機器の状況等により、一部お聞き苦しい点があります。

    定価:1,800 円(税別) CD 約66分

  • 本願に生きた念仏者シリーズ(10) 濁世の機 平野修

    平野修氏の高倉会館日曜講演(1992(平成4)年12月13日)を収録。
    「機」という問題をどのように受け止めたらいいのか、私たち人間が必ず出会わなければならないこととは・・・。
    平野氏の言葉をとおして仏の教えに遇うということを尋ねていく法話CD。

    ※当時の録音機器の状況等により、一部お聞き苦しい点があります。

    定価:1,800 円(税別) CD 約77分

  • 本願に生きた念仏者シリーズ(9) 南無阿弥陀仏に成る 藤代聰麿

    曽我量深氏の随行をされた藤代聰麿氏の高倉会館日曜講演(1983(昭和58)年10月30日)を収録。
    南無阿弥陀仏を問題にしない現代のありかたを問う力強い法話CD。

    ※当時の録音機器の状況等により、一部お聞き苦しい点があります。

    定価:1,800 円(税別) CD 約74分

  • 本願に生きた念仏者シリーズ(8) 常没の凡愚 和田稠

    和田稠氏の最後の高倉会館日曜講演「常没の凡愚」(2005(平成17)年5月29日)を収録。
    宗教心とは何か、人間とは何か・・・。
    生きるということの根本問題を尋ねる法話CD。

    ※当時の録音機器の状況等により、一部お聞き苦しい点があります。

    定価:1,800 円(税別) CD 約63分

  • 本願に生きた念仏者シリーズ(7) 悪人成仏 信國淳

    大谷専修学院において行われた信國淳氏の「歎異抄講義」(1971(昭和46)年3月1日)を収録。
    『歎異抄』第3章に説かれる「悪人成仏」を力強く且つきめ細やかに解説。迫力のある法話。

    ※古い音源を使用しているため、当時の録音機器の状況等により、一部お聞き苦しい点があります。

    定価:1,800 円(税別) CD 約76分

  • 本願に生きた念仏者シリーズ(6) 海の如し 仲野良俊

    高倉会館日曜講演(1970年2月15日)において行われた仲野良俊氏の講演「海の如し」を収録。
    「娑婆の全体が本願の譬えになるんです。これは何をあらわしているかというと、
    人生が本願によって成り立っている。つまり本願がなければ人生はないということですよ」。

    ※古い音源を使用しているため、当時の録音機器の状況等により、一部お聞き苦しい点があります。

    定価:1,800 円(税別) CD 約48分

  • 本願に生きた念仏者シリーズ(5) 非僧非俗 蓬茨祖運

    親鸞聖人讃仰講演(1969年11月26日:高倉会館)において行われた蓬茨祖運氏の講演「非僧非俗」を収録。
    「人間の道というのはどんなに立派な道であっても最後には死に突き当たる・・・。
     しかし本当に死に突き当たる人は幸福なのです」
    氏の言葉一つひとつが胸に響く講演録。

    ※古い音源を使用しているため、当時の録音機器の状況等により、一部お聞き苦しい点があります。

    定価:1,800 円(税別) CD 約51分

  • 本願に生きた念仏者シリーズ(4) 一人の尊さ 松原祐善

    高倉会館での親鸞聖人讃仰講演会(1972年11月26日)において行われた
    松原祐善氏の講演「一人の尊さ」を収録。
    一人ひとりの身にかけられた仏の誓願が念仏の道となって、
    私たちは日々を歩ませていただいている・・・。
    氏の熱気と臨場感溢れる講演録。

    ※古い音源を使用しているため、当時の録音機器の状況等により、一部お聞き苦しい点があります。

    定価:1,800 円(税別) CD 約58分

  • 本願に生きた念仏者シリーズ(3) 浄土の教学 安田理深

    「同朋会運動の願いに聞く集い」(1980年2月22日)において行われた安田理深氏の講演「浄土の教学」を収録。生涯、聞法の生活一筋で歩まれた安田氏の熱のこもった講義。安田氏は真宗本廟での講演や講義をほとんど行っておらず、本録音は非常に貴重な記録である。

    ※古い音源を使用しているため、当時の録音機器の状況等により、一部お聞き苦しい点があります。

    定価:1,800 円(税別) CD 約64分

  • 本願に生きた念仏者シリーズ(2) 念仏成仏これ真宗 金子大榮

    宗門の近代教学の礎を築いた諸師の法話の音源のCD化第二弾!
    今回は金子大榮氏の「親鸞聖人七百回大遠忌讃仰講演会」(1961年4月27日)を収録。七百回御遠忌に出遇った金子氏の感動が溢れた法話CD。

    ※古い音源を使用しているため、当時の録音機器の状況等により、一部お聞き苦しい点があります。

    定価:1,800 円(税別) CD 約55分

  • 本願に生きた念仏者シリーズ(1) すでにこの道あり 曽我量深

    曽我量深氏の「教如上人三百五十回忌法要記念講演」(1964年4月4日)を収録。曽我氏、満88歳の獅子吼。
    書籍化された文字だけではわからない曽我氏の生きた言葉を通して、現代を生きる私たちが親鸞聖人の教えにふれる機縁となる法話CD。

    ※古い音源を使用しているため、当時の録音機器の状況等により、一部お聞き苦しい点があります。

    定価:1,800 円(税別) CD 約74分

  • 試し読み

    念仏の救い

    「あなたはいま、ほんとうの念仏と言われましたが、ほんとうの念仏って、どんな念仏なのですか」。著者の問いかけから、念仏のはたらきと阿弥陀如来の本願に遇うことの意味を改めて見つめなおす。また、日本語・英語・ポルトガル語の三ヵ国語を収載し、親鸞聖人の教えを世界へ向けて発信する一冊。

    定価:1,000 円(税別) 新書判 182頁(日本語58頁)

  • 試し読み

    別院探訪

    2000年7月号から2004年12月号まで真宗大谷派機関誌『真宗』で連載された表紙企画を再編集し、単行本化。全国に存在する別院の「これまで」を文字として、「いま」を写真として伝える一冊。地域の教化の中心道場たる別院の設立と変遷の歴史、地域の御同朋の信仰の歩みを記録するとともに、別院参拝時に活用できるようアクセスマップや年中行事等も掲載。

    全国の真宗大谷派の別院について、その歴史や沿革を一つの書籍としてまとめたものはこれまで『本願寺誌要』(明治44年4月発行 大谷派本願寺誌要編輯局)しかなく、別院に関する貴重な歴史的資料ともなる書籍。

    定価:2,800 円(税別) A5判 244頁

  • 試し読み

    聞思の人8 蓬茨祖運集(下)

    憲法9条の改正が論議されている今、真宗人としての態度を示す「政治で神をつくるな」や現代の人間観を問いただす「人間と宗教」などを収載。

    シリーズ紹介
    宗門の近代教学の礎を築いた曽我量深・金子大榮・安田理深・蓬茨祖運の各氏。その教えを丁寧に読み返し、私たちが今一度「聞思する姿勢」を問い直すことを願い新装発刊。同朋会運動展開の原動力を見出す必携書。

    定価:1,500 円(税別) 四六判 250頁

  • 試し読み

    聞思の人7 蓬茨祖運集(上)

    仏道を生活の中に実験しつづけ、親鸞聖人の教えを現代に蘇らせた人、蓬茨祖運。その教えを丁寧に読み返し、私たちが今一度「聞思する姿勢」を問い直す。

    シリーズ紹介
    宗門の近代教学の礎を築いた曽我量深・金子大榮・安田理深・蓬茨祖運の各氏。その教えを丁寧に読み返し、私たちが今一度「聞思する姿勢」を問い直すことを願い新装発刊。同朋会運動展開の原動力を見出す必携書。

    定価:1,500 円(税別) 四六判 256頁

  • 試し読み

    聞思の人6 安田理深集(下)

    様々な講題で語られる中で「浄土」や「回向」を明らかにし、「仏教に一番大事なのは言葉に感動することなのではないかね」と、私たちに仏教を学ぶ姿勢について熱く問いかける。

    シリーズ紹介
    宗門の近代教学の礎を築いた曽我量深・金子大榮・安田理深・蓬茨祖運の各氏。その教えを丁寧に読み返し、私たちが今一度「聞思する姿勢」を問い直すことを願い新装発刊。同朋会運動展開の原動力を見出す必携書。

    定価:1,500 円(税別) 四六判 240頁

  • 試し読み

    聞思の人5 安田理深集(上)

    唯識をはじめとした仏教の深い学びから語られる講義、キリスト教の神学者との鼎談などを収載。「仏の世界を万人に公開する法が念仏である」など、安田氏の有名なことばにであえる。

    シリーズ紹介
    宗門の近代教学の礎を築いた曽我量深・金子大榮・安田理深・蓬茨祖運の各氏。その教えを丁寧に読み返し、私たちが今一度「聞思する姿勢」を問い直すことを願い新装発刊。同朋会運動展開の原動力を見出す必携書。

    定価:1,500 円(税別) 四六判 196頁

  • 試し読み

    聞思の人4 金子大榮集(下)

    仏教音楽や声明、「空」観と念仏の関係など、真宗教学の深い学びから様々なテーマで話された講義や論文を収載。下巻にはあらたに金子大榮氏の略年表が追加。

    シリーズ紹介
    宗門の近代教学の礎を築いた曽我量深・金子大榮・安田理深・蓬茨祖運の各氏。その教えを丁寧に読み返し、私たちが今一度「聞思する姿勢」を問い直すことを願い新装発刊。同朋会運動展開の原動力を見出す必携書。

    定価:1,500 円(税別) 四六判 270頁

  • 試し読み

    聞思の人3 金子大榮集(上)

    真宗の人間観から、僧侶が教化を行うにあたっての原理・方法に至るまで明快に語る。「人間というものは、人間の力ではどうにもできないものとして成り立っている。」など、金子大榮師の言葉に出あえる。

    シリーズ紹介
    宗門の近代教学の礎を築いた曽我量深・金子大榮・安田理深・蓬茨祖運の各氏。その教えを丁寧に読み返し、私たちが今一度「聞思する姿勢」を問い直すことを願い新装発刊。同朋会運動展開の原動力を見出す必携書。

    定価:1,500 円(税別) 四六判 284頁

  • 試し読み

    聞思の人2 曽我量深集(下)

    「浄土は身にあたえられるものでなくて心にあたえられるものであります。」と真宗の生活を力強く語る。講義録の他に未発表論文「愚禿が心は」や、金子大榮氏に宛てた書簡を所収。

    シリーズ紹介
    宗門の近代教学の礎を築いた曽我量深・金子大榮・安田理深・蓬茨祖運の各氏。その教えを丁寧に読み返し、私たちが今一度「聞思する姿勢」を問い直すことを願い新装発刊。同朋会運動展開の原動力を見出す必携書。

    定価:1,800 円(税別) 四六判 304頁

  • 試し読み

    聞思の人1 曽我量深集(上)

    如来、本願、浄土、念仏、信心を明らかにし、真宗の要(かなめ)を説く。

    シリーズ紹介
    宗門の近代教学の礎を築いた曽我量深・金子大榮・安田理深・蓬茨祖運の各氏。その教えを丁寧に読み返し、私たちが今一度「聞思する姿勢」を問い直すことを願い新装発刊。同朋会運動展開の原動力を見出す必携書。

    定価:1,500 円(税別) 四六判 280頁

  • 試し読み

    グラフ 宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌

    2011年4月・5月に厳修された宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌の法要及び催事を写真で振り返る。50年に一度の勝縁である御遠忌に遇いえた感動を、いま再び! 2011年3月の東北地方太平洋沖地震災害「被災者支援のつどい」、11月の宗祖親鸞聖人七百五十回御正当報恩講、井上雄彦氏作屏風「親鸞」、2012年3月の東日本大震災被災者支援のつどい「いのちの響舞台」も収載。

    定価:1,200 円(税別) A4判 54頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    真宗教育シリーズ6 「私」をあきらかにする仏教

    近代理性主義における人間の問題を指摘しつつ、釈尊から親鸞へとつながる教えの根本にある思想をとおして、「生かされている私」であるという自覚に立った真宗教育のあり方を語る。

    定価:350 円(税別) 文庫判 74頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    真宗教育シリーズ5 苦悩を超えて歩む

    苦しみや悲しみを超えて念仏の教えに生きた人たちの言葉に感動し、自分自身の生き方をあらためて見つめた生徒たちの心の動きを紹介しながら、親鸞聖人に学んでいく。

    定価:350 円(税別) 文庫判 80頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    真宗教育シリーズ4 大きな願いに生きよう

    本当のいのちの意味というものを互いに確かめあっていけるような社会とは。人間の持つ価値観を超えて、共に仏さまの大地に根を下ろして生きていこうと願う人間教育のあり方を、親鸞聖人や先人の教えから語る。

    定価:350 円(税別) 文庫判 84頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    真宗教育シリーズ3 非常識のススメ

    現代は「非常識」や「異なり」は認められない。今の教育には失敗できるチャンスが与えられない。社会の価値観から、はみ出せない。では本当の自由とは、学びとは何だろうか。現代社会における「真宗教育」のあり方を語る。

    定価:350 円(税別) 文庫判 88頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    真宗教育シリーズ2 ほんとうに生きるということ

    「共に助け合って生きる」世界に生きていこうと歩み出すことによって、私たち一人ひとりの身に「ほんとうの人間」になっていく人生が始まる。「人間で在ることの課題」に応えられた親鸞聖人の教えと共に、「浄土真宗」に基づく「真宗教育」とは何かを語る。

    定価:350 円(税別) 文庫判 84頁

  • 試し読み

    本願―念仏成仏の教え(伝道ブックス71)

    著者の小川一乘氏は、「仏教は私たちが仏に成ること、つまり、成仏を目的としている教えである。成仏とは、自我によって引き起こされる煩悩の苦海から解放されて生きる者となるということです」と語られる。私たちに、“あなたは、仏道を歩む者となっているのか”と、あらためて問いかける一冊。

    定価:250 円(税別) 新書判 68頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    真宗教育シリーズ1 安心してがんばれる世界を

    「そのままで尊い」という世界にふれることができれば、人は安心して自らの場において力を尽くすことができる。成果主義の世の中にあって、親鸞聖人の教えに基づく教育とは何かを語る。

    定価:350 円(税別) 文庫判 80頁

  • 試し読み

    響 いのちのひびき ことばのひびき~真宗と人間解放~

    親鸞、差別、人間解放――。
    在日コリアン、沖縄、アイヌ民族、部落差別…被差別の現実から立ち上がり人間解放の道を歩み続ける人たちに聞く。 
    高史明・佐喜眞道夫・阿部ユポ・山本義彦の四氏による誌上対談をはじめ、差別の現実を生きる人からのメッセージ、大谷派における差別問題の歴史解説を収録。
    「同朋社会の顕現」に向けてこれから教団が歩むべき道を探る。

    定価:1,800 円(税別) A5判 217頁

  • 試し読み

    往生浄土の道(伝道ブックス70)

    宗祖親鸞聖人七百回御遠忌の記念講演で曽我量深先生が「信に死し願に生きよ」と呼びかけられたような、日々の生活の中での浄土の世界を我々は見失ってきたのではないか。あらためて親鸞聖人が願われた「往生浄土の道」とは何か、自らの生活の中からたずねていく。

    定価:250 円(税別) 新書判 64頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    真宗文庫 親鸞の世界

    半世紀前、各界の注目を集めた『親鸞の世界』が、真宗文庫として新装発行!!

