真宗生活入門講座

  • 自己と社会 真宗生活入門講座1

    一概に宗教といけれども、そもそも「宗教」というものがなかなかわからない。
    本書はこの宗教について、「自己」と「社会」という観点から解き明かしていく。

    定価:300 円(税別) 新書判 80頁

  • 仏教をめぐる対話 真宗生活入門講座2

    宗教、特に仏教について抱かれている様々な疑問や誤解。
    それは例えば、神と仏の混同であったり、浄土は死後の世界なのかという問、また念仏を呪文にしてしまっていることなど…
    これらの疑問や誤解について、2人の青年とある住職が対話を繰り広げる。

    定価:300 円(税別) 新書判 120頁

  • 法事をつとめる 真宗生活入門講座4

    法事をつとめるとはどのようなことなのかを、「生者」「死者」の問題をふまえながら明らかにしていく。
    年忌の法事が勤まるとき、「生者→死者」という、生きている者が死者に対し施しを行うものと考える。
    しかし、浄土真宗においては逆で、生きている私たちが亡き人から聞いていくこを大事とする。
    そのような姿で勤まる法事は、先祖崇拝や追善供養の法事ではなく、亡くなられた方を諸仏としていただく法事となる。
    法事を本来の御仏事として回復すべきことを著者は強く語りかける。

    定価:300 円(税別) 新書判 104頁

  • 本尊 真宗生活入門講座5

    本尊、それは”尊い物”ではなくて、”本当に尊い事”。
    人生における真に尊厳なる事実であり、私の一生において、このこと一つが明らかであれば、人生がどのような一生であっても後悔ないといえるような事実である。
    そして、それが南無阿弥陀仏という念仏として与えられている。

    親鸞聖人があきらかにしてくださった本尊とは何かを確かめる

    定価:300 円(税別) 新書判 88頁