歴史の本はありますか?

  • 本廟物語―東本願寺の歴史―

    試し読み

    本廟物語―東本願寺の歴史―

    真宗本廟(東本願寺)は無数の念仏者をはぐくみ、宗祖の御前で自らの信を確かめてきた聞法者の歓喜と謝念によって伝承護持されてきた。本願寺の誕生から東西分派、両堂再建までの歴史を明かす。

    定価:1,100 円(税込) B6判 140頁

  • 教如上人と東本願寺創立―本願寺の東西分派|東本願寺出版

    試し読み

    教如上人と東本願寺創立―本願寺の東西分派

    戦国時代に、東本願寺を創立した本願寺第十二世教如上人の願いを究明する。旧来の解釈を破り、
    新出史料や教如上人の交流関係をわかりやすく示し、東西本願寺の分立の真意に迫る。

    定価:1,320 円(税込) A5判 136頁

  • 真宗本廟(東本願寺)造営史―本願を受け継ぐ人びと―|東本願寺出版

    試し読み

    真宗本廟(東本願寺)造営史―本願を受け継ぐ人びと―

    宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌記念出版

    これまで四度の火災に遭いながらも、そのつど再建され、相続されてきた真宗本廟(東本願寺)。宗祖親鸞聖人に出遇う帰依処を守りたいと願った全国門徒の懇志・懇念によって守られてきた真宗本廟再建の歴史を解き明かす。真宗本廟造営・再建の歴史に建築・美術・文献など諸方面の研究者が迫る。新出の絵図面や、史料も豊富に紹介。

    定価:16,500 円(税込) A4判 816頁

  • 本願寺の軌跡―創建から東西分派、そして現代へ―

    親鸞聖人の示寂後、京都・東山の地に建てられたお墓所、大(おお)谷(たに)廟(びょう)堂(どう)。その小さなお堂が、一体どのようにして巨大な両堂を有する現在の真(しん)宗(しゅう)本(ほん)廟(びょう)(東本願寺)へと発展したのか…?
    廟堂の寺院化、衰(すい)微(び)時代と蓮如上人による再興。信長・秀吉・家康ら戦国武将との関りの中生じた東西分派。そして四度にわたる焼失からの再建……。真宗の教えに生き、護り伝えんとする人々の志願に満ちた750年の軌跡(ものがたり)をたどる。

    定価:1,540 円(税込) A5判 88頁