聖典・専門書

  • 真宗聖典|東本願寺出版

    真宗聖典 大判

    浄土真宗の主要な聖教とその領解に有効な関連の聖教を収める。
    収載:仏説無量寿経(大経)・仏説観無量寿経(観経)・仏説阿弥陀経(小経)・無量寿経優婆提舎願生偈(浄土論・往生論)・帰三宝偈(十四行偈・勧衆偈)・顕浄土真実教行証文類(教行信証)・浄土文類聚鈔・愚禿鈔・入出二門偈頌文・浄土三経往生文類・如来二種回向文(往還回向文類)・三帖和讃・尊号真像銘文・一念多念文意・唯信鈔文意・親鸞聖人御消息集(広本)・御消息集(善性本)・親鸞聖人血脈文集・末燈鈔・御消息拾遺・恵信尼消息・歎異抄・執持鈔・口伝鈔・改邪鈔・浄土真要鈔・本願寺聖人伝絵(御伝鈔)・報恩講私記(式文)・歎徳文・正信偈大意・御文・夏御文・御俗姓・改悔文・蓮如上人御一代記聞書・唯信鈔・後世物語聞書・一念多念分別事・自力他力事・安心決定鈔・念仏法語(横川法語)・一枚起請文・十七条憲法付録 底本・対校本一欄/願名・御文名一欄/科文(浄土三部経・教行信証)/解説/校注/年表




    定価:3,500 円(税別) A5判 1160頁

  • 真宗聖典|東本願寺出版

    真宗聖典 小判

    浄土真宗の主要な聖教とその領解に有効な関連の聖教を収める。
    収載:仏説無量寿経(大経)・仏説観無量寿経(観経)・仏説阿弥陀経(小経)・無量寿経優婆提舎願生偈(浄土論・往生論)・帰三宝偈(十四行偈・勧衆偈)・顕浄土真実教行証文類(教行信証)・浄土文類聚鈔・愚禿鈔・入出二門偈頌文・浄土三経往生文類・如来二種回向文(往還回向文類)・三帖和讃・尊号真像銘文・一念多念文意・唯信鈔文意・親鸞聖人御消息集(広本)・御消息集(善性本)・親鸞聖人血脈文集・末燈鈔・御消息拾遺・恵信尼消息・歎異抄・執持鈔・口伝鈔・改邪鈔・浄土真要鈔・本願寺聖人伝絵(御伝鈔)・報恩講私記(式文)・歎徳文・正信偈大意・御文・夏御文・御俗姓・改悔文・蓮如上人御一代記聞書・唯信鈔・後世物語聞書・一念多念分別事・自力他力事・安心決定鈔・念仏法語(横川法語)・一枚起請文・十七条憲法付録 底本・対校本一欄/願名・御文名一欄/科文(浄土三部経・教行信証)/解説/校注/年表

    定価:3,000 円(税別) B6判 1160頁

  • 真宗聖典|東本願寺出版

    真宗聖典 縮刷判

    浄土真宗の主要な聖教とその領解に有効な関連の聖教を収める。
    収載:仏説無量寿経(大経)・仏説観無量寿経(観経)・仏説阿弥陀経(小経)・無量寿経優婆提舎願生偈(浄土論・往生論)・帰三宝偈(十四行偈・勧衆偈)・顕浄土真実教行証文類(教行信証)・浄土文類聚鈔・愚禿鈔・入出二門偈頌文・浄土三経往生文類・如来二種回向文(往還回向文類)・三帖和讃・尊号真像銘文・一念多念文意・唯信鈔文意・親鸞聖人御消息集(広本)・御消息集(善性本)・親鸞聖人血脈文集・末燈鈔・御消息拾遺・恵信尼消息・歎異抄・執持鈔・口伝鈔・改邪鈔・浄土真要鈔・本願寺聖人伝絵(御伝鈔)・報恩講私記(式文)・歎徳文・正信偈大意・御文・夏御文・御俗姓・改悔文・蓮如上人御一代記聞書・唯信鈔・後世物語聞書・一念多念分別事・自力他力事・安心決定鈔・念仏法語(横川法語)・一枚起請文・十七条憲法付録 底本・対校本一欄/願名・御文名一欄/科文(浄土三部経・教行信証)/解説/校注/年表