    1961年、親鸞聖人七百回御遠忌を機に、当時の仏教会を代表する鈴木・曽我・金子の三氏が、西谷教授の司会で三日間にわたり京都・比叡山上において討論した世紀の記録。
    2011年、宗祖親鸞聖人750回御遠忌を機縁に、新装改定版として再び世に送るもので、まるで肉声が聞こえんばかりの激論に、50年前にタイムスリップしたように思わず引き込まれていく。
    七百回御遠忌の際に京都会館で行われた三氏の御遠忌記念講演も収録。

    定価:1,500 円(税別) 文庫変形判 446頁

  • 『真宗』保存用ファイル

    『真宗』誌1年分(12冊)を綴じられる保存用ファイル。

    定価:850 円(税別) B5判

  • 試し読み

    真宗本廟(東本願寺)造営史―本願を受け継ぐ人びと―

    宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌記念出版

    これまで四度の火災に遭いながらも、そのつど再建され、相続されてきた真宗本廟(東本願寺)。宗祖親鸞聖人に出遇う帰依処を守りたいと願った全国門徒の懇志・懇念によって守られてきた真宗本廟再建の歴史を解き明かす。真宗本廟造営・再建の歴史に建築・美術・文献など諸方面の研究者が迫る。新出の絵図面や、史料も豊富に紹介。

    定価:15,000 円(税別) A4判 816頁

  • 試し読み

    書いて学ぶ 親鸞のことば―和讃

    「書いて学ぶ」シリーズ第2弾。
    親鸞聖人が人々に親しみやすくつくられた和讃を、現代語訳と語句の意味を確認しながら、書いて学ぶ一冊。さらに書きやすくなったお手本で、見て・書いて・音読する、三段階の学びが実践できる。和讃のまとまりごとにより細かく解説したコラム付き。

    定価:600 円(税別) B5判 72頁

  • 試し読み

    書いて学ぶ 親鸞のことば―正信偈

    親鸞聖人の教えのエッセンスがつまった「正信偈」を、漢文・書き下し文の意味を確認しながら、書いて学ぶ一冊。見て・書いて・音読する、 三段階の学びが実践できる。
    同朋会などのテキストとしても利用できる、ていねいな意訳・語注・コラム付き。

    定価:600 円(税別) B5判 72頁

  • 試し読み

    寿命(いのち)を生きた人 中村久子(伝道ブックス69)

    「私は両手両足がない。ないばっかりにこんな目に遭わないといけない。何でこんな私を生んだの」という久子さんの苦しみから生まれた叫び「人間になりたい」。凡夫としての自分自身に出あっていった久子さんの生涯には、『歎異抄』をとおした親鸞聖人との出あいがあった。

    定価:250 円(税別) 新書判 64頁

  • 試し読み

    生きる力を求めて―Give Me the Power to Live―中村久子の世界

    幼少期に両手両足を失った中村久子さんは、『歎異抄』との出あいをとおし、苦難の身の事実を引き受け、力強く人生を生き抜かれた。その「生きる力」溢れた生涯にふれる写真と、感動の言葉で綴る写真集。英訳を付す。

    2011年、宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌期間中に真宗本廟(東本願寺)で開催された「中村久子展」の内容を網羅。“宗祖としての親鸞聖人”に出遇った人をとおして、いのちの尊さを問いかけ、生き方を見つめ直す一冊。

    定価:1,200 円(税別) タテ150mm×ヨコ135mm 208頁

  • 試し読み

    絵本親鸞聖人

    宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌を記念し、前大谷大学長・大谷大学名誉教授の小川一乘氏、日本画家で大谷派僧侶である畠中光享氏の渾身の書き下ろしによる、親鸞聖人の誕生から入滅までのご生涯を描いた絵本。お釈迦さまの教えに生き、法然上人に出遇った親鸞聖人の感動、お釈迦さまの教えに貫かれた聖人のご生涯が15場面にわたって描かれている。巻末には、子どもと大人が共に読み、理解を深めるための解説「みなさまへ」も収載。

    定価:1,500 円(税別) 縦257mm×横210mm 32頁

  • 試し読み

    人間回復への道―ハンセン病と真宗

    戦後における医療の発展とともに、不治の病ではなくなったハンセン病。
    しかし今も全国15のハンセン病療養所で、約2500名の方が生活されている。医療が発展し、経済的な側面で豊かになった私たちにとって、ハンセン病はどこか遠い、自分には関係のない話のようになっているかもしれない。しかし、明治の終わりごろからハンセン病隔離政策がおこなわれ、そこに真宗大谷派教団も協力していた。

    本書はそのような歴史にふれていただき、ハンセン病患者の方々から希望や、家族との絆など、さまざまなものを奪ってしまった過去に眼を向け、全ての人を同朋として見いだす眼差しを回復していただくことを願いとする。親鸞聖人以来、時代・社会に起こるあらゆる悲しみや苦しみと対峙し続けることを求めてきた真宗に生きる私たちとして、ぜひとも本書を手におとりいただき、あらためて親鸞聖人のみ教えと出遇う機会としていただきたい。

    定価:250 円(税別) 新書判 80頁

  • 卓上 日めくり法語カレンダー歎異抄

    今なお広く親しまれる親鸞語録・『歎異抄』。その中から31の言葉を選び、真宗本廟や渉成園、大谷祖廟の写真とともに掲載した卓上日めくりカレンダー。四季折々の風景とともに、毎日『歎異抄』のことばに親しめる。

    定価:600 円(税別) 縦130mm×横180mm 16頁

  • 試し読み

    お東さんの日めくり法語カレンダー

    卓上、壁掛けどちらでも使用できる日めくりカレンダー。仏教の教えに生きた31人の言葉が時にやさしく、時にきびしく私に問いかける。書・画は空間アートや寺院の障壁画など幅広く活躍中の書画家・李惠氏の筆。おだやかな草花の水彩画と躍動する書が、日々を彩る。

    定価:750 円(税別) 壁掛:縦210㎜×横149㎜ 卓上:縦170㎜×横149㎜ 16頁

  • 日めくり法語カレンダー 一語一遇

    親鸞聖人の教えに出遇った方々の味わい深い言葉32篇と、植物や生き物などの自然をイメージした柔らかく優しい絵を、日めくりのかたちで綴ったカレンダー

    親鸞聖人の教えに出遇った方々の味わい深い言葉32篇を集めた壁掛け日めくりカレンダー。名古屋造形大学准教授の村田直哉氏の筆による、植物や生き物などの自然をイメージした柔らかく優しい絵とともに、ことばと出あえる。

    定価:800 円(税別) B5変形

  • 試し読み

    親鸞聖人の手紙から

    晩年に帰洛した親鸞聖人が関東の念仏者たちに御消息(手紙)を送った背景には、「信仰とは何か」という人々の戸惑いがあった。著者は、その手紙に書かれた聖人のメッセージは、いよいよ迷いを深める現代の人間まで貫いていると説く。

    本書は、御消息は、御消息集(善性本)、親鸞聖人御消息集(広本)、末燈鈔、親鸞聖人血脈文集などを取り上げ、そこにどんなことが書かれていたのか。聖人の生きた時代と現代の両時代において、人間の課題はどこで共通しているのか。手紙の言葉を手がかりに、現代に向かって問題提起をしていく。

    定価:800 円(税別) 新書判 136頁

  • 試し読み

    親鸞さまのみ教え 「真宗宗歌」に聞く(伝道ブックス68)

    法要・聞法会に先立ち歌われることも多く、真宗門徒にとっては恩徳讃とともに馴染み深い「真宗宗歌」。この「真宗宗歌」が制作された背景や、その歌詞を一語一語丁寧に読み解きながら、浄土真宗、そして親鸞聖人のみ教えを学んでいく。

    定価:250 円(税別) 新書判 80頁

  • 試し読み

    観無量寿経の教え―仏との出会い 同朋選書43

    親鸞聖人が大切にされた『観無量寿経』序分に描かれた「王舎城の悲劇」の物語。韋提希、阿闍世、阿難という三人それぞれの苦悩と仏との出遇いをとおして、真宗の教えを学び、私たち自身の生き方を考える。

    定価:1,200 円(税別) B6判 264頁

  • DVD 仏典童話

    東本願寺出版発行のVHS版『ビデオ 仏典童話』1巻~5巻までをDVD化。
    ※VHS版『ビデオ 仏典童話』1巻~3巻は品切れ

    2枚組全27話を収録。一話ごとにアニメの雰囲気が異なるのが魅力の一つ。
    子どもはもちろん大人も楽しめる。

    定価:3,000 円(税別) DVD 【収録時間】DISC1:180分 DISC2:140分

  • DVD 仏陀との出会い―王舎城の物語

    釈尊はどのような国に生まれ、どのような人たちに説法されたのか――。
    釈尊の教えについてのより良い理解のため、『観無量寿経』の序分「王舎城の悲劇」を映像化したVHSビデオ「仏陀との出会い―王舎城の物語」のDVD版。日本語、英語、ポルトガル語字幕付き

    定価:3,500 円(税別) DVD 収録時間:50分

  • DVD 御影堂・阿弥陀堂・御影堂門 御修復のあゆみ

    宗祖親鸞聖人750回御遠忌特別記念事業として、2003年から2015年まで行われた
    御影堂、阿弥陀堂、御影堂門の御修復のあゆみを記録したDVD。

    定価:600 円(税別) DVD 約20分収録

  • DVD 七高僧ものがたり

    VHSビデオで好評を博した『七高僧ものがたり』が待望のDVD化。
    お念仏の教えを伝えてくださり、毎日のお勤めで読む正信偈にも書かれている七高僧について、わかりやすく紹介。加えて聖徳太子の紹介も収録。子どもたちの教材としてはもちろん、大人の同朋の会などでも十分活用いただける内容。

    定価:2,500 円(税別) DVD 140分

  • DVD アニメでふれるしんらんさまの問いかけ

    子どもたちを主人公としたお話が親鸞聖人のエピソードを交えて
    展開される短編アニメーションを12話収録したDVD。
    友情・恋・生き方等、さまざまなことに悩み葛藤する子どもたちが、親鸞聖人の生き方にふれることで、次第にその葛藤に向き合っていく。
    身近な話題から親鸞聖人のご生涯とその教えにふれることができる。 親鸞聖人のご生涯や足跡が分かる解説書付。

    定価:3,500 円(税別) 約120分(10分×12話)

  • DVD アニメでふれる ほとけさまのこころ

    子どもたちへ伝えたい思いを結集して、新たに仏教、生活、昔話などにまつわる
    バラエティ豊かな12話のアニメーションが完成!
    1話10分程度の物語で、仏教にはじめて出会う子どもたちへむけて、おすすめしたい作品。

    定価:4,000 円(税別) DVD 約120分(10分×12話)

  • DVD 親鸞への道/八太のともだち

    親鸞聖人の生涯を親しみやすく知ることができるアニメDVD。
    中高生・大人向けの『親鸞への道』と小学生向けの『八太のともだち』の2つのストーリーを収録。

    『親鸞への道』では、9歳での得度、法然上人との出遇い、流罪後の越後での生活を通して、問われ、学んでいかれた聖人の半生を描く。

    『八太のともだち』では、身寄りがなく、大人を信用しない八太が、親鸞聖人との出遇いを通して成長していく過程を描く。
    両作ともに楽しく「宗祖としての親鸞聖人に出遇う」ことのできるストーリー。

    日本語・英語・ポルトガル語字幕付き。

    定価:2,000 円(税別) 50分

  • 帰依三宝 仏教徒の大切なよりどころ(伝道ブックス67)

    帰敬式を受式するとは何か? 法名とは何か? お釈迦様の時代から現代まで、そしてお釈迦様が生まれたインドも日本も仏教徒の基本は仏・法・僧の三つに帰依することである。それは、つまり何を本当に尊いこととして生きていくかということに他ならない。人間が握り締めている価値観の中で、わが身をそのままに受けとめられない「私」自身が、本当に尊いことを取り戻そうと歩みだす誓いの儀式、帰敬式。本書では、仏弟子として法名を名のる意味などをたずねる。

    定価:250 円(税別) 新書判 64頁

  • 心に響く法話シリーズ(6) 凡夫は、われらなり 松井憲一

    私たちが普段わかったことにして何気なく使っている「凡夫(ぼんぶ)」という言葉。
    松井氏は、この「凡夫」という言葉について、あらためてお釈迦様や親鸞聖人の教えにたずね確認しつつ、四コマ漫画・川柳・経験談を織り交ぜたユーモアたっぷりの語り口で、巧みに私たちのありかたをたずねていく。

