南無阿弥陀仏の道 -『教行信証』「総序」をたずねて- | 東本願寺出版
伝道ブックス

南無阿弥陀仏の道 -『教行信証』「総序」をたずねて-

東本願寺出版|試し読み!

ご購入はこちらから

東本願寺出版|ご購入はこちらから

お問合せは東本願寺出版まで

新書判  64頁 
宗 正元 著 

275円(税込) 

「南無阿弥陀仏の仏法に出遇わせていただいたご縁をふり返ると、よきひと、よき友が思い起こされてくる」…。

こう語る著者とともに、先生方や田舎の人びと、苦悩の現実を担い生きた祖先が「念仏申せ」と勧める声なき声を聞く。
親鸞聖人の主著『教行信証』冒頭の「総序」の文を手がかりに、〝真宗との出遇い〟を尋ねた一冊。

※本書は、日豊教区(現九州教区)出版委員会が2015年に発行した小冊子『真宗遇いがたし』を再編集したものです。

目次

『教行信証』「総序」(顕浄土真実教行証文類序)全文
●念仏成仏これ真宗
●私たちを歩ませる願
●凡愚・愚悪の人びと
●責任意志としての大悲の願
●人と一つに融けあっている仏法
●発遣してくださる「よきひと」
●始終出遇う『教行信証』
●聞法生活としての『教行信証』
●行の一念・信の一念
あとがき

この商品を見た方はこちらの商品も見ています。