【7月号の主な内容】
◎インタビュー ヤマザキマリ(漫画家・文筆家)
ひとつの考えに縛られず自分はこういう人間と決めつけない。
◎特別企画
  親鸞がもし現代にいたなら…
2023年に生誕850年を迎える親鸞。
彼が生きた鎌倉時代は、
歴史の主役が貴族から武士に移り、
天災や疫病、飢饉などが相次いだ激動の時代でした。
そして私たちが生きる現代もまた、
感染症や気候変動などに脅かされ、
自由、平等、人権など従来の価値観が大きく揺らぎ、
人々は未来が見通せない不安と悩みを抱えています。
そんな現代に親鸞がいれば、
何を考え、どんな言葉を発するだろう…。
多彩な方のご意見を元に発想を広げます。

●鼎談「コロナ後の社会をいかに構想するか、親鸞はそのことに多くの示唆を与えてくれる。」
 中島岳志(東京工業大学教授)× 大澤真幸(社会学者)× 中野加奈子(大谷大学准教授)
●現代の諸問題をとおして教えを学ぶ―大谷大学真宗学科「現代臨床コース」
●親鸞の教えを生かして現代に生きる
 廣瀬崇(「寺子屋」主催)/野々目月泉(臨床宗教師)/ヘナット・ランジン・デ・ソウザ(南米開教使)

◎新連載
●リレー法話 いつも、現在から/犬飼祐三子(真宗大谷派僧侶)

◎好評連載
●親鸞万華鏡/7月号のゲスト:若村亮(株式会社「らくたび」代表取締役)
 各界で活躍する方々に、様々な視点からの多彩な親鸞観をお聞きする連続インタビュー。
●和讃の響き―親鸞の声を聞く/吉元信暁(九州大谷短期大学教授)
●小林聡美のぼちぼち是好日
●お斎をつなぐ人々~東本願寺編~「五環正宗」
●旬のいっぴん精進料理~お弁当~「サラダ冷麺弁当」/森かおる
●東本願寺界隈 今昔物語/料理旅宿 井筒安(料理旅館)
 東本願寺界隈のお店を紹介。東本願寺と地域・町との関わりや歴史、これからを見つめます。
●真宗門徒のキーワード
●ペコロスのほどけてしゃがんで/岡野雄一
 『ペコロスの母に会いに行く』でお馴染み、マンガ家・岡野雄一さんが、亡きお母さんから教わった大切な「いのち」のあれこれをつづる連載マンガ。
●東本願寺 道を照らす行灯法語
 真宗本廟(東本願寺)前の芝生に設置された行灯に掲示されている法語を、毎月ひとつずつご紹介。
●これであなたも仏教ツウ?! クイズで学ぶ仏教語
 普段目にする言葉も実は仏教語だった?! イラストとともに毎月1つ取り上げる仏教語クイズ!
●どうぼうパズルdeひとやすみ
 同朋の誌面や仏教・仏事のことも登場するクロスワードパズル。プレゼント付!
※その他、さまざまなコーナーを連載中!

バックナンバーのご購入はこちら

年間購読4,200円 1部400円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。
年間購読4,200円 1部400円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

メール books@higashihonganji.or.jp