    定価:2,500 円(税別) B7判 1160頁

  • 真宗聖典 小判・革|東本願寺出版

    真宗聖典 小判・革

    浄土真宗の主要な聖教とその領解に有効な関連の聖教を収める。
    収載:仏説無量寿経(大経)・仏説観無量寿経(観経)・仏説阿弥陀経(小経)・無量寿経優婆提舎願生偈(浄土論・往生論)・帰三宝偈(十四行偈・勧衆偈)・顕浄土真実教行証文類(教行信証)・浄土文類聚鈔・愚禿鈔・入出二門偈頌文・浄土三経往生文類・如来二種回向文(往還回向文類)・三帖和讃・尊号真像銘文・一念多念文意・唯信鈔文意・親鸞聖人御消息集(広本)・御消息集(善性本)・親鸞聖人血脈文集・末燈鈔・御消息拾遺・恵信尼消息・歎異抄・執持鈔・口伝鈔・改邪鈔・浄土真要鈔・本願寺聖人伝絵(御伝鈔)・報恩講私記(式文)・歎徳文・正信偈大意・御文・夏御文・御俗姓・改悔文・蓮如上人御一代記聞書・唯信鈔・後世物語聞書・一念多念分別事・自力他力事・安心決定鈔・念仏法語(横川法語)・一枚起請文・十七条憲法付録 底本・対校本一欄/願名・御文名一欄/科文(浄土三部経・教行信証)/解説/校注/年表




    定価:10,000 円(税別) B6変形 1160頁

  • 試し読み

    1994年安居次講 破邪顕正鈔序説

    第一章 『破邪顕正鈔』の撰述
    第二章 『破邪顕正鈔』の書誌と先行研究
    第三章 『破邪顕正鈔』の概要
    第四章 『破邪顕正鈔』の要項と論点
    第五章 『破邪顕正鈔』の容義と意趣
    第六章 「在家」の展開
    第七章 後世における「在家」の展開

    定価:2,500 円(税別) A5 144

  • 現代の聖典―観無量寿経序分―【第3版】|東本願寺出版

    試し読み

    現代の聖典―観無量寿経序分―【第3版】

    『観無量寿経』序分の延べ書き・文意・語註・主題・問題点と、正信偈・同朋奉讃を収めた、「同朋の会」「推進員養成講座」用テキスト。「王舎城の悲劇」の関連人物の紹介・真宗の系譜略年表も収載。

    定価:500 円(税別) A5判 168頁

  • 現代の聖典 学習の手引き|東本願寺出版

    試し読み

    現代の聖典 学習の手引き

    テキスト『現代の聖典』の問題点についてさらに学習を深め、日々の生活においても聞法できるよう編集した手引き書。

    定価:1,500 円(税別) A5判 472頁

  • 2008年安居本講 『顕浄土真仏土文類』窃以―迷失せる恩徳―|東本願寺出版
  • 2008年安居次講 『宗名往復録』註解|東本願寺出版

    試し読み

    2008年安居次講 『宗名往復録』註解

    『宗名往復録』は「浄土真宗」の宗名について生じた論争の記録を集めたもの。祖師聖人が明かされた宗名の何たるを窺うには、江戸時代に宗名としての公称を求めた意義とそれに賭けた幾多の辛苦、そして本来の意味、さらには明治以後の文字通り宗名として公称している現在のありかたを考える必要があると語る。

    定価:3,000 円(税別) A5判 268頁

  • 2009年安居本講 浄土方便の仏道|東本願寺出版

    2009年安居本講 浄土方便の仏道

    2009年安居本講講録

    定価:2,500 円(税別) A5判 164頁

  • 2009年安居次講 『唯信鈔文意』講讃―選択と唯信|東本願寺出版

    2009年安居次講 『唯信鈔文意』講讃―選択と唯信

    2009年安居次講講録

    定価:2,500 円(税別) A5判 182頁

  • 試し読み

    2009年安居本講 浄土方便の仏道

    序章
    第一章 比叡山浄土教の流れ
      第一節 源信以前の浄土教
      第二節 源信の浄業実践
    第二章 源信の観仏三昧
      第一節 西方浄土
      第二節 発菩提心
      第三節 観仏三昧
      第四節 易行の念仏
    第三章『観経』
      第一節 第十九願
      第二節 顕彰隠密
      第三節 三心
      第四節 真と仮
      第五節 専修と雑修
    第四章 『阿弥陀経』
      第一節 一心
      第二節 真門の方便
    結章