    定価:1,200 円(税別) CD 約49分

  • 心に響く法話シリーズ(5) 闇照らすともしび 湯浅成幸

    なぜ私たちは孤独を感じるのか。
    無数の諸仏によって呼びかけられ、導かれている、
    孤独のどん底からほんとうに生きていく道を明らかにする。
    浄土に生まれるとはどういうことなのか、還相の菩薩とは何か、など、
    具体的な生活の中で教えの言葉がどのようにはたらいているのかを、
    ご自身の実感をとおして明快に語る。

    定価:1,200 円(税別) CD 約58分

  • 心に響く法話シリーズ(4) 念仏の光の中に 藤谷純子

    出雲路暁寂氏、信國淳氏の2人の師との交流をとおして念仏申す身となったご自身の体験を紹介。
    また、科学によるより豊かな生活を求め、健康と長寿を得ることを良しとし、
    老病死の苦しみから逃れようともがく私たちが、真に求めているものは「浄土」であり、
    浄土を心に保ちながら生きることができるところには、まさにお念仏がはたらいていることを、
    お釈迦様のエピソードや御文のことばを交えながら語る。

    定価:1,200 円(税別) CD 約51分

  • 心に響く法話シリーズ(3) 念仏申す生活を 近田昭夫

    「私心(ワタクシゴコロ)」で物事のヨシ・アシを判断し、それ故に出口なく迷う自分を、仏さまは悲しまれている。
    それに気づいた時、初めて自ずと頭が下がる―。
    近田氏が日常で出遇ったさまざまなエピソードを交えて、
    念仏申す生活とは何かを語る。

    定価:1,200 円(税別) CD 約48分

  • 心に響く法話シリーズ(2) お念仏に遇いて 藤原千佳子

    経済優先・利益優先の現代社会で今も多くの人々の生活の中に生き、
    力となっている親鸞聖人の念仏の教えとは何か。
    藤原氏が出遇った、念仏に生きるさまざまなご門徒との
    エピソードなどを紹介しながら考えていく。

    定価:1,200 円(税別) CD 約54分

  • 心に響く法話シリーズ(1) 幸せの見つけ方 真城義麿

    経済優先・利益優先の現代社会にあって、私たちは自らの存在の意味を見失っているのではないか。生きることとは何か、私たちが常に追い求める「幸せ」とは何かを、仏教や親鸞聖人の教えを視点に考えていく。

    定価:1,200 円(税別) 約52分

  • 試し読み

    増補 親鸞

    1959(昭和34)年に発行された『親鸞―その生涯と思想の展開過程』(三省堂発行)に著者の新たな研究成果を加えた改訂増補版。増補として「恵信―親鸞の回心―」「女犯偈」などを追加収載し、恵信尼の手紙から親鸞聖人の姿と念仏の教えを考察する。親鸞研究の歴史に大きな視点が提起された一書。

    定価:5,000 円(税別) A5判 608頁

  • 君はそのままでいいんじゃないか

    友だちとのこと、勉強のこと、家族とのこと、自分の成長、まわりの変化…。いろんなかたちでやっかいなことにぶつかる。悩んだり、不安でつらくてたまらなくなる。そんな君たちに「悩み続けるそのことがとても尊いことなんだよ」と伝えたい。

    『同朋新聞』人気連載「わかってたまるか! ウチらの言い分」の著者による書下ろし。大人気イラストレーターの100%ORANGEによる、まるで絵本のようなカワイイイラストにも注目!!

    定価:350 円(税別) 縦210mm×横95mm 27頁

  • 試し読み

    高木顕明の事績に学ぶ学習資料集

    「大逆事件」から100年――
    非戦・平等に生き、冤罪とされた先人たちの願いを忘れないため作成された学習資料集。

    定価:1,000 円(税別) B5判 182頁

  • 試し読み

    生死出ずべき道 同朋選書42

    生きていることに何か空しさを感じる…。「本当に今、ここに生きているんだ」という確かな実感がもてない私たちは、より良い「生」を手に入れようと「死」を遠ざけ、「生」のみを追求していく。「我、今ここにあり」と言える地に足をついた確かな生き方とは…。 九十年の生涯を尽くし、自己を厳しく問い直し、念仏者としての生き方を追求してきた著者が、渾身の力を振り絞って放った最晩年のメッセージ。

    定価:1,000 円(税別) B6判 140頁

  • 試し読み

    親鸞 生涯と教え

    誕生から入滅までの、親鸞聖人の生涯とその教えを、7章に分けて解説。
    引用資料に現代語訳を付け、また聖人の旧跡や史料の写真を使い、わかりやすさを追求。
    聖人の生涯から、現代に生きる私たちに問いかけられる課題にも視点を広げる、親しみやすい一冊。

    定価:800 円(税別) A5判 130頁

  • あみださまのたんこぶ(紙芝居)

    暴れん坊の権太が、念仏おばばの家に忍びこんで盗みをはたらこうとしたら、とんでもないことが起こって…。
    いたずら者の自分を認めて温かく見守っていた念仏おばばや親鸞さま、村の人たちの心根に、権太はふれてゆく。

    定価:2,000 円(税別) タテ265mm×ヨコ380㎜ 12枚組

  • りゅうじん池としんらんさま(紙芝居)

    雨・水の神と怖れ崇められていた龍神に、村の娘を差し出すように言われた村人たち。
    しんらんさまが龍神にたちむかう・・・。

    定価:2,000 円(税別) タテ265mm×ヨコ380㎜ 12枚組

  • しんらんさまと白い道(紙芝居)

    「人に親切にしたってろくなことはない」と一晩の宿をもとめていた親鸞聖人たちを追い返した甚右ヱ門。
    その晩、甚右ヱ門は夢の中で怪物たちに襲われ、火の河と水の河にこばまれ追いつめられる・・・。

    定価:2,000 円(税別) タテ265mm×ヨコ380㎜ 12枚組

  • しんらんさまとやまぶしべんねん(紙芝居) 

    これまで、村人を支配し、思うがままにやってきた荒れくれ者の弁円は、
    村にやってきたしんらんさまを殺そうとするが・・・。

    定価:2,000 円(税別) タテ265mm×ヨコ380㎜ 12枚組

  • 試し読み

    人間といういのちの相(すがた) Ⅴ―今、いのちがあなたを生きている

    人が生きる。そこには何があるのか――。人間の苦悩の現実を見つめ、さまざまな角度から人間の相(すがた)を尋ね続けるインタビュー集第5弾。 第5巻は、東日本大震災、そして原発事故から問われた課題、「生きる」という人間の根本問題をさまざまな視点から見つめる。16人の言葉から「人間」と「いのち」を考える。
    同朋新聞2・3面連載のインタビューをまとめたシリーズ。

    定価:1,000 円(税別) A5判 168頁

  • 試し読み

    人間といういのちの相(すがた) Ⅳ―今、いのちがあなたを生きている

    本書は、宗祖親鸞聖人750回御遠忌テーマ「今、いのちがあなたを生きている」を深める手掛かりとなることを願って出された「人間といういのちの相」の第4弾。
    本書では、生・老・病・死のそれぞれの苦悩と向き合ってこられた方々のインタビューを収載。おのおのが向き合った苦しみの中から、人間の相を見つめる。
    同朋新聞2・3面連載のインタビューをまとめたシリーズ。

    定価:1,200 円(税別) A5判 216頁

  • 試し読み

    人間といういのちの相(すがた) Ⅲ―今、いのちがあなたを生きている

    本書は、宗祖親鸞聖人750回御遠忌テーマ「今、いのちがあなたを生きている」を深める手掛かりとなることを願って出された「人間といういのちの相」の第3弾。
    第3巻である本書では、雇用問題、お念仏、葬儀、自殺問題などのテーマから私たち自身の人間のあり様や私たちの社会を見つめていく。
    同朋新聞2・3面連載のインタビューをまとめたシリーズ。

    定価:1,000 円(税別) A5判 170頁

  • 試し読み

    人間といういのちの相(すがた) Ⅱ―今、いのちがあなたを生きている

    本書は、宗祖親鸞聖人750回御遠忌テーマ「今、いのちがあなたを生きている」を深める手掛かりとなることを願って出された「人間といういのちの相」の第2弾。
    第2巻である本書では、環境問題、薬物依存症、老い、死刑など様々な角度から人間のすがた・苦悩を見つめていく。
    同朋新聞2・3面連載のインタビューをまとめたシリーズ。

    定価:1,000 円(税別) A5判 152頁

  • 試し読み

    共なる世界を願って―アイヌ民族差別と大谷派教団

    アイヌ民族差別に関する学習資料集。
    真宗大谷派とアイヌ民族とのかかわりを紐解き、アイヌ民族差別問題を学ぶ。
    ①本当の共生を求めるアイヌ民族の方々の願い、②人と人との出会いが妨げられてきた歴史、③真宗門徒としてアイヌ民族差別問題を学ぶとは何か、を基本に、北海道教区との協議を経て編集された。

    定価:1,000 円(税別) B5判 178頁

  • 試し読み

    人間といういのちの相(すがた) Ⅰ―今、いのちがあなたを生きている

    本書は、宗祖親鸞聖人750回御遠忌テーマ「今、いのちがあなたを生きている」を深める手掛かりとなることを願って出されたもの。
    葬儀、自殺問題、介護、戦争、団塊世代、病、子育て…様々な現場のいのちの営みから、人間のすがた・苦悩を見つめていく。
    同朋新聞2・3面連載のインタビューをまとめたシリーズ。

    定価:1,000 円(税別) A5判 170頁

  • 試し読み

    お誕生おめでとう 生まれてくれてありがとう(伝道ブックス66)

    私たちはなぜ生まれてきたのか―。
    私たちは生きることに悩み、苦しみ、絶望し、時には生まれてきたことの意味を問い直す。
    お釈迦さまのご誕生をとおして、私たち一人ひとりが生まれてきたことの意味について確かめることを願って、書き下ろしていただいたもの。
    お誕生日のお祝いや花まつりなどにご活用いただくとともに、生きることに悩んだり、ふと自分を振り返ったときに読んでいただきたい一書。

    定価:250 円(税別) 新書判 64頁

  • 試し読み

    真宗の実践 同朋選書41

    〈信心〉と〈社会に生きること〉がなぜ別々になってしまうのか。自分は本当に真宗を生きていると言えるのか。「真宗門徒といえますか」という問いから、真宗に生きるとはどういうことなのかを、丁寧に考える。

    定価:1,000 円(税別) B6判 148頁

  • 試し読み

    宙返りの練習

    迷い悩み苦しむからこそ見えてくる、「宙返り」のような気づきの転換とは?
    現代を生きる人たちの苦しみや悩みに寄り添い、「わからない」という感覚を持ち、考え続ける作家・田口ランディさんとともに、「生老病死」について考える。

    月刊『同朋』で連載された「宙返りの練習」が待望の単行本化。新たに書き下ろされたエッセイのほか、三橋尚伸さん(真宗大谷派僧侶・産業カウンセラー)との対談「お坊さんが教えてくれない肝心なこと」も必読!

    定価:1,500 円(税別) 四六判 186頁

  • 試し読み

    ぼくはいまここにいる

    「どうしてぼくは生まれてきたんだろう。もうイヤだ。ぼくなんか枯れてしまえ。」
    劣悪な環境で生まれ、そんな自分を受け入れることが出来なかったバウム。
    でもそんな自分を見守る存在があることに気づいたバウムは…。

    生きることに漠然とした疑問を持ち始める10代の子どもたち、そして生きづらさを抱えている大人たちに伝えたいメッセージが込められた絵本。(対象年齢6歳~)

    定価:1,500 円(税別) 縦245mm×横205mm 33頁

  • 親鸞さますごろく

    お子さまと一緒に、親鸞聖人のご生涯を楽しみながら学べるすごろく。
    ペーパークラフトのコマとサイコロつき 。

    定価:600 円(税別) B1判

  • 試し読み

    正信偈の教え(下)

    わかりやすい解説で好評の「正信偈」入門書の決定版。日々のおつとめ「正信偈」の一句一句を丁寧に読み解き、一つひとつの言葉の意味をわかりやすく押さえながら、そこにこめられた親鸞聖人の「こころ」にふれる。書き下し、現代語訳も収載。三部作の最終巻である下巻では、親鸞聖人が大切にされた七高僧のうち、道綽禅師・善導大師・源信僧都・源空(法然)上人の章をくわしく解説。

    定価:1,000 円(税別) B6判 180頁

  • 試し読み

    正信偈の教え(中)

    わかりやすい解説で好評の「正信偈」入門書の決定版。日々のおつとめ「正信偈」の一句一句を丁寧に読み解き、一つひとつの言葉の意味をわかりやすく押さえながら、そこにこめられた親鸞聖人の「こころ」にふれる。書き下し、現代語訳も収載。三部作の第二作目となる中巻では、「印度西天之論家」から「諸有衆生皆普化」までを収載し、親鸞聖人が大切にされた七高僧のうち、龍樹菩薩・天親菩薩・曇鸞大師の章をくわしく解説。

    定価:1,000 円(税別) B6判 172頁

  • 試し読み

    正信偈の教え(上)

    わかりやすい解説で好評の「正信偈」入門書の決定版。日々のおつとめ「正信偈」の一句一句を丁寧に読み解き、一つひとつの言葉の意味をわかりやすく押さえながら、そこにこめられた親鸞聖人の「こころ」にふれる。書き下し、現代語訳も収載。三部作の第一段となる上巻では、「偈前の文」から依経段の終わり「難中之難無過斯」までを収載。

    定価:1,000 円(税別) B6判 212頁

  • 試し読み

    仏さまはどこにおられますか?(伝道ブックス65)

