【5月号の主な内容】
◎人間といういのちの相(すがた)(2・3面)
 インタビュー:伊藤亜紗さん(東京工業大学科学技術創成研究院未来の人類研究センター長、リベラルアーツ研究教育院教授)
「利他(りた)について考える」
新型コロナウイルスの蔓延によって、世界が危機に直面する中、「他者のために」という意識や行動があらためて取り上げられるようになりました。また、その取り組みが「利他」「利他主義」と表現され、さまざまな分野で意識されています。「利他」という言葉が表すことは何なのか。そして、私たちにどのような可能性をひらくのでしょうか。美学者であり、東京工業大学未来の人類研究センターで利他について研究されている伊藤さんのお話を通して、人間の相(すがた)を考えます。

◎【特集】南無阿弥陀仏の葬儀~真宗の仏事の回復を願って~(6・7面)
宗派では、報恩講(ほうおんこう)をはじめ、朝夕のお勤めや通夜・葬儀・法事などのあらゆる仏事が、御本尊を中心とした仏法聴聞(ぶっぽうちょうもん)の場となることを願い、「真宗の仏事の回復」の取り組みを進めています。
昨今、新型コロナウイルス感染症の影響で葬儀や法事などの簡略化が進んでいます。しかし、一方で、大切な人を亡くした悲しみに寄り添うものとして、仏事を勤めたいとの声は決して消え去ることなく、むしろいよいよ求められており、あらためて「真宗の仏事」とは何か、ということが問われています。
今号では、「南無阿弥陀仏の葬儀」について考えてまいりたいと思います。

●現在(いま)を生きる 通信員リレーリポート(4面)
 「心を寄せる」(小松幸子さん)/那波隆広通信員(仙台教区)
●御同朋・御同行からの問いかけ~是旃陀羅(ぜせんだら)の課題~(4面)
 第7回「糾弾」
●はじめて読む正信偈(5面)
 第31回「他力の信心による速やかな目覚め」/井上尚実さん
●聞 ―今月の法話―(8面)
 第21回「浄土宗の人は愚者になりて往生す」/寺澤三郎さん
●慶讃ニュース(9面)
 慶讃テーマソングの楽譜を発行、慶讃法要「参拝のご案内」動画の公開 ほか
●ニュース(10・11面)
 全国水平社100周年にあたり宗務総長コメントを発表
 「是旃陀羅」問題に関する宗派の取り組みを部落解放同盟広島県連合会へ報告
 真宗本廟春の法要 現如上人百回忌法要厳修
 木越内局一部交代 ほか


クロスワードパズルにメールでも応募できます。
「件名」に「同朋新聞5月号クロスワード応募」と入力のうえ、下記①~③を添えてご応募ください。
①「クロスワードパズルの答え」
②「郵便番号」・「住所」・「氏名」・「年齢」・「電話番号」
『同朋新聞』の感想や紙面に関する要望


クロスワードの応募はコチラ

⇒(E-mail)higashihonganjishuppan@gmail.com





メール books@higashihonganji.or.jp

年間発送料1,000円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

真宗 2022年5月号(第1418号)

〈教団の動き〉
 内局交代
 2022年 真宗本廟「春の法要」
 全国水平社創立100周年にあたり宗務総長コメントを発表
 「是旃陀羅」問題に関する宗派の取り組みを部落解放同盟広島連合会へ報告
 教学研究所所長に宮下晴輝氏が就任
 宗務審議会「真宗本廟を中心としたグローカルデザインに関する委員会」設置

〈災害救援本部より〉
 東日本大震災「勿刻の鐘・追弔法要」
 福島県沖を震源とする地震について

〈お知らせ〉
 全日本仏教界の「ウクライナ支援募金への支援募金」への協力のお願い

《特集》
 宗務改革(行財政改革)内局案に関する内局巡回報告

B5判年間購読 3,000円 1部250円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。
B5判年間購読 3,000円 1部250円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp