【12月号の主な内容】
◎人間といういのちの相(すがた)(2・3面)
 インタビュー:渋谷幸靖さん
 「どの子も大切に」
刑務所の中でノートに書いた「NPO法人をつくる」という言葉…。非行に走り逮捕された自らの経験から、出所後、非行少年の立ち直りを支援している渋谷さん。しかし、その制度のはざまで困っているたくさんの子どもたちの現状が明らかになります。いのちあるものを見捨てないで救う阿弥陀仏の本願に向き合う私たちにとって、この問題は何を問いかけているのでしょうか。渋谷さんのお話から人間の相を考えます。

◎【特集】親鸞仏教センター開設20年~雑誌『アンジャリ』をリニューアル~(6・7面)
 2001年に東京に開設された宗派の学事施設「親鸞仏教センター」。
「現代と親鸞」を課題に「研究、交流、出版・広報」を軸に事業を展開し、20年の歩みを重ねてきました。今号では、リニューアルされた雑誌『アンジャリ』と、センターの事業についてご紹介します。

●現在(いま)を生きる 通信員リレーリポート(4面)
 「させていただくことの喜び」(倉津アイさん)/中谷潤心通信員(九州教区)
●御同朋・御同行からの問いかけ~是旃陀羅(ぜせんだら)の課題~(4面)
 「第2回「旃陀羅だって人間だ」
●はじめて読む正信偈(5面)
 第26回「善人も悪人も本願はすべてを救う」/井上尚実さん
●仏典の星ぼし(8面)
 第26回「黒牛カーラ」/渡邊愛子さん、絵・臂美恵さん
●聞 ―今月の法話―(9面)
 第16回「モノサシを奪い取って救う阿弥陀さん」/藤谷真之さん
●ニュース(10・11面)
 木越内局発足
 重要文化財 阿弥陀堂門・鐘楼・手水屋形の修復に着手
 第4回門徒戸数調査を全国一斉に実施します ほか

メール books@higashihonganji.or.jp

年間発送料1,000円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

真宗 2021年12月号(第1413号)

〈教団の動き〉
 木越渉氏が宗務総長に就任
 ―第71回宗議会(臨時会)・第69回参議会(臨時会)招集―
 木越内局発足
 重要文化財 阿弥陀堂門・鐘楼・手水屋形の修復に着手
 連続50ヵ年経常費御依頼額完納寺院表彰状及び記念衣体贈呈式

お知らせ
 「総合生活保険(傷害補償)」の廃止について
 真宗本廟における法臈加算の対象となる法要(2022年1月~12月)

〈特集〉
 新宗議会議員の顔ぶれ

 2021年総目次

B5判年間購読 3,000円 1部250円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。
B5判年間購読 3,000円 1部250円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp