【3月号の主な内容】
◎人間といういのちの相(すがた)(2・3面)
 インタビュー:丹野祐子さん「悲しみと向き合う」
 2011年3月11日に発生した東日本大震災から今年で9年が経過します。津波の被害が甚大であった宮城県名取市で被災し、大切な家族を失った丹野祐子さん。今回は、その悲しみと向き合いながら、「語り部」として震災の経験を伝えておられる丹野さんのお話から人間の相をたずねていきます。

◎【特集】各教区における「帰敬式法座」の取り組み(6・7面)
 真宗大谷派では、2023年に厳修される宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃法要に向け、一人でも多くの仏弟子が誕生することを願い「帰敬式法座」の取り組みを各教区で行っています。今回は、2017~2018年度第1次指定教区(仙台・金沢・福井・岐阜・岡崎・京都・日豊・久留米)での取り組みの一部をご紹介します。

●現在(いま)を生きる 通信員リレーリポート(4面)
 「つながりをかたちに」(岡田耕吉さん)」/星智城通信員
  
●人間が人間であるために(4面)
 「五輪がかき消す甲状腺がん患者の声」/白石草

●はじめて読む正信偈(5面)
 第5回「本願の成就をあらわす光」/井上尚実

●仏典の星ぼし(8面)
 第5回「闇の中」/渡邊愛子、絵・臂美恵

●その他連載(9面)
 ・毎月一品 あずきレシピ
  第8回「あん餅入りけんちん汁」/谷岡瑞穂
 ・ミカタがカワル?-ちょっと視点を変えてみよう-
  「異動」/川村妙慶

●ニュース(10・11面)
 春の法要ご案内
 但馬内局一部交代
 蓮如上人御影道中・吉崎別院御忌法要のご案内
 四コマ漫画「となりのトモちゃん」/絵・足利ヒロキ ほか

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ

年間発送料1,000円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ

真宗 2020年3月号(第1392号)

〈巻頭言〉
2020年 真宗本廟「春の法要」にあたって
「仏とともに」       宗務総長 但馬 弘

〈教団の動き〉
 葬儀式和讃の男女の区別を廃止
 参務に望月慶子氏、齋藤法顕氏、三品正親氏が就任
 一般財団法人「本願寺文化興隆財団」との和解に基づく事務所等の明け渡しが完了
 重要文化財指定書の交付
 東本願寺キャラクターのLINEスタンプを発売
 阪神・淡路大震災追弔会勤修
 首里城の再建に向けた募金活動始まる
〈災害救援本部より〉
 大阪教区が宗派へ「台風19号」被災地への救援金を届ける

お知らせ
2020年蓮如上人御影道中・吉崎別院御忌法要のご案内

《ご案内》
 ―2020年―
 真宗本廟 春の法要

B5判年間購読 3,000円 1部250円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。
B5判年間購読 3,000円 1部250円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

電子版はコチラ