【5月号の主な内容】
◎インタビュー 川村エミコ(お笑い芸人)
「たんぽぽの綿毛を飛ばして、笑いのお花畑を広げていきたい。」
◎特集
  子どもを応援!
2018年の調査で、
7人に1人が貧困状態にあるとされる日本の子どもたち。
以前から深刻な状態だった「子どもの貧困」、
2020年から続く新型コロナ拡大の影響で、
さらに深刻化していることが懸念されます。
また、支援する側としても、コロナの影響で
思うように手を差し伸べられないという悩みもあります。
しかし、たとえ状況は深刻でも、
屈託のない笑顔を見せてくれる子どもたちの表情は大切なもの。
応援する大人たちも、応援される子どもたちも、
共に希望に向かって歩んでいけるような支援のあり方を考えます。

●対談:「つながり続ける。やがて社会はゆっくり変わっていく。」
 湯浅 誠(認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ理事長) × 酒井浩美(真宗大谷派僧侶)
●ルポ:お寺で取り組む子ども支援
●寄稿:「ヤングケアラー」をご存じですか?/持田恭子(一般社団法人ケアラーアクションネットワーク協会 代表理事)
●ミニインタビュー:子どもの貧困は今…。/阿部 彩(東京都立大学教授)
●仏教の視点から/大橋宏雄(真宗大谷派僧侶)

◎好評連載
●親鸞万華鏡/ゲスト:永田萠(イラストレーター)
 各界で活躍する方々に、様々な視点からの多彩な親鸞観をお聞きする連続インタビュー。
●かもかも通信/本上まなみ「桜とおはぎと。」
 テレビやラジオなど、多彩な分野で活躍する本上まなみさんによるエッセイ。
●和讃の響き―親鸞の声を聞く/吉元信暁(九州大谷短期大学教授)
●仏教ゆかりの植物図鑑/栴檀樹
●あなたのとなりの僧侶
●こころに響いた言葉/高橋 愛(大谷中学高等学校宗教科教員)
●これであなたも仏教ツウ?! クイズで学ぶ仏教語
 普段目にする言葉も実は仏教語だった?! イラストとともに毎月1つ取り上げる仏教語クイズ!
●リレー法話 いつも、現在から/津垣えり子(真宗大谷派僧侶)
●東本願寺界隈 今昔物語/今西軒(おはぎ)
 東本願寺界隈のお店を紹介。東本願寺と地域・町との関わりや歴史、これからを見つめます。
●ペコロスのほどけてしゃがんで/岡野雄一
 『ペコロスの母に会いに行く』でお馴染み、マンガ家・岡野雄一さんが、亡きお母さんから教わった大切な「いのち」のあれこれをつづる連載マンガ。
●真宗門徒のキーワード
●どうぼうパズルdeひとやすみ
 同朋の誌面や仏教・仏事のことも登場するクロスワードパズル。プレゼント付!

◎短期集中連載
●全国水平社創立100周年
 「百年の問―部落解放運動と真宗大谷派」【前篇】


※その他、さまざまなコーナーを連載中!

バックナンバーのご購入はこちら




月刊『同朋』は、毎月テーマを設定して、インタビューや対談など特集を組んでいます。
毎月のテーマに合わせた可愛らしいイラストが、『同朋』の表紙を飾っていることをご存じですか?

イラストがあることで特集のイメージが広がっていきますね。思わず手に取りたくなるような表紙に仕上がっています。

また動画内では、消しゴムはんこを制作する上でのポイントを押さえていますので、ぜひ挑戦してオリジナルハンコを制作してみてはいかかでしょうか。

年間購読4,200円 1部400円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。
年間購読4,200円 1部400円 購読へのお申し込みは東本願寺出版へ直接お問合せください。

メール books@higashihonganji.or.jp

メール books@higashihonganji.or.jp