    なぜ阿弥陀如来を本尊としているのか?なぜ人の死でお経が読まれるのか?日ごろ習慣のように向き合い口にしているご本尊、お経についてあらためて問いなおす。大切な人の死や、お内仏の前に身を置くことをとおして、私たち一人ひとりにかけられた仏さまの真の願いをあきらかにする。

    定価:250 円(税別) 新書判 64頁

  • 試し読み

    涅槃経の教え―「わたし」とは何か― 同朋選書40

    親鸞聖人が大切にされた『涅槃経』で説かれている「王舎城の悲劇」を中心に、釈尊が救おうとはたらきかけている存在としての「わたし」とは何かを考えていく。

    定価:1,000 円(税別) B6判 184頁

  • 試し読み

    親鸞聖人行実

    本書は、親鸞聖人の事績を史料や聖人が書かれた書物を基にしてまとめたもの。1960年に発行された『親鸞聖人行実』の改訂増補版である。今回の改訂により、旧漢字を新漢字にあらため、年表をさらに見やすくするなど、より利便性を高めたものとなっている。また、近世に流布した親鸞聖人の生涯に関する伝承・伝説などの各種史料も掲載している。

    定価:3,000 円(税別) A5判 474頁

  • 試し読み

    この世を生きる念仏の教え(伝道ブックス64)

    念仏の教えを信じて生きたいと願いながらも、現実の中で常に迷い続ける私たち。
    親鸞聖人が書かれた「念仏正信偈」(『浄土文類聚鈔』)の〝濁世の目足〟という言葉をキーワードに、念仏の教えは死後ではなく、具体的な生き方の問題に関わる教えであることをあきらかにする。

    定価:249 円(税別) 新書判 80頁

  • 試し読み

    写真紀行 おのずからしからしむ―人間・親鸞のいのちとこころ、その生涯に歩く

    比叡山での修行、法然との出遇い、流罪後の越後の生活、関東での出会い、そして再び京へ……。
    親鸞聖人が人生の行路で目にした光と陰を美しいモノクロ写真でたどる。写真家・井上隆雄氏が人間親鸞の感性を追い求めて綴った写真紀行。巻末には親鸞聖人年表、足跡略地図、主な関連写真も掲載。

    定価:2,500 円(税別) タテ297mm×ヨコ223mm 120頁

  • 試し読み

    真宗の基礎 同朋選書39

    親鸞聖人が説かれる「非僧非俗」「知恩報徳」「真俗二諦」などのことばや『大無量寿経』の十八願、『教行信証』の後序をとおして、私たちにとって聖人の教えがどのような意味を持つものかをあらためて考えていく。

    定価:1,000 円(税別) B6判 208頁

  • 試し読み

    2008年安居次講 『宗名往復録』註解

    『宗名往復録』は「浄土真宗」の宗名について生じた論争の記録を集めたもの。祖師聖人が明かされた宗名の何たるを窺うには、江戸時代に宗名としての公称を求めた意義とそれに賭けた幾多の辛苦、そして本来の意味、さらには明治以後の文字通り宗名として公称している現在のありかたを考える必要があると語る。

    定価:3,000 円(税別) A5判 268頁

  • 試し読み

    帰敬式を受ける―親鸞聖人の僧伽に帰敬す(伝道ブックス63)

    一人ひとりが仏弟子の名告りをもって宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌を迎えることを願い、帰敬式を受けるということの意味と、受式後の生活について考える。
    法名とは…。僧伽とは…。
    真宗門徒の帰依三宝の証として、「宗祖としての親鸞聖人に遇う」聞法の歩みの機縁となる一冊。

    定価:250 円(税別) 新書判 52頁

  • 試し読み

    自分の発見―絵本で感じる親鸞聖人の教え(伝道ブックス62)

    むなしさを感じるのは、本当に自分にうなずきたいということがあるから。
    親鸞聖人が晩年に残されたお手紙の言葉を、『スイミー』『フレデリック』等で有名な絵本作家レオ・レオニの『ペツェッティーノ』という絵本を題材に考える。

    定価:250 円(税別) 新書判 74頁

  • 試し読み

    時言

    その時代、その社会にある問題は、そこに生きる人間のすがたを照らし出す。
    様々な現代の問題に照らし合わせて、自分のあり方を見つめ直す。

    本当に大切なことは何なのか。そのことを考える手がかりとなる一冊。
    『同朋新聞』紙上で、30年以上にわたり連載が続いたコラム「時言」。著者が担当した1995年から2007年までの連載の中から62篇を収載。

    定価:800 円(税別) 新書判 114頁

  • 試し読み

    親鸞讃歌

    大谷大学名誉教授の寺川俊昭氏の書き下ろし。
    歴史研究書でも思想研究書でもない、新しい親鸞聖人のものがたり。

    著者・寺川氏が、一人の人間として讃仰の思いをもって親鸞聖人に向かい、その生涯の歩みにしたがって感応のままに親鸞聖人を尋ね、表白した一冊。

    定価:1,800 円(税別) 四六判 270頁

  • 試し読み

    宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌 同朋唱和勤行集

    宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌法要(平日法要)に向けて作成された勤行集。統一して依用する正信偈・念仏・和讃・回向すべてを、逮夜・晨朝・日中の順に収載。また、勤行練習を通じた聞法の一助として、正信偈には書き下し文を、和讃には意訳・注釈を併記、息継ぎ箇所のしるしも掲載。

    定価:300 円(税別) A5判 158頁

  • 仏道に生きる

    「孤独が怖い」と言う若い人たち。
    孤独で淋しいのでなく、「怖い」。そこに若い人たちの呻きがあると著者は言う。
    人は誰からも見離されている、見捨てられていると感じたとき、どうしようもない孤独感に襲われる。そういう孤独は、ただ独りぼっちになるのでなく、もっと深く私が私自身を見失っているということを伴うからである。

    人との関わりをもって生きたいと願いながらも、自分の思いから離れられない私たち・・・。
    そんな私たち人間へのあたたかいメッセージ!

    大谷専修学院での、仏道を歩もうとする人たちに向けた著者からのメッセージ(2003年)をはじめとした講演をまとめた一冊。

    定価:1,600 円(税別) 四六判 252頁

  • 試し読み

    南無阿弥陀仏の葬儀(伝道ブックス61)

    「葬儀は企業化空洞化しつつある現実に直面している。そのなかで念仏共同体を回復する機縁となるような葬儀を営むことは、非常な難問を抱えている」(本文より)。
    全国的に家族葬が浸透し、葬儀の合理化が進む中にあっても、大切な人の死から何かを受けとっていく縁となる場が葬儀にはある。誰もが必ず経験する「葬儀」という場の問題に著者が迫る。

    定価:250 円(税別) 新書判 76頁

  • 試し読み

    だいすきおじいちゃん

    「パンダのイエイエはいつもおじいちゃんといっしょ。おじいちゃんは何でもしっている。でもねイエイエのいちばん好きなのは…」。

    パンダのイエイエと、おじいちゃんパンダとの心あたたまる物語。
    おひざのうえで読んであげたい一冊。(対象年齢4歳~)

    定価:1,000 円(税別) B6判 24頁

  • 試し読み

    恵信尼消息に学ぶ

    親鸞聖人の妻、恵信尼が遺した十通のお手紙、「恵信尼消息」。
    それを、第一通から第二通、第三通から第六通、第七通から第十通の三つに分け、当時の時代背景と共に丁寧に読み解く。そこから、親鸞聖人や恵信尼の生きた姿、その時代の家族や生活のあり方、そして、そこに息づいた教えが見えてくる。

    2007年6月に日豊教区(大分県)の四日市別院で行われた、日豊教区坊守会での今井雅晴氏による講義をまとめた書籍。

    定価:1,000 円(税別) B6判 154頁

  • 試し読み

    越後の親鸞聖人(伝道ブックス60)

    2007年は、宗祖親鸞聖人が越後に御流罪となって800年目にあたる。
    御流罪以後、越後から関東に移り住んだ親鸞聖人がどのような生活を送られ、どのように念仏の教えを深めていったのか…。親鸞聖人流罪の地・越後(新潟)で長年地域史家として親鸞聖人を研究してきた著者の豊富な研究結果とともに、越後時代の聖人に迫り、御流罪の意義をたしかめる。

    定価:250 円(税別) 新書判 74頁

  • 試し読み

    大谷派なる宗教的精神―真宗同朋会運動の源流―

    2011年に宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌、2012年に真宗同朋会運動発足50年を迎えたことを機縁として、清沢満之・曽我量深・金子大榮・安田理深・高光大船などの先人の偉業をたずね、真宗同朋会運動を学び直す。

    「純粋なる信仰運動」として始まった真宗同朋会運動の原点を、明治から運動発足にいたるまでの精神史から辿る一冊。

    定価:1,000 円(税別) A5判 354頁

  • 試し読み

    いのちのバトンタッチ(伝道ブックス59)

    葬儀社に勤務し、遺体を棺におさめる「納棺夫」として生きてきた著者が、「死」の現場で導かれるように出遇った親鸞聖人の教えとはどのようなものだったのか。「いのち」を所有物のようにとらえる現代にあって、真の「いのち」に目覚め、「いのち」の尊厳を熱く語る一冊。

    定価:250 円(税別) 新書判 74頁

  • 試し読み

    あなたがあなたになる48章

    迷ったり、不安になったり、自分自身がわからなくなったり・・・
    そんな私たちに「大丈夫、心配ないよ」と、語りかけるメッセージ集。
    48の視点から「私が私として生きる」ことを考えていく。

    定価:800 円(税別) 新書判 200頁

  • 試し読み

    だあれ?だれなの?

    この本に登場するむしたちのさまざまな表現に親子でビックリ。小さないのちに出会う本。
    里山や昆虫を撮り続ける写真家・今森光彦さんが子どもに贈る写真絵本。
    ポケットサイズだから山などにもって出かけよう!プレゼントに最適!

    君はなんの虫かわかるかな?(対象年齢6歳~)

    定価:1,200 円(税別) A6変形判 97頁

  • 試し読み

    いのちとひかり―真宗のいのち観(伝道ブックス58)

    宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌テーマ「今、いのちがあなたを生きている」を、親鸞聖人の教えと真宗同朋会運動、現代と向き合うという三つの視点から学ぶ。

    本書は、2006年真宗本廟報恩講期間中に開催された高倉会館親鸞聖人讃仰講演会での池田勇諦氏(同朋大学名誉教授)による講演を基調とし、同氏に加筆いただいた講義録。
    「いのち」という言葉がさまざまな分野で用いられて久しい昨今、池田氏はその「いのち」とはどういう意味で使われているのか、その意味が確認されないまま言葉が踊っている感じがすると言われる。親鸞聖人は「いのち」ということをどう考えられているのか。本書がそのことを考えていく機縁になることを願ってやまない。

    定価:250 円(税別) 新書判 45頁

  • わが心の歎異抄

    『歎異抄』は「人間を考える書」であるという著者が、『歎異抄』の言葉から、その魅力を伝える。
    第一部は著者自身の生き方と『歎異抄』の関わり、第二部は『歎異抄』の著者とされる唯円の人物像や、『歎異抄』成立についての最新の研究成果を載せる。

    ※こちらは2007年発行の単行本版です。真宗文庫版ではございません。

    定価:1,400 円(税別) 四六判 222頁

  • 試し読み

    地上に立つ宗教 同朋選書37

    日常生活の中で、社会の中で、仏法を聞くとはどういう意味を持つのか。私たちが救われざる者として、根源的に連帯し得る自覚、そういう「国土」が開かれているかどうかを問い直す。

    (あとがきより抜粋)
    ‥‥私達の生きる国のその、私達の脚下に、大地を感覚することこそ、人間の救いなのです。
    それを、先生は「地上に立つ宗教」として、宣言されているのです。‥‥梶原敬一氏

    定価:1,000 円(税別) B6判 200頁

  • 試し読み

    ゐなかの人々と親鸞(伝道ブックス57)

    本書は、2006年真宗本廟報恩講期間中に開催された高倉会館親鸞聖人讃仰講演会での松野純孝氏による講演を基調とし、同氏に加筆いただいた講義録。

    御流罪の地越後での親鸞聖人の生活を、妻・恵信尼公が書き残された「恵信尼消息」など当時の歴史資料などをとおして紹介するとともに、親鸞聖人のご生涯のなかで、越後の「ゐなかの人々」との生活がどのような意味を持っていたのかということがわかりやすく説かれている。
    親鸞聖人は、法然上人から授かった、ただ念仏して往生をとげる本願念仏の教えを、どのようにゐなかの人々に伝えようとしたのか。厳しい生活環境の中、生きる力として念仏の教えにうなづかれていったお同行の姿が、深く深く偲ばれる一著。

    定価:250 円(税別) 新書判 112頁

  • 試し読み

    念仏に生きるとき 同朋選書38

    私たちは家族で宗教をどのように伝えていけばいいのか?
    現代社会のなかで起こるさまざまな問題から、家族で宗教をどのように考えていくかを丁寧にたずね、私たちにとって「南無阿弥陀仏」とは何かを考えていく。

    定価:1,000 円(税別) B6判 232頁

  • 試し読み

    親鸞聖人に学ぶ―真宗入門

    人間・念仏・本願・信心・生活をテーマに、親鸞聖人のあきらかにされた真宗の教えに学ぶ。
    私たちは本当に仏に成れる身であるのか。
    日ごろ当たり前にしている自分の人間観を著者とともにたしかめていく。

    定価:1,500 円(税別) 四六判 254頁

  • 試し読み

    真宗門徒になる 同朋選書36

    「信じる」「信仰を得る」ということは、どんな意味を持つのであろうか。
    親鸞聖人の教えと哲学者キェルケゴールの思想を対比しながら、「信」の問題を掘り下げる。

