2019年安居本講 『愚禿鈔』講讃―教相判釈と真宗開顕― | 東本願寺出版
安居講録

2019年安居本講 『愚禿鈔』講讃―教相判釈と真宗開顕―

2019年安居本講 『愚禿鈔』講讃―教相判釈と真宗開顕―|東本願寺出版

東本願寺出版|試し読み!

ご購入はこちらから

東本願寺出版|ご購入はこちらから

お問合せは東本願寺出版まで

A5判  262頁 
田代俊孝 著 
978-4-8341-0604-6
4,000円(税別) 

2019年安居本講講録

目次

開講の辞

序論

本論

第一部 『愚禿鈔』の中心課題

  第一章 教相判釈と真宗開顕

  第二章 二利真実と菩提心判

  第三章 「前念命終 後念即生」考

第二部 本文の領解

  第一章 賢者の信と愚禿が心

  第二章 教相の真仮

  第三章 三心の真仮

田代俊孝 略歴

嗣講。1952(昭和27)年、滋賀県生まれ。1980(昭和55)年、大谷大学大学院博士後期課程満期退学。カリフォルニア州立大学客員研究員、同朋大学教授、文学研究科長等を経て、現在、仁愛大学学長、同朋大学大学院客員教授を併任。同名誉教授。名古屋大学医学部非常勤講師。博士(文学)。三重教区員弁組行順寺住職。著書は『親鸞の生と死―デス・エデュケーションの立場から―』、『仏教とビハーラ運動―死生学入門―』、『親鸞思想の再発見―現代人の仏教体験のために―』、『唯信鈔文意講義』、『真宗入門 御文に学ぶ』、『悲しみからの仏教入門―死に学ぶ生の尊さ』(正・続)(以上、法藏館)、『親鸞教学の課題と論究』(方丈堂出版)、『ひと・ほとけ・いのち―「非科学」のいのち論―』、『ビハーラ医療団講義集』[編著・全七巻](以上、自照社出版)、『広い世界を求めて―登校拒否の心をひらいた『歎異抄』―』(毎日新聞社)他多数。

この商品を見た方はこちらの商品も見ています。