2004年安居本講 『佛説観無量寿経』講究 | 東本願寺出版
安居講録

2004年安居本講 『佛説観無量寿経』講究

東本願寺出版|試し読み!

ご購入はこちらから

東本願寺出版|ご購入はこちらから

お問合せは東本願寺出版まで

A5判  196頁 
福島光哉 著 

2,500円(税別) 

『観経』の講究として、まず隋唐時代の諸師たちの「観」をめぐる理解を考察する。次に趙宋時代の『観経』の三昧論をとおした「観」の理解がどのようであったかを考察し、その上で親鸞の『観経』の受けとめから、宋代の浄土教はどのように映し出されるのかという問題について考える。