    定価:800 円(税別) B6判 176頁

  • 試し読み

    親鸞に出会うことば

    親鸞聖人の語られた多くの言葉の中から、今なお著者の心にひびき続ける31の言葉を選び、意訳と随想でわかりやすく解説。
    一日一話ずつ読み進められる一冊。

    時代を超えて、現代にまで伝え続けられてきた聖人の、力強く、やさしい言葉にふれていく。

    定価:800 円(税別) 新書判 136頁

  • 試し読み

    今、いのちがあなたを生きている(伝道ブックス56)

    宗祖親鸞聖人750回御遠忌テーマ「今、いのちがあなたを生きている」。
    このテーマをもとに、「無量寿」とはどういういのちか、親鸞聖人が言われる仏道のいのちで我々はどう救われていくのかという問題を考えていく。

    定価:250 円(税別) 新書判 84頁

  • 試し読み

    生きるということ 同朋選書35

    熊本と大阪両教区の青年研修会講義録。
    「自身を生き尽くそう。人生は信頼に値する意義がある」と語り続けた著者。
    混迷する現代社会のなかで、自らが主体的に生きるということはどういうことなのか。「このままでは終わりたくない」「こんなところにいたくない」という私たちの心の叫びから、親鸞聖人の生涯・教えをとおして、生きる出発点を見出す。

    定価:1,000 円(税別) B6判 232頁

  • 試し読み

    生きる力

    「子どもだけでなく大人も生きることを生き生きと楽しみ、実践されているように感じられない時代になった」と語るのは、姫路医療センター小児科医師であり、真宗大谷派僧侶である著者・梶原敬一氏。

    さまざまな人と接し、さまざまな問題に直面する著者が、仏教の本質に迫り、脳死や臓器移植、「人が人を殺してなぜ悪いのか」の問題性など、私たちが見失っている「いのち」について考えていく。

    定価:1,400 円(税別) 四六判 204頁

  • 試し読み

    自分探しの旅へ

    「ほんとうの私ってどこにいるの?」
    「自信がもてない自分」
    「なぜ人を殺してはいけないの?」・・・。
    そんな悩みや問いを、お釈迦さまや親鸞聖人の教えをキーワードに考えていく。

    定価:1,600 円(税別) 四六判 224頁

  • 試し読み

    Q&Aから考える保育と子育て(伝道ブックス55)

    子どもをもつと、必ず体験する子育ての不安やとまどい。
    全国の大谷派保育協会に加盟する保育園・幼稚園の保育士や園児の保護者から子育てについて寄せられた声に、Q&A方式で一緒に考えてゆく一冊。

    「ともに生きともに育ちあう」真宗保育に取り組んでいる、横浜市のアソカ幼稚園・和光幼稚園の副園長靏見美智子さんが、機関誌『真宗』誌で連載したもの。

    定価:250 円(税別) 新書判 80頁

  • 試し読み

    悲の海は深く

    さまざまな職業を経て作家となり、ひとり息子を亡くされて浄土真宗の教えに帰依していく著者の折々の思いが克明に描かれた渾身の一著。深く重い人間中心の知恵(人知)の闇を破り、生死の矛盾を超えて仏の教えと親鸞聖人の信心を語り明かす。浄土真宗の入門書としても、座右の書としても読んでいただきたい一冊。

    定価:1,400 円(税別) 四六判 172頁

  • 試し読み

    日暮らし正信偈 同朋選書34

    仏法を聞き続けること40余年。様々な人びととの出会いをとおして親鸞聖人の教えを学んできた著者とともに「正信偈」をもう一度学び直す、真宗門徒のための正信偈入門。著者が見聞きしてきた親しみやすい譬え話が満載。

    定価:1,000 円(税別) B6判 250頁

  • 試し読み

    存在の大地

    人間が、自分の大地を喪失し大きな悲しみと畏れに陥ったとき、その闇のただ中から光を求めてどんな一歩を踏み出すのか。人間にとっての大地は「自分の居場所」にほかならない。
    9・11同時多発テロ以降、世界は何を失ったのか―。存在のよりどころを失った現代文明の闇を打破る方法を模索する、渾身の鼎談。

    定価:1,400 円(税別) B6変形判 216頁

  • 試し読み

    念仏者の世界―歎異抄に聞く(二) 同朋選書33

    「『真宗』ということは私どもの人生の根源が決まることです。本当にかけがえのない人生として、確立していく。定まってくる。そういう大事な道を開いてきた、それが南無阿弥陀仏の伝統なんだと」(本文より)

    本書は『同朋選書24 大悲に生きる―歎異抄に聞く』の続編。
    念仏の教えに縁を結ばれるようになっても、なかなか確信が持てない私たち。『歎異抄』をとおして、「念仏のみ」と教えてくださる親鸞聖人の教えに深く耳を傾け、私たちが今日の時代を生きていく道を学ぶ。

    定価:1,200 円(税別) B6判 292頁

  • 試し読み

    真宗大谷派宗憲・宗教法人法

    真宗大谷派教師検定受験者必携のテキスト。

    定価:500 円(税別) A5判 78頁

  • 試し読み

    解読浄土論註【改訂版】

    『浄土論註』の学習用テキスト。好評を博した昭和62(1987)年発行版に全面改訂をほどこし完全を期した決定版。原文、読み下し文、現代語訳の解読のほか、脚注、科文を付す。『浄土論註』を学ぶうえで必携の書籍。

    定価:3,500 円(税別) B5判 188頁

  • 試し読み

    浄土論註総索引

    音訓索引・画数表とともに、『浄土論註』本文も収録。親鸞聖人加点本を底本に諸本校合し、大正新脩大蔵経・真宗聖教全書の頁数をも加え、あらゆる分野の研究に役立つよう細心の注意をはらった『浄土論註』学習者必携の書。

    定価:4,800 円(税別) B5判 286頁

  • えにしをことほぐ

    詩人・吉野弘さんの「祝婚歌」と、寺川俊昭氏のメッセージ「結婚するお二人へ」を収録した結婚記念本。
    皆さまのご要望にお応えするかたちで、装いも新たに改訂発行いたしました。ご結婚されるお二人や、お二人にご縁のある方々へのプレゼントとして最適です。お祝いのメッセージを書き込めるページもございます。

    定価:600 円(税別) B6判 32頁

  • 試し読み

    念仏往生の大地に生きる(伝道ブックス53)

    「私たちの日々には、いま本当の安穏があるのか。アメリカがイラク戦争を独善的に発動して以来、世界の闇は刻々に深まっているのであります」。

    親鸞聖人、蓮如上人、そして著者の出遇ったさまざまな人々のことばをひもとき、「念仏」とは何かを問い直す。

    定価:250 円(税別) 新書判 82頁

  • 試し読み

    生と死(伝道ブックス52)

    本書では「いのち」、「生と死」ということがらについて、著者が出会ったさまざまな人びとやことばをとおして、その意味をたずねていく。
    後半に収載の「汝、起ちて更に衣服を整うべし」では、2011年にお迎えする宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌に向けて、真宗門徒の集いが本願念仏に生きる人を生み出しているのか、そこにはどのような問題があるのかを問い直す。

    定価:250 円(税別) 新書判 96頁

  • 試し読み

    不可思議な日常

    何気ない日常のなかで、思わず吹き出したりニンマリしたり、時にはチクリとささる人のこころのありようを独特の感性で描く。生きることの意味をあらためて問い直す身近な哲学書。

    定価:1,500 円(税別) B6変形判 304頁

  • 試し読み

    人と生まれて 同朋選書32

    人として信じられない事件が巻き起こるこの時代社会にあって、あらためて自分のいのち、他のいのちの大切さとともに、そのいのちのつながりを考えていくなかで、人として生まれた意味を、親鸞聖人があきらかにされた仏法に依りながら若者とともに考えていく。

    定価:1,000 円(税別) B6判 176頁

  • 試し読み

    対話 宗教への提言

    本書は機関誌『真宗』2002年7月号から2003年6月号までの全12回にわたって連載した「対話 私たちはどこに立っているのか」を読者の要望に応えて単行本化したもの。児童福祉、アジア問題、哲学、経済、思想、憲法改正問題、医療、環境など様々な現場で真摯な発言と実践を繰り広げている方々に宗教に対する提言をいただき、親鸞聖人があきらかにされた教えを聞く私たち真宗門徒・僧侶が立っていく視点を深める。

    定価:2,200 円(税別) A5判 380頁

  • 試し読み

    いのちみな生きらるべし(伝道ブックス51)

    本書は、著者の中川皓三郎氏が、真宗大谷派学校連合会の「宗教教育研究集会」で教職員を主な対象に講演されたもの。
    氏は自分自身が生きることに悩み、親鸞聖人の教えに学んできたなかで、人が人として真実に生きるとはどういうことなのかについて語られる。
    人は他者との交わりの中で生きる関係存在である。
    その交わりが壊れて居場所を失い、共に生きる世界を見失っている私たちの生き方を問う。

    定価:250 円(税別) 新書判 80頁

  • 試し読み

    教行信証に学ぶ―生活指針としての念仏 同朋選書30

    善人が悪人となり、愚者が賢者となって修行に耐えて仏陀のさとりを得るとされてきた従来の仏教観に対して、生死罪濁の凡夫がさとりを得る。それも「ただ念仏」によるとの新しい仏教観が法然、親鸞によって打ち建てられた。しかし、そのことがどうして可能なのか、この課題に取り組み、論理的に明かすものが親鸞の『教行信証』であると著者はいう。 その聖人の仏教観が、私たちの生活とどのように関わっているのかを語る。

    定価:1,200 円(税別) B6判 276頁

  • 試し読み

    人生に何一つ無駄はない―末期ガンから見えてきた世界―(伝道ブックス50)

    「病のままでも自分らしく生きたい」――多忙なサラリーマン生活の中で突如著者を襲った末期ガン。医師から「余命一年弱」と宣告され、絶望的な状況の中で出遇った親鸞聖人の教えが、著者の人生にどう影響を与えたのか。

    さまざまな人々との出会いの中で、「自分らしく生きる」ことの大切さを説く闘病記。

    定価:250 円(税別) 新書判 96頁

  • 試し読み

    歎異抄に学ぶ 同朋選書29

    著者が『歎異抄』の各章の中から一節を取り上げ、『歎異抄』のこころを語る。
    真宗の教えに出遇った人々の生活がいきいきと語られている一冊。

    定価:800 円(税別) B6判 128頁

  • 試し読み

    宗祖親鸞聖人に遇う(伝道ブックス49)

    阿弥陀仏が法蔵菩薩として五劫のあいだ思惟を重ねられたのは何とためであったのか、ということを「ひとえに親鸞一人がためなりけり」と言い切る親鸞聖人。聖人は、なぜ念仏の教えが私たち一人ひとりのためであると説かれたのか。

    そしてまた親鸞聖人は「釈尊は阿弥陀仏の本願の教えを我々に知らせるためにこの世に出られた」と受けとめられている。そうした宗祖と釈尊の出遇いをとおして、「いま私たちが宗祖に遇うということはどういうことなのか」を、著者自身の体験を交えて語る。

    定価:250 円(税別) 新書判 96頁

  • 試し読み

    教如上人と東本願寺創立―本願寺の東西分派

    戦国時代に、東本願寺を創立した本願寺第十二世教如上人の願いを究明する。旧来の解釈を破り、
    新出史料や教如上人の交流関係をわかりやすく示し、東西本願寺の分立の真意に迫る。

    定価:1,200 円(税別) A5判 136頁

  • 試し読み

    念仏者として独立せん

    「念仏を理解してから念仏申そうとするのではなく、まず、念仏申そうと思い立つこと。そのような法然上人の言葉が聖人の耳の底にあるのでは・・・。」

    親鸞聖人が『教行信証』を制作されたおこころを読み解き、私たちが直面する現実のさまざまな問題に照らし合わせて『教行信証』のことばを深くいただき直す。

    定価:2,500 円(税別) A5判 392頁

  • 試し読み

    ブッダと親鸞―教えに生きる

    ブッダは生涯の中で、何に苦悩し、何を問題として生きていかれたのか。また、親鸞聖人はそのブッダの教えをとおして、人間が抱える問題にどのように向き合っていかれたか。そこから私たち一人ひとりがブッダと出会う道を考える。

    定価:1,000 円(税別) A5判 152頁

  • 試し読み

    悲しみに身を添わせて 同朋選書28

    「苦しみを苦しみ、悲しみを悲しんでいる人たちが周りにはいます。どうかその人たちの声を聞いてください。その人に身を添わせてください。」と著者は語りかける。

    児童養護施設長であった著者が、さまざまな人びととの出会いの中で、「いのち」の尊さ、人が共に生きる大切さを語る。目の前の人の苦しみに身を添わせ、その苦しみを苦しみと受け取っていくとき、必ずあなたの中に聞こえてくることがある――

    同朋大学新入生研修会の講演、北海道教区教化委員会での講演『私的「真宗」』、及び戯曲「アジャセ」を収める。

    定価:1,000 円(税別) B6判 232頁

  • 試し読み

    真宗を学ぶ 同朋選書26

    親鸞聖人が著された『愚禿鈔』をを手がかりに、南無阿弥陀仏とは何か、念仏とは何かということを講義された、真宗の入門書。巻末に著者の自筆原稿「溝にかかる橋」を収載。

    定価:1,200 円(税別) B6判 288頁

  • 試し読み

    清沢満之 生涯と思想

    明治という激動の時代において、真宗大谷派教団の改革と宗教的真理の解明に取り組んだ近代真宗教学の先駆者、清沢満之(きよざわまんし)の生涯とその思想について紹介する。

    定価:1,200 円(税別) A5判 182頁

  • 試し読み

    近代大谷派年表

    1848(嘉永元)年から1998(平成10)年までの大谷派教団の歴史をたどる。
    年表のほかに、歴代宗務総長、大谷大学・九州大谷短期大学・同朋大学学長、専修学院長、大谷派講師、両堂再建時の図面、また諸宗教と一般の動きも掲載。

    『近代真宗大谷派年表』の第二版として発行されたもので、1977(昭和52)年からを増補。

    定価:4,000 円(税別) B5判 378頁

  • 試し読み

    本願に生きる

    「真宗本廟(東本願寺)育成員研修会」の講義録。
    「この国の現実にあって、われら法蔵の願心を開かん」と題して話された宮城氏の講義を、「真宗における個と公」と「本願に生きる」の2編に分けて収載。本願に生きる場とは私たちが生きる現実である。その中で「心閉ざしている自我が打ち倒されて人間としての地平に呼び戻されること」が願われていると著者は語る。

    定価:800 円(税別) A5判 128頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    いま、共なる歩みを―ハンセン病回復者との出会いの中で―

    時がたつにつれ「ハンセン病問題は終わったのではないか」という声を聞く。
    しかし、人間を隔離し排除してきた私たちの側の課題への取り組みは、決して終わったわけでなく、また終わるものではない。本書は、ハンセン病問題の過去から現在、そして未来に目を向け、私たちが歩むべき道を明らかにしていく。国の隔離政策に同調してきた大谷派の歴史から問い返されていく歩みを進める一冊。

    定価:1,800 円(税別) A5判 350頁

  • 試し読み

    七高僧ものがたり―仏陀から親鸞へー

    親鸞があらわした「正信偈」や「和讃」に登場する七高僧とは、いったいどのような人たちなのか?この高僧たちは、どのような時代を生き、人々に浄土の教えとして何を伝えたのか?