    定価:2,500 円(税別) A5 164頁

  • 試し読み

    2009年安居次講 『唯信鈔文意』講讃-選択と唯信

    開講の辞
    序章  『唯信鈔文意』の視座
    第一章 『唯信鈔文意』の意置
    第二章 「選択」と「唯信」
    第三章 来迎から摂取へ
    第四章 利他の一心
    第五章 変成と回心
    むすび
    『唯信鈔文意』(現代語訳)

    定価:2,500 円(税別) A5 182頁

  • 2010年安居次講 大般涅槃経序説|東本願寺出版

    2010年安居次講 大般涅槃経序説

    2010年安居次講講録

    『涅槃経』は膨大な分量と複雑な文脈を持っており、最も理解することが困難な経典の一つである。『涅槃経』は『華厳経』と共に親鸞聖人の『教行信証』を支える重要な大乗経典であるため、祖意を伺うためにも『涅槃経』に取り組む必要性を語る。

    定価:3,000 円(税別) A5判 242頁

  • 2011年安居本講 『教行信証』成立の背景-―顕浄土方便化身土文類私考―|東本願寺出版

    2011年安居本講 『教行信証』成立の背景-―顕浄土方便化身土文類私考―

    2011年7月開講の安居本講講録。 日本仏教思想史のうえから、親鸞聖人在世の承元・建保・元仁・嘉禄にわたる念仏批判の内容を検討、化身土巻撰述の意図を明らかにし、『教行信証』成立の背景をたずねる。

    定価:2,500 円(税別) A5判 170頁

  • 2011年安居次講 本願念佛の開顕―『選択本願念佛集』講讃|東本願寺出版

    2011年安居次講 本願念佛の開顕―『選択本願念佛集』講讃

    2011年7月開講の安居次講講録。 よき人・法然上人の「おおせ」をとおして本願念仏に出遇われた親鸞聖人。 本書では法然上人の主著『選択集』を拝読、語録等に学び、本願念仏開顕の意味を学ぶ。

    定価:2,500 円(税別) A5判 166頁

  • 2012年安居次講 『大無量寿経』の讃歌と問答―曇鸞撰『讃阿弥陀仏偈幷論』を読む―|東本願寺出版

    試し読み

    2012年安居次講 『大無量寿経』の讃歌と問答―曇鸞撰『讃阿弥陀仏偈幷論』を読む―

    2012年安居次講講録

    曇鸞によって造られた『仏説無量寿経』の讃歌である『讃阿弥陀仏偈』を、『略論安楽土義』とあわせて一巻の書として読み解く。「一部の書」であった可能性が指摘される両書を、「一巻」の著述として『讃阿弥陀仏偈幷論(さんあみだぶつげひょうろん)』と呼び、その原初形態を想定し、『讃阿弥陀仏偈』と『略論安楽土義』をそれぞれ讃偈分と論議分として配当し、読んでいく。

