2018年安居次講 『改邪鈔』史考 | 東本願寺出版
安居講録

2018年安居次講 『改邪鈔』史考

2018年安居次講 『改邪鈔』史考|東本願寺出版

東本願寺出版|試し読み!

ご購入はこちらから

東本願寺出版|ご購入はこちらから

お問合せは東本願寺出版まで

A5判  168頁 
草野顕之 著 
978-4-8341-0589-6
3,000円(税別) 

2018年安居次講講録

草野顕之 略歴

嗣講。1952(昭和27)年、福岡県生まれ。1976(昭和51)年、大谷大学文学部史学科卒業。1981(昭和56)年、大谷大学大学院文学研究科博士後期課程仏教文化専攻満期退学。1985(昭和60)年、大谷大学文学部専任講師。2000(平成12)年、大谷大学文学部教授。1998(平成10)年、大谷大学学生部長。2006(平成18)年、大谷大学学監文学部長。2010(平成12)年、大谷大学学長。久留米教区久留米組真教寺衆徒。専門は日本中世仏教史、真宗史。著書は『親鸞の伝記―『御伝鈔』の世界―』(東本願寺出版)、『戦国期本願寺教団史の研究』(法藏館)、『真宗教団の地域と歴史』(清文堂)、『真宗大谷派の荘巌全書』(共著・四季社)、『図説日本仏教の歴史 室町時代』(共著・校正出版社)、『蓮如大系第四巻 蓮如と本願寺教団(下)』(編著・法藏館)、『信の念仏者 親鸞』(編著・吉川弘文館)など。 

目次

開講の辞

第一章 覚如上人と『改邪鈔』

  第一節 覚如上人誕生当時の大谷廟堂

  第二節 覚如上人の生涯と『改邪鈔』

  第三節 『改邪鈔』の成立と如信上人・覚如上人の関係

第二章 『改邪鈔』の読解

  第一節 名帳・絵系図の諸問題1

  第二節 名帳・絵系図の諸問題2

  第三節 裳無衣と黒袈裟

  第四節 わが同行、ひとの同行

  第五節 本尊・聖教の悔返

  第六節 没後葬礼と中世の葬送

  第七節 知識帰命の異義

  第八節 なまれる声と報恩講

  第九節 道場の建立ということ

  第一〇節 その他の箇条

現代語訳

この商品を見た方はこちらの商品も見ています。