    私たちにまで伝えられた仏教の歴史とことばの響きが、物語として、いま語りだされる……。

    定価:1,200 円(税別) 四六判 112頁

  • 釈尊 生涯と教え

    「八相成道」として説かれる釈尊の生涯とその教えに学び、私たちが生きていく上で何を課題とし、真に求めるべきものは一体何であるのかを問いかけていく。豊富な写真、図版、年表も収載。

    定価:500 円(税別) A5判 136頁

  • 試し読み

    大谷スカウト子ども手帳

    低学年のボーイスカウト・ガールスカウト用の手帳。
    リーダー・保護者とともにスカウト活動の大切さを学ぶためのテキスト。文字は大きめで、イラストも豊富に使われておりわかりやすい。

    定価:500 円(税別) B6判 80頁

  • 試し読み

    本尊の意義をたずねて(伝道ブックス43)

    「なんでそこにお参りするの?」という素朴な問いに、私たちは答えることができるだろうか。
    私たちは、何にむかって手をあわせるのか。
    真宗における「本尊」の意義をたずねる。

    定価:250 円(税別) 新書判 80頁

  • 試し読み

    願心を師となす 同朋選書25

    故藤元正樹氏が、東本願寺高倉会館の日曜講演や彼岸会仏教講座などで行った講話を収載。
    人間の知性としてのヒューマニズムの限界性の露見や、宗教が心の作用の問題と矮小化され行き詰まっている今日の状況にあって、浄土真宗に依って生きることの意味を問い直し、確かめる一冊。

    表紙絵と本文中の挿絵は、藤元氏が生前おりおりに描かれた墨絵を用いた。

    定価:1,000 円(税別) B6判 178頁

  • 試し読み

    真宗門徒

    真宗門徒であるということが見えなくなってきつつある今日、真宗門徒とは、そして真宗門徒として共に歩むことの願いを語りかける一冊。

    真宗本廟(東本願寺)における住職修習での和田稠氏の講義「真宗門徒の生活」・「私の歩み」を収録。

    定価:400 円(税別) A5判 80頁

  • 試し読み

    和讃に学ぶ―正像末和讃

    親鸞聖人は、だれもが念仏の教えに触れられることを願い、多くのご和讃を作られた。
    この『和讃に学ぶ』シリーズは、親鸞聖人が作られたご和讃のなかで、『真宗大谷派勤行集(ごんぎょうしゅう)』に収められている48首について、わかりやすく読み解いた聞法学習書。
    本書は正像末(しょうぞうまつ)和讃編として、勤行集に収められている「正像末和讃」の12首と、「皇太子聖徳奉讃」6首について著す。

    定価:800 円(税別) B6判 262頁

  • 試し読み

    和讃に学ぶ―高僧和讃

    親鸞聖人は、だれもが念仏の教えに触れられることを願い、多くのご和讃を作られた。
    この『和讃に学ぶ』シリーズは、親鸞聖人が作られたご和讃のなかで、『真宗大谷派勤行集(ごんぎょうしゅう)』に収められている48首について、わかりやすく読み解いた聞法学習書。
    本書は高僧和讃編として、勤行集に収められている「高僧和讃」の12首について著す。

    定価:800 円(税別) B6判 178頁

  • 試し読み

    和讃に学ぶ―浄土和讃

    親鸞聖人は、だれもが念仏の教えに触れられることを願い、多くのご和讃を作られた。
    この『和讃に学ぶ』シリーズは、親鸞聖人が作られたご和讃のなかで、『真宗大谷派勤行集(ごんぎょうしゅう)』に収められている48首について、わかりやすく読み解いた聞法学習書。
    本書は浄土和讃編として、勤行集に収められている「浄土和讃」の18首について著す。

    定価:800 円(税別) B6判 242頁

  • 試し読み

    高光大船の世界 道ここに在り

    清沢満之の門下として、暁烏敏(あけがらすはや)、藤原鉄乗(ふじわらてつじょう)とともに“加賀の三羽烏”と呼ばれた高光大船(たかみつだいせん)。本書は、高光師の信心の世界をテーマ別に編集した語録集。師のつむぎ出されたさまざまなことばを紹介し、その生涯をたどる。

    定価:1,200 円(税別) B6判 236頁

  • 試し読み

    BUTTEN DOWA(英訳仏典童話)

    『仏典童話Ⅰ』の英訳本。畠中光享氏の美しい挿絵入りオールカラー。
    日本語原文も収載。

    定価:800 円(税別) 文庫変形判 82頁

  • 試し読み

    大悲に生きる―歎異抄に聞く― 同朋選書24

    本書では、『歎異抄』からいったい何を学び、そして学ぶことによってどういう自分に、どういう世界にめぐり遇うことになるのか、念仏の信心においていったいどういう生き方が確立されてくるのかを明らかにする。

    定価:1,200 円(税別) B6判 274頁

  • 試し読み

    現代の聖典 学習の手引き

    テキスト『現代の聖典』の問題点についてさらに学習を深め、日々の生活においても聞法できるよう編集した手引き書。

    定価:1,500 円(税別) A5判 472頁

  • 試し読み

    増補 真宗大谷派勤行集

    『三帖和讃』(浄土和讃・高僧和讃・正像末和讃)327首を45組に編成して節譜を付し、お早引の形式(同朋奉讃)で順次繰り読みできるよう編集した『真宗大谷派勤行集』の増補版

    定価:700 円(税別) B6判

  • 試し読み

    現代の聖典―観無量寿経序分―【第3版】

    『観無量寿経』序分の延べ書き・文意・語註・主題・問題点と、正信偈・同朋奉讃を収めた、「同朋の会」「推進員養成講座」用テキスト。「王舎城の悲劇」の関連人物の紹介・真宗の系譜略年表も収載。

    定価:500 円(税別) A5判 168頁

  • 試し読み

    真宗文庫 歎異抄聴記

    昭和17(1942)年7月11日~8月10日に曽我量深師によって講ぜられた真宗大谷派安居本講の講録。
    『歎異抄』についての古今独歩の講義といわれ、いまだに不滅の光芒を放つ『歎異抄聴記』。昭和22(1947)年の初版刊行以来、再版・改版を重ね70年以上にわたって連綿と読み継がれてきた名講義が、文庫本になって登場。

    単なる『歎異抄』の解釈ではなく、『歎異抄』として顕現してきている弥陀の本願の世界に著者自身が直入し、〈真宗〉の世界そのものを探求する。語句及び内容の解説を付す。

    定価:1,500 円(税別) 文庫変形 556頁

  • 試し読み

    真宗子ども手帳

    真宗寺院の日曜学校・子ども会用に内容を新たに編集した子ども手帳

    定価:250 円(税別) 文庫判 65頁

  • 試し読み

    南無阿弥陀仏のすがた―慚愧の御遠忌・「御文」聴記 同朋選書23

    本書は蓮如上人五百回御遠忌を機縁として講義された。
    善導大師・親鸞聖人の教えに聞いた同朋選書22『南無阿弥陀仏のいわれ』の続編。

    この2冊を通して、故平野修氏による善導・親鸞・蓮如三師の六字釈が明らかにされる。

    定価:1,000 円(税別) B6判 158頁

  • 試し読み

    真実の救い(伝道ブックス40)

    自分の人生や生き方に不安を感じつつも、物質文化の豊かさに心を奪われ、職場や家庭での出来事に振り回されている私たちに、本当に生きるとは、真実の救いとは何かを語りかける。
    東本願寺高倉会館日曜講演での講演録。

    定価:250 円(税別) 新書判 52頁

  • 試し読み

    南無阿弥陀仏のいわれ―善導大師・親鸞聖人に学ぶ 同朋選書22

    「目覚めなさい」の呼び声が聞こえますか?
    お念仏とは何か。南無阿弥陀仏の六字は何を意味しているのか――真宗の本尊「南無阿弥陀仏」を、善導大師の六字釈、親鸞聖人の六字釈を通して明らかにする。

    定価:1,000 円(税別) B6判 178頁

  • 試し読み

    いっしょに大きくなぁーれ ―はじめて真宗保育にであう本―

    Q&A形式で、子どもたちのさまざまな問いかけに耳をすまし、その子どもの問いかけをとおして、大人たち自身が本当に大切なことを発見し、子どもとともに育っていく保育を探る。

    定価:1,200 円(税別) A5判 170頁

  • 試し読み

    念仏聴診器(伝道ブックス39)

    医療現場に生きる丹羽医院院長・丹羽 是(にわ すなお)氏が、患者とのふれあいのなかで気づかされ、たしかめられた真宗の教えを、会話形式であきらかにしたエッセイ集。

    定価:250 円(税別) 新書判 88頁

  • 試し読み

    真宗の教学における宿業の問題 第二巻

    真宗教学における「宿業」についての主要論文4編を収載。
    「善悪因果論の問題性についての序論」(西田真因)、「親鸞における宿業の問題」(幡谷明)、 「仏教の業論から見た宿業問題について」(雲井昭善)、「宿業―その論理と倫理」(安冨信哉)

    ※第一巻は品切れです。

    定価:2,500 円(税別) A5判 236頁

  • 試し読み

    御文の分位

    蓮如上人の『御文』の教団における教化、教学上の位置と意義、その分限を再確認し、真宗が、教団がどのような方向性をもつべきかをさぐる。1997年中央同朋会議録。

    定価:800 円(税別) A5判 122頁

  • 試し読み

    御文さま―真宗の家庭学習―

    蓮如上人が親鸞聖人の教えをわかりやすく説き、ご門徒たちに送った手紙・・・『御文』。
    本書は、その『御文』五帖八十通をわかりやすく現代語に意訳し、混沌とした時代を生きる私たちに語りかける。

    定価:1,000 円(税別) A5判 288頁

  • 試し読み

    非核非戦―法蔵菩薩の涙―(伝道ブックス37)

    長崎教区での「原爆50周年記念―非核非戦法要」において、著者が戦争体験をふまえ長崎で念仏者として歩んだ中での問いを語った法話録。
    戦争を我が罪として問えない人間にかけられた法蔵菩薩の願い、「非核非戦」という共生のいのちへの促しに呼応した人との出遇いを語る。

    ※本書は1996年発行の伝道ブックス37『青草萌え出る大地―法蔵菩薩の涙―』を改名・改版し新たに発行したものです。

    定価:250 円(税別) 新書判 72頁

  • 試し読み

    世のいのり・国のいのり―続・信の回復 同朋選書20

    「なぜ真宗が“靖国”に反対しなければならないのか」。
    同朋選書16『信の回復』の続編。

    定価:1,500 円(税別) B6判 394頁

  • 試し読み

    蓮如上人行実

    本願寺中興の祖・蓮如上人の生涯の事跡を、豊富な史料で顕彰する。上人の思想・生涯を学ぶ者にとって必携の書。

    定価:2,500 円(税別) A5判 266頁

  • 仏典童話(CD)

    絵本『仏典童話Ⅰ』に収載された味わい深いものがたり10話の朗読を収録。

    『同朋新聞』で連載された「仏典童話」全48話の朗読がラジオ「東本願寺の時間」で放送されたことを機に、より多くの方にお釈迦様の教えにふれていただくことを願い、48話のうち絵本となった10話を『仏典童話』CDとして発行いたしました。

    定価:1,500 円(税別) CD 収録時間:63分

  • 試し読み

    仏典童話Ⅱ

    数ある仏教説話を、筆者の深い感動をとおして生まれた言葉と、美しい挿絵によって紡いだ詩情豊かな童話。『仏典童話Ⅰ』の続編。

    『同朋新聞』に連載され大きな反響のあった「仏典童話」48話のうち、『仏典童話Ⅰ』に続いて別の10話を収録。

    定価:1,200 円(税別) B5変形 48頁

  • 試し読み

    仏典童話Ⅰ

    数ある仏教説話を、筆者の深い感動をとおして生まれた言葉と、美しい挿絵によって紡いだ詩情豊かな童話。

    『同朋新聞』に連載され大きな反響のあった「仏典童話」48話のうち、本書には10話を収録。

    定価:1,200 円(税別) B5変形 48頁

  • 試し読み

    原発震災と私たち―いのちを奪う原発② 真宗ブックレット13

    2011年3月の福島第一原発事故によって、あらためて私たちは人知の闇の深さをつきつけられることとなった。
    事故によって露呈した原発の問題性をあらためて見つめ、被ばくがもたらす悲しみ・痛みが映し出す人間と国家のありかたを問い直す一冊。

