真宗新書

  • 試し読み

    電子BOOK

    なぜ?からはじまる歎異抄

    いまや〝人類の古典〟とも言える『歎異抄』。
    「善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや」というフレーズに代表される、我々の常識では納得できないような言葉が記された書が、なぜこんなにも世に広まったのか―。
    「この世で救われない人は一人もいない」と親鸞に言わしめた教えが書き表された『歎異抄』の願いを、「なぜ?」という素朴な視点に立ち、丁寧に書き表した一冊。

    定価:780 円(税別) 新書判 216頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    浄土真宗入門―親鸞の教え

    鎌倉時代に親鸞聖人が明らかにされた浄土真宗の教えは、現代の私たちに何を伝えようとしているのか。 その教えを聞くことで、私たちの生活がどう変わっていくのか…。浄土とは、念仏とは、往生とは…。 基本を確かめたい人から、より深く学びたい人まで全ての人に向けて解き明かす。

    定価:780 円(税別) 新書判 224頁

  • 試し読み

    電子BOOK

    現在を生きる仏教入門

    「いま、なぜ仏教なのか?」という問いを念頭に、
    釈尊からはじまり、インド、中国を経て
    親鸞聖人の教えに至る仏教の真髄をわかりやすくひもといた、
    仏教を初めて学ぶ人のための入門書。

    定価:780 円(税別) 新書判 196頁

  • 試し読み

    仏さまの願い―四十八のメッセージ

    「仏さまの願い(本願)に学ぶということは、仏さまの願いに「私と私の世界」の課題を聞き続け、応え続けた親鸞聖人の歩んだ道に思いを馳せ、自分自身が生きることの意味を尋ねることです。」(「はじめに」より)

    浄土真宗の正依の経典『仏説無量寿経』に説かれる阿弥陀仏の四十八願。すべての衆生を救い、平和・平等・自由の世界を願うこの四十八願に、現代を生きる人間と社会の課題を尋ねる。筆者による四十八願の現代語訳付き。

    定価:780 円(税別) 新書判 264頁