    定価:4,000 円(税別) A5判 279頁

  • 2013年安居次講 『華厳経』に学ぶ―華厳浄土義管窺―|東本願寺出版

    2013年安居次講 『華厳経』に学ぶ―華厳浄土義管窺―

    2013年安居次講講録

    定価:3,500 円(税別) A5判 194頁

  • 2014年安居本講 「顕浄土真実行文類」講讃―御自釈―|東本願寺出版

    2014年安居本講 「顕浄土真実行文類」講讃―御自釈―

    2014年安居本講講録

    定価:4,000 円(税別) A5判 272頁

  • 2014年安居次講 『入出二門偈頌文』聞記|東本願寺出版

    2014年安居次講 『入出二門偈頌文』聞記

    2014年安居次講講録

    定価:3,500 円(税別) A5判 164頁

  • 2015年安居本講 金剛信の獲得|東本願寺出版

    試し読み

    2015年安居本講 金剛信の獲得

    2015年安居本講講録

    定価:3,500 円(税別) A5判 205頁

  • 2015年安居次講 ハリバドラの伝える瑜伽行中観派思想|東本願寺出版

    試し読み

    2015年安居次講 ハリバドラの伝える瑜伽行中観派思想

    2015年安居次講講録

    定価:3,000 円(税別) A5判 146頁

  • 2016年安居本講 『顕浄土真実証文類』解釈―「証」の二重性についての試論―|東本願寺出版

    試し読み

  • 2017年安居本講 『蓮如上人御一代記聞書』試論|東本願寺出版

    試し読み

    2017年安居本講 『蓮如上人御一代記聞書』試論

    2017年安居本講講録

    定価:4,000 円(税別) A5判 276頁

  • 2017年安居次講 『後世物語聞書』聴記|東本願寺出版

    試し読み

    2017年安居次講 『後世物語聞書』聴記

    2017年安居次講講録

    定価:3,500 円(税別) A5判 188頁

  • 2018年安居本講 安楽集講要|東本願寺出版

    試し読み

    2018年安居本講 安楽集講要

    2018年安居本講講録

    定価:3,500 円(税別) A5判 234頁

  • 2018年安居次講 『改邪鈔』史考|東本願寺出版

    試し読み

    2018年安居次講 『改邪鈔』史考

    2018年安居次講講録

    定価:3,000 円(税別) A5判 168頁

  • 2019年安居本講 『愚禿鈔』講讃―教相判釈と真宗開顕―|東本願寺出版

    試し読み

    2019年安居本講 『愚禿鈔』講讃―教相判釈と真宗開顕―

    2019年安居本講講録

    定価:4,000 円(税別) A5判 262頁

  • 2019年安居次講 摂大乗論第十章彼果智分の考究|東本願寺出版

    試し読み

    2019年安居次講 摂大乗論第十章彼果智分の考究

    2019年安居次講講録

    定価:3,500 円(税別) A5判 242頁

  • 顕浄土真実教行証文類 翻刻篇 縮刷版|東本願寺出版

    顕浄土真実教行証文類 翻刻篇 縮刷版

    親鸞聖人真筆の『顕浄土真実教行証文類(教行信証)』坂東本を、頁を合わせながら精確に活字化した一冊。親鸞聖人が何度も思索と推敲を重ねた跡が忠実に再現され、『教行信証』制作の真意にふれることができる。読みやすさや学習にも配慮し、脚注や補註も併載。
    ※本書は、宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌を記念して出版した『顕浄土真実教行証文類 翻刻篇』を、宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃事業を機縁に、縮刷版として刊行したものです。

    定価:4,000 円(税別) B6判 788頁

  • 釈尊の呼びかけを聞く 阿弥陀経入門|東本願寺出版

    釈尊の呼びかけを聞く 阿弥陀経入門

    宗祖親鸞聖人が〝お釈迦さまがこの世にお出ましになられた本意を表されたお経〟と言われる『阿弥陀経』。さまざまな法事・法要の場で読まれるこの経典には、一体何が書かれているのか。お釈迦さまが説かれる阿弥陀仏や極楽(浄土)は、私たちとどう関わるのか…。書き下し・著者意訳とともに、経文に込められた仏意(おこころ)を丁寧に尋ねる、『阿弥陀経』の入門書。

    定価:1,000 円(税別) B6判 152頁

  • 改訂 教信沙弥と往生人たち|東本願寺出版

    試し読み

    改訂 教信沙弥と往生人たち

    本願念仏の教えが興隆する以前、親鸞聖人が深く敬慕する教信沙弥をはじめ、命がけで浄土往生を求めて生きた人々がいた。彼らの激しいまでの信仰の姿を尋ね、やがて法然上人・親鸞聖人をまってあきらかにされる本願念仏の信心をとは何かを問う一冊。
    ※本書は、1995年初版発行の『教信沙弥と往生人たち』に記事を追加した改訂版です。

    定価:1,200 円(税別) B6判 192頁

  • 一念多念文意・一念多念分別事|東本願寺出版

    試し読み

    一念多念文意・一念多念分別事

    宗祖著作の聖教に立ち返った学びを深めていただくことを願いとした聞法テキストシリーズ第1弾。
    本文篇と付録篇の二篇構成。本文篇には、本文に加え読解に資する註を、付録篇には、読解の一助として現代語訳や両聖教の対照表、親鸞聖人の略年表を掲載。
    『一念多念文意』『一念多念分別事』を学ぶ上での必須テキスト。

    定価:1,000 円(税別) A5判 136頁