    定価:1,000 円(税別) A5判 168頁

  • 試し読み

    念仏者と平和―改憲・教育基本法「改正」問題と私たち 真宗ブックレット12

    改憲問題、教育基本法「改正」問題でゆれている現在、戦後日本の何が問われているのか。
    平和は武力でしか守れないのか。果たして、日本の伝統文化や学校教育の崩壊は、
    教育基本法の欠陥によるものなのか。
    同朋社会の顕現を目指す私たちのあるべき姿を確認し、
    念仏者の願う平和について模索する。

    定価:500 円(税別) A5判 106頁

  • 試し読み

    小笠原登 ハンセン病強制隔離に抗した生涯 真宗ブックレット10

    「らい予防法」による隔離政策に追従する形でその施策を支えた大谷派。
    その大谷派僧侶であった小笠原医師は患者の隔離治療に反対し続け、
    独自の医療を展開していた。
    その小笠原医師の生涯、医療思想を明らかにするとともに、
    大谷派のハンセン病問題に対する取り組みの歴史を検証する。

    定価:500 円(税別) A5判 128頁

  • 試し読み

    いのちを奪う原発 真宗ブックレット9

    原発の問題はいのちの問題である。
    元被曝労働者や被曝労働で息子を亡くした方へのインタビュー、寄稿「原子力の虚構と実像」
    「『ヒバク―原爆被爆、原発被曝』その差別の構造」、また原発誘致に揺れた能登半島・珠洲市の
    出来事などを収載。原発を容認してきた時代と私たちのあり方、浄土観を問う。

    定価:500 円(税別) A5判 128頁

  • 試し読み

    女と男のあいだで 真宗ブックレット7

    「女らしさ」や「男らしさ」にとらわれている私たちの日常をあらたな視点で見つめなおし、性差別の問題を念仏者の課題としてどう受けとめていくかを提起する。

    定価:500 円(税別) A5判 100頁

  • 試し読み

    宗教 この問われるもの 真宗ブックレット6

    最も深い宗教的混迷をかかえた時代に生きる私たち。
    現代人の深い苦しみの根源を探り、
    「宗教」とは何か、そして真実の教えとは何かを問いかける。

    定価:500 円(税別) A5判 120頁

  • 試し読み

    戦後50年の光と闇 真宗ブックレット5

    終戦から長い月日が流れ、平和と繁栄に飾られた間に、
    私たちが見失ってきたものとは何だったのか。
    まさしく闇につつまれ、光を見失っている私たちのあり方を考える。

    定価:400 円(税別) A5判 112頁

  • 試し読み

    エイズという時代 真宗ブックレット4 

    エイズをめぐって、病気を差別という視点から考え、
    座談・インタビューなどにより、今、仏教者が問われている課題をあきらかにしていく。

    定価:400 円(税別) A5判 97頁

  • 試し読み

    死刑制度と私たち 真宗ブックレット3

    死刑がなくなれば犯罪は増える―残酷な事件が起こると、
    当然のように死刑はやむを得ないと考えてしまう。
    一人ひとりの「日ごろのこころ」を問い、死刑制度とは何かを考える。

    定価:300 円(税別) A5判 92頁

  • 試し読み

    民衆の中の親鸞 同朋選書18

    自らを「愚禿」と名のり、民衆の中に生き、民衆の一人としてその生涯を尽くされた親鸞聖人。その聖人のことばから、親鸞聖人が人びとの中にどのように入っていき、人びとの中に何を形成してきたかを明らかにしていく。

    定価:1,000 円(税別) B6判 202頁

  • 試し読み

    浄土古刹玄中寺

    親鸞聖人が仰がれた曇鸞・道綽・善導が念仏にいそしみ、中国浄土教史の上で多大な影響をもたらした玄中寺の歴史を学ぶ。

    定価:2,500 円(税別) 四六判 366頁

  • 試し読み

    還るところはみなひとつ―癌の身を生きる(伝道ブックス26)

    乳がんを患った著者・鈴木章子(あやこ)さんが、死と真向かう状況のなかで、家族とのふれあいをとおして出遇った念仏の教えを語る。遺しゆく家族を案じながら、どんなにがんばってもできないことがある、すべての地力は他力に支えられてあると気づく。そして「還るところはみなひとつ」であるといただいていく。

    鈴木章子さんは、この講話の2か月後に47歳で亡くなられる。本書は、1988(昭和63)年10月、「私の気づかされた世界」と題して話された講話をとりまとめたもの。 長年読み継がれてきたロングセラー。

    定価:250 円(税別) 新書判 88頁

  • 試し読み

    ほんとうのしあわせ―仏縁に恵まれて真の人生―(伝道ブックス24)

    クリスチャンの家に育ち、自らも洗礼を受けた著者が、縁あって真宗門徒の家に嫁ぎ、いつしか念仏する自分を発見する。ご縁となった義父母との生活をおりまぜ、念仏の教えに出遇った喜びを語る一冊。長年読み継がれてきたロングセラー。

    定価:250 円(税別) 新書判 80頁

  • 試し読み

    宗祖聖人 親鸞 下―生涯とその教え

    本書は親鸞聖人の伝記と、法語によって構成された同朋の会テキスト『宗祖親鸞聖人』の学習手引書。浄土真宗の宗祖である親鸞聖人と向かい合い、その生涯に、自らが念仏者として生きる姿勢を学ぶ。
    ※同朋の会テキスト『宗祖親鸞聖人』の学習手引書の下巻。

    定価: 円(税別) A5判 276頁

  • 試し読み

    宗祖聖人 親鸞 上―生涯とその教え

    本書は親鸞聖人の伝記と、法語によって構成された同朋の会テキスト『宗祖親鸞聖人』の学習手引書。浄土真宗の宗祖である親鸞聖人と向かい合い、その生涯に、自らが念仏者として生きる姿勢を学ぶ。
    ※同朋の会テキスト『宗祖親鸞聖人』の学習手引書の上巻。

    定価:1,500 円(税別) A5判 296頁

  • 試し読み

    親鸞聖人伝絵―御伝鈔に学ぶ―

    親鸞聖人の生涯を伝える絵巻物『本願寺聖人伝絵』。
    その詞『御伝鈔』と、絵『御伝絵』に意訳・解説を付し、丁寧に読み解く。
    報恩講での御伝鈔拝読の際にぜひ持っておきたい一冊。

    定価:1,800 円(税別) A5判 168頁

  • 試し読み

    本尊 真宗生活入門講座5

    本尊、それは”尊い物”ではなくて、”本当に尊い事”。
    人生における真に尊厳なる事実であり、私の一生において、このこと一つが明らかであれば、人生がどのような一生であっても後悔ないといえるような事実である。そして、それが南無阿弥陀仏という念仏として与えられている。

    親鸞聖人があきらかにしてくださった本尊とは何かを確かめる

    定価:300 円(税別) 新書判 88頁

  • 試し読み

    法事をつとめる 真宗生活入門講座4

    法事をつとめるとはどのようなことなのかを、「生者」「死者」の問題をふまえながら明らかにしていく。

    年忌の法事が勤まるとき、ふつうは「生者→死者」という、生きている者が死者に対し施しを行うものと考える。しかし、浄土真宗においては逆で、生きている私たちが亡き人から聞いていくこを大事とする。
    そのような姿で勤まる法事は、先祖崇拝や追善供養の法事ではなく、亡くなられた方を諸仏としていただく法事となる。
    法事を本来の御仏事として回復すべきことを著者は強く語りかける。

    定価:300 円(税別) 新書判 104頁

  • 試し読み

    大きい字の本 正信偈講話

    「正信偈」を日常生活に即してわかりやすく説き明かす。大きい字で見やすい入門書。「依経段」(正信偈前半部分)まで収録。

    定価:2,000 円(税別) A5変形判 全5冊セット

  • 試し読み

    改訂 大乗の仏道―仏教概要―

    真宗大谷派教師養成のための教科書。
    1987年より発行されていた『大乗の仏道―仏教概要』をこのたび全面改訂。真宗教学の基本となる仏教について、「大乗仏教」の視点からわかりやすく解説した仏教概要の基本書。巻末には、仏教史略年表や検索、地図付。

    定価:2,500 円(税別) A5判 296頁

  • 試し読み

    真宗の儀式―声明作法―

    真宗大谷派の寺院向け儀式概要テキスト。
    本編「声明作法」、付編「真宗寺院の歴史」の二部構成。仏具、法衣等の写真も付して解説。

    定価:1,500 円(税別) A5判 150頁

  • 試し読み

    浄土の真宗―真宗概要―

    親鸞聖人があきらかにされた浄土真宗はどのような仏教なのか。親鸞聖人の仏道のあゆみ、浄土三部経と仏弟子の伝統、真宗の基礎的要義の視点に立ち、その基本姿勢と根本要義を学ぶ。

    定価:2,000 円(税別) A5判 308頁

  • 試し読み

    教団のあゆみ―真宗大谷派教団史―

    真宗大谷派教団が、どのような歴史を歩んできたのかを学ぶことをとおして、現在の教団のあり方を確かめ、教団の課題を自らの課題として受け止めるためのテキスト。
    年表・真宗大谷派系譜・索引付。

    定価:1,500 円(税別) A5判 188頁

  • 試し読み

    魂(いのち)萌ゆ―暁烏 敏の世界

    清沢満之門下の三羽烏の一人と謳われ、後年「念仏総長」として人々に親しまれた暁烏敏(あけがらすはや)のことばを紹介し、その生涯をたどる。

    生涯、親鸞聖人の証した仏道に生き続け、大衆の声に耳を傾けとおした暁烏敏のことばの数々。一語一語が読む者の心をうつ。

    定価:1,200 円(税別) B6判 246頁

  • 試し読み

    近代大谷派の教団―明治以降宗政史―

    1868(明治元)年から1981(昭和56)年の宗憲改正までの114年間の近現代における大谷派の宗政の変遷をたどる。略年表付。

    定価:3,000 円(税別) A5判 372頁

  • 試し読み

    二河白道の譬え

    人生は、しばしば道にたとえられる。
    光を求めこの道を歩む人を励まし、勇気づけてきた善導大師の二河白道の教え。
    本書ではその二河白道の譬えについて、善導大師の本文、親鸞聖人の解説・その意訳・語注・編者の解説を収載し、丁寧に読み解いていく。

    定価:400 円(税別) B6判 72頁

  • 試し読み

    眼をたまわりて(伝道ブックス16)

    「親鸞聖人に出遇うということは、私自身に出遇うということ」と語る著者が、さまざまな人びととの出会いをとおして、親鸞聖人の教えをあらためて見つめなおす。

    定価:200 円(税別) 新書判 42頁

  • 試し読み

    本廟物語―東本願寺の歴史―

    真宗本廟(東本願寺)は無数の念仏者をはぐくみ、宗祖の御前で自らの信を確かめてきた聞法者の歓喜と謝念によって伝承護持されてきた。本願寺の誕生から東西分派、両堂再建までの歴史を明かす。

    定価:1,000 円(税別) B6判 140頁

  • 試し読み

    現世利益和讃

    親鸞聖人の作られた浄土和讃の一つ「現世利益和讃」をとおして、釈尊の教え、親鸞聖人の教えにふれる一冊。

    定価:200 円(税別) B6変形判 80頁

  • 試し読み

    親鸞の仏教史観

    昭和10(1935)年に行われた曽我量深師の還暦記念講演をまとめた一冊。

    「浄土真宗とは親鸞聖人が体験された新しい仏教史観である」。
    「釈迦の説いた教え」としての唯物的な仏教の歴史ではなく、それをも含んだ、念仏の伝統、本願の展開の歴史を自らに証された親鸞聖人。本書はその仏教史観にふれ、仏教の根幹をあきらかにする。

    定価:800 円(税別) B6判 164頁

  • 仏教讃歌Ⅱ(CD)

    楽譜集『仏教讃歌Ⅱ』に掲載されている曲を収録。

    定価:1,500 円(税別) 約48分

  • 仏教讃歌Ⅰ(CD)

    宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌テーマソング4曲を含む全46曲を収載した楽譜集『仏教讃歌Ⅰ』のCD。

    定価:1,500 円(税別) 2枚組 約59分

  • 仏教讃歌Ⅱ(楽譜)

    第2巻は、子どもと一緒に歌える仏教讃歌37曲を収載。全曲伴奏譜つきで、巻末には用途別索引や、法要・報恩講での仏教讃歌を用いた次第例なども掲載しています。お寺での子ども会や音楽法要でも活用できる一冊。

    定価:1,200 円(税別) A4変形判 88頁

  • 仏教讃歌Ⅰ(楽譜)

    おなじみの仏教讃歌に加え、宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌ソング4曲も収載。全曲伴奏譜付きで、合唱用、演奏用ともに幅広く活用できる。現場の意見をもとに編集され、子ども会、同朋の会などで使いやすい讃歌集。「恩徳讃」「いのちがあなたをいきている」「しんらんさま」など全46曲。

    定価:1,200 円(税別) A4変形判 112頁

  • 子ども用仏教讃歌 のんのんののさま―いのちの偈(うた)PARTⅡ【カセットテープ】

    「礼拝のうた」「行事のうた」「園児のうた」「みんなのうた」「いのちのうた」の四分類による全33曲を収録。
    付録『うたのえほん』付き。

    定価:3,000 円(税別) カセットテープ ブック型ケース入 付録『うたのえほん』付き 収録時間:約52分

  • 讃歌―いのちの偈(うた)【カセットテープ】

    同朋の会などでもっとも多く歌われる22曲を収録。
    カセットテープ2本組で1本目は合唱、2本目は伴奏のみ。各種儀式・行事などで広く使用できる。解説・楽譜・伴奏譜付。

    定価:3,500 円(税別) カセットテープ2本組 ブック型ケース入り 合唱:約52分 エレクトーン演奏:約53分

  • 試し読み

    真宗の本尊 同朋選書10

    宗教とは、自分自身の人生に対する態度決定、生きていく姿勢の問題である。その自分の人生をどのように受けとめ、どのように生きていくか、自分の人生を生きてゆくときの姿勢を、その根本のところで決定していくのが本尊である。何を本尊としていただいているか、そのことが自ずと私の人生を決定していく。そのことから真宗の本尊を明らかにしていく。

    定価:1,000 円(税別) B6判 234頁

  • 試し読み

    いきてるってなあに?

    いきてるってうごくの?いきをするの?わらうの?
    当たり前のことをいっしょにたしかめ、生きるということに対する感覚と心のやさしさを育む絵本。(対象年齢1歳~)

    定価:500 円(税別) 140mm×140mm 16頁

  • 試し読み

    よるになったらおやすみなさい

    子どもたちが寝る前にぐずるのは、ひとりぼっちの世界に入らなければならない不安からかもしれない。安心しておやすみなさい、と優しく語りかける、寝る前の読み聞かせにぴったりの絵本。(対象年齢1歳~)

    定価:500 円(税別) 140mm×140mm 16頁

  • 試し読み

    ててて

    小さい手、大きい手、いろいろな手。
    顔と同様に、それぞれの生き方を語るさまざまな「手」を色彩豊かなイラストで描き、あたたかい言葉とともに限りなく深い愛を表現する。(対象年齢1歳~)

    定価:500 円(税別) 140mm×140mm 16頁

  • 試し読み

    おしゃかさま

    おしゃかさまの誕生から涅槃に至るまでのご生涯をたどる絵本。
    切り絵画壇の第一人者、加藤義明氏の力作。

    定価:800 円(税別) B5変形判 38頁

  • 試し読み

    れんにょさま

    蓮如上人の波乱に満ちたお念仏の生涯をやさしいイラストで表現。仏さまの教えをたしかめ、生きていくことの意味を見つめなおし、子どもたちに念仏の大切さを伝える。(対象:4歳~)

    定価:800 円(税別) B5変形 38頁

  • 試し読み

    しんらんさま

    親鸞聖人の生涯をやさしいイラストで表現し、念仏に生きた聖人の生涯をとおして、自分自身のいのちを生きるということを見つめなおす。(対象:4歳~)

    定価:800 円(税別) B5変形 35頁

  • 試し読み

    正信偈(テキスト)

    「正信偈」学習の入門書。
    読み方、意訳、要点、参考、さらに、学習のための問題点・脚注付。

    定価:400 円(税別) A5判 128頁

  • 真宗聖典 小判・革

    浄土真宗の主要な聖教とその領解に有効な関連の聖教を収める。
    収載:仏説無量寿経(大経)・仏説観無量寿経(観経)・仏説阿弥陀経(小経)・無量寿経優婆提舎願生偈(浄土論・往生論)・帰三宝偈(十四行偈・勧衆偈)・顕浄土真実教行証文類(教行信証)・浄土文類聚鈔・愚禿鈔・入出二門偈頌文・浄土三経往生文類・如来二種回向文(往還回向文類)・三帖和讃・尊号真像銘文・一念多念文意・唯信鈔文意・親鸞聖人御消息集(広本)・御消息集(善性本)・親鸞聖人血脈文集・末燈鈔・御消息拾遺・恵信尼消息・歎異抄・執持鈔・口伝鈔・改邪鈔・浄土真要鈔・本願寺聖人伝絵(御伝鈔)・報恩講私記(式文)・歎徳文・正信偈大意・御文・夏御文・御俗姓・改悔文・蓮如上人御一代記聞書・唯信鈔・後世物語聞書・一念多念分別事・自力他力事・安心決定鈔・念仏法語(横川法語)・一枚起請文・十七条憲法付録 底本・対校本一欄/願名・御文名一欄/科文(浄土三部経・教行信証)/解説/校注/年表




    定価:10,000 円(税別) B6変形 1160頁

  • 真宗聖典 縮刷判

    浄土真宗の主要な聖教とその領解に有効な関連の聖教を収める。
    収載:仏説無量寿経(大経)・仏説観無量寿経(観経)・仏説阿弥陀経(小経)・無量寿経優婆提舎願生偈(浄土論・往生論)・帰三宝偈(十四行偈・勧衆偈)・顕浄土真実教行証文類(教行信証)・浄土文類聚鈔・愚禿鈔・入出二門偈頌文・浄土三経往生文類・如来二種回向文(往還回向文類)・三帖和讃・尊号真像銘文・一念多念文意・唯信鈔文意・親鸞聖人御消息集(広本)・御消息集(善性本)・親鸞聖人血脈文集・末燈鈔・御消息拾遺・恵信尼消息・歎異抄・執持鈔・口伝鈔・改邪鈔・浄土真要鈔・本願寺聖人伝絵(御伝鈔)・報恩講私記(式文)・歎徳文・正信偈大意・御文・夏御文・御俗姓・改悔文・蓮如上人御一代記聞書・唯信鈔・後世物語聞書・一念多念分別事・自力他力事・安心決定鈔・念仏法語(横川法語)・一枚起請文・十七条憲法付録 底本・対校本一欄/願名・御文名一欄/科文(浄土三部経・教行信証)/解説/校注/年表




    定価:2,500 円(税別) B7判 1160頁

  • 真宗聖典 小判

    浄土真宗の主要な聖教とその領解に有効な関連の聖教を収める。
    収載:仏説無量寿経(大経)・仏説観無量寿経(観経)・仏説阿弥陀経(小経)・無量寿経優婆提舎願生偈(浄土論・往生論)・帰三宝偈(十四行偈・勧衆偈)・顕浄土真実教行証文類(教行信証)・浄土文類聚鈔・愚禿鈔・入出二門偈頌文・浄土三経往生文類・如来二種回向文(往還回向文類)・三帖和讃・尊号真像銘文・一念多念文意・唯信鈔文意・親鸞聖人御消息集(広本)・御消息集(善性本)・親鸞聖人血脈文集・末燈鈔・御消息拾遺・恵信尼消息・歎異抄・執持鈔・口伝鈔・改邪鈔・浄土真要鈔・本願寺聖人伝絵(御伝鈔)・報恩講私記(式文)・歎徳文・正信偈大意・御文・夏御文・御俗姓・改悔文・蓮如上人御一代記聞書・唯信鈔・後世物語聞書・一念多念分別事・自力他力事・安心決定鈔・念仏法語(横川法語)・一枚起請文・十七条憲法付録 底本・対校本一欄/願名・御文名一欄/科文(浄土三部経・教行信証)/解説/校注/年表

    定価:3,000 円(税別) B6判 1160頁

  • 真宗聖典 大判

    浄土真宗の主要な聖教とその領解に有効な関連の聖教を収める。
    収載:仏説無量寿経(大経)・仏説観無量寿経(観経)・仏説阿弥陀経(小経)・無量寿経優婆提舎願生偈(浄土論・往生論)・帰三宝偈(十四行偈・勧衆偈)・顕浄土真実教行証文類(教行信証)・浄土文類聚鈔・愚禿鈔・入出二門偈頌文・浄土三経往生文類・如来二種回向文(往還回向文類)・三帖和讃・尊号真像銘文・一念多念文意・唯信鈔文意・親鸞聖人御消息集(広本)・御消息集(善性本)・親鸞聖人血脈文集・末燈鈔・御消息拾遺・恵信尼消息・歎異抄・執持鈔・口伝鈔・改邪鈔・浄土真要鈔・本願寺聖人伝絵(御伝鈔)・報恩講私記(式文)・歎徳文・正信偈大意・御文・夏御文・御俗姓・改悔文・蓮如上人御一代記聞書・唯信鈔・後世物語聞書・一念多念分別事・自力他力事・安心決定鈔・念仏法語(横川法語)・一枚起請文・十七条憲法付録 底本・対校本一欄/願名・御文名一欄/科文(浄土三部経・教行信証)/解説/校注/年表




    定価:3,500 円(税別) A5判 1160頁

  • 試し読み

    仏の名のもとに―部落差別問題学習テキスト―

    部落差別をどのように学ぶか/部落差別をどのようにして生みだしたか/いかにして部落差別を克服するか、の3章で構成されている。 部落差別が、我々の歴史の中で生み出されてきたことへの反省を通して、一人ひとりの課題を明らかにする部落差別問題学習テキスト。

    定価:400 円(税別) B6判 124頁

  • 試し読み

    宗祖親鸞聖人―同朋の会テキスト―

    同朋の会用テキスト。宗祖としての親鸞聖人の伝記と、法語によって構成されており、宗祖の生涯を学ぶことで、私たちの生き方、あり方を明らかにしていく。このテキストの学習手引書として、『宗祖聖人親鸞―生涯とその教え』(上・下)がある。

    定価:250 円(税別) B6判 82頁

  • 試し読み

    雑草の輝き―歎異抄に学ぶ

    『歎異抄』各章を、現代の言葉でわかりやすく解説し、『歎異抄』のこころを学ぶ。長年読み継がれてきたロングセラー。原文と意訳付き。

    定価:1,000 円(税別) B6判 292頁

  • 試し読み

    正精進(八正道シリーズ6)

    釈尊が説かれた仏道実践の道、八正道。その中の「正精進」について平易に語る。

    ※八正道シリーズは『正思惟(八正道シリーズ2)』『正精進(八正道シリーズ6)』以外はすべて在庫切れです。

    定価:100 円(税別) B6判 32頁

  • 試し読み

    正思惟(八正道シリーズ2)

    釈尊が説かれた仏道実践の道、八正道。その中の「正思惟」について平易に語る。

    ※八正道シリーズは『正思惟(八正道シリーズ2)』『正精進(八正道シリーズ6)』以外はすべて在庫切れです。

    定価:100 円(税別) B6判 32頁

  • 試し読み

    信の回復 同朋選書16

    「内なる靖国」とどう向き合うか。
    靖国問題について、なぜこのことが真宗門徒にとって信心の本質にかかわる問題であるのかを明らかにする。靖国について問いつづけた念仏者の遺著。

    定価:1,200 円(税別) B6判 202頁

  • 正信偈(カセットテープ)

    『真宗大谷派勤行集』(赤本)の練習用カセットテープ。真宗宗歌・恩徳讃I・恩徳讃Ⅱ(演奏のみ)も収録。

    定価:1,500 円(税別) カセットテープ A面31分17秒 B面26分9秒

  • 正信偈(CD)

    『真宗大谷派勤行集』(赤本)の練習用CD。真宗宗歌・恩徳讃(Ⅰ・Ⅱ)の演奏のみも収録。

    定価:1,800 円(税別) 約67分

  • 試し読み

    真宗大谷派勤行集(赤本)(洋装・大判)

    真宗門徒必携の勤行集(赤本)。朝・夕の勤行に。正信偈(草四句目下)、念仏和讃・回向(三淘)、御文、同朋奉讃式第一・第二、讃歌などを収録。

    定価:350 円(税別) B6判

  • 試し読み

    真宗大谷派勤行集(赤本)(洋装・小判)

    真宗門徒必携の勤行集(赤本)。朝・夕の勤行に。正信偈(草四句目下)、念仏和讃・回向(三淘)、御文、同朋奉讃式第一・第二、讃歌などを収録。

    定価:200 円(税別) A6判

  • 試し読み

    真宗大谷派勤行集(赤本)【和綴・大判】

    真宗門徒必携の勤行集(赤本)。朝・夕の勤行に。正信偈(草四句目下)、念仏和讃・回向(三淘)、御文、同朋奉讃式第一・第二、讃歌などを収録。

    定価:450 円(税別) B6判

  • 試し読み

    『教行信証』の基礎講座

    著者・蓬茨祖運(ほうしそうん)氏は親鸞聖人の主著『教行信証』について「われわれにとって真実の道しるべとなる言葉が、一つの身体の組織のようなかたちをとって集められております」と語る。本書ではその『教行信証』を「真実の教」「真実の行」「真実の信」「真実の証」の四講に分けて概説する。

    『教行信証』を通して、真宗とは何かということを概説した講義録。各章ごとに重要語句の後註を掲載。長年読み継がれたロングセラー。

    定価:1,500 円(税別) B6判 358頁

  • お内仏のお給仕と心得|東本願寺出版

    試し読み

    お内仏のお給仕と心得

    正しいお内仏のお給仕・勤行作法・荘厳の方法を図解、写真入りでわかりやすく解説。

    定価:500 円(税別) B6判 136頁

  • 試し読み

    真宗大谷派勤行集(赤本)【和綴・小判】

    真宗門徒必携の勤行集(赤本)。朝・夕の勤行に。正信偈(草四句目下)、念仏和讃・回向(三淘)、御文、同朋奉讃式第一・第二、讃歌などを収録。

    定価:300 円(税別) A6判

  • 試し読み

    清沢満之の精神主義

    他力信念の実践に生き切った清沢満之の「他力の救済」「絶対他力の大道」「精神主義」「我が信念」の4編を収載。思想信仰がやさしく端的にうかがえる一冊。

    定価:100 円(税別) A5判 32頁

  • 試し読み

    大谷スカウト手帳

    大谷ボーイスカウト・ガールスカウト用の手帳。

    定価:600 円(税別) A6判 136頁

  • 同朋手帳

    真宗同朋会会員必携の手帳。

    定価:300 円(税別) 新書判 80頁

  • 試し読み

    歎異抄【改訂版】

    『歎異抄』学習用のテキスト。
    原文・脚注に加え、大谷大学名誉教授・寺川俊昭氏による「『歎異抄』を読む人のために」と題したわかりやすい解説付き。

    定価:250 円(税別) B6判 80頁

  • 試し読み

    仏教をめぐる対話 真宗生活入門講座2

    宗教、特に仏教について抱かれている様々な疑問や誤解。
    それは例えば、神と仏の混同であったり、浄土は死後の世界なのかという問、また念仏を呪文にしてしまっていることなど…
    これらの疑問や誤解について、2人の青年とある住職が対話を繰り広げる。

    定価:300 円(税別) 新書判 120頁

  • 試し読み

    自己と社会 真宗生活入門講座1

    一概に宗教といけれども、そもそも「宗教」というものがなかなかわからない。
    本書はこの宗教について、「自己」と「社会」という観点から解き明かしていく。

    定価:300 円(税別) 新書判 80頁