東本願寺出版

東本願寺出版 11月のオススメ書籍6冊

東本願寺出版では、11月にぜひ読んでいただきたい書籍を6冊ご紹介しています。
報恩講をお迎えする11月。
親鸞聖人の著作を扱った書籍や『親鸞聖人伝絵』の入門書はもちろん、人気料理家・大原千鶴さんの「お斎」レシピまで、今こそ読みたい書籍をバリエーション豊かに取り揃えています。
読書の秋のお供にいかがでしょうか?

書籍の詳しい情報・ご購入については各画像をクリックしてください。

 

オススメの6冊

大原千鶴のお斎レシピ 素材を楽しむ精進料理|東本願寺出版

東本願寺出版|試し読み!

11月12日発売!!
『大原千鶴のお斎レシピ 素材をたのしむ精進料理』
大原千鶴(著) B5判 88頁
1,800円(税別)

仏事に際していただく「お斎(とき)」には、縁ある者が共にいのちをいただくという心が込められています。そのお斎の伝統と精神を大切に、京都で生まれ育った料理家・大原千鶴さんが、京都・東本願寺発の「お斎レシピ」としてアレンジ。素材から選べて、かんたんに、おいしく作れる精進料理77品を紹介。

東本願寺出版|試し読み!

『一念多念文意・一念多念分別事 聞法テキスト①』
A5判 136頁 
1,000円(税別)

宗祖著作の聖教に立ち返った学びを深めていただくことを願いとした聞法テキストシリーズ第1弾。
本文篇と付録篇の二篇構成。本文篇には、本文に加え読解に資する註を、付録篇には、読解の一助として現代語訳や両聖教の対照表、親鸞聖人の略年表を掲載。
『一念多念文意』『一念多念分別事』を学ぶ上での必須テキスト。

東本願寺出版|試し読み!

『卓上 日めくりカレンダー「正信偈」』
縦130㍉×横180㍉ 32枚綴り

真宗門徒の毎日のお勤めとして親しまれる「正信偈」の言葉を、真宗本廟(東本願寺)や渉成園、大谷祖廟の四季の写真とともに掲載した日めくりカレンダー。「正信偈」につづられたお念仏の教えにふれるきっかけとなることを願い、裏面には書き下し・意訳も収載。お土産や記念品として最適。

親鸞の主著 『教行信証』の世界|東本願寺出版

東本願寺出版|試し読み!

『親鸞の主著『教行信証』の世界』
延塚知道(著) 四六判 360頁
1,600円(税別)

宗祖親鸞聖人の主著であり、浄土真宗の根本聖典とされる『教行信証』。本書は、この『教行信証』制作において親鸞聖人が担った課題、著述にあたって聖人がとった独特な方法論などを読み解き、そこに書き残された〝凡夫が仏に成る〟仏道を尋ねる。『教行信証』を読むための視座をたしかめる一冊。

探訪 真宗民俗-儀礼の伝承と現代社会|東本願寺出版

東本願寺出版|試し読み!

『探訪 真宗民俗―儀礼の伝承と現代社会』
蒲池勢至(著) A5判 152頁
1,600円(税別)

全国各地の真宗門徒の特色ある信仰の姿や、葬儀、年中行事などの儀礼を、柳田賞受賞の民俗学者・蒲池勢至氏が探訪する「真宗民俗の世界」。日本人の失われつつある古き良き暮らしの一端を垣間見るとともに、現代につながる信仰のありかたを見つめる。

はじめてふれる親鸞聖人伝絵(御伝鈔・御絵伝)|東本願寺出版

東本願寺出版|試し読み!

『はじめてふれる親鸞聖人伝絵(御伝鈔・御絵伝)』
沙加戸弘(著) B5判 104頁
1,500円(税別)

浄土真宗の宗祖親鸞聖人があきらかにされた本願念仏の教えを、後世に伝えようと覚如上人が制作された絵巻物『親鸞聖人伝絵』。ここには、聖人の生涯における主要な出来事が、文章(御伝鈔)と絵(御絵伝)で表されている。本書は、御伝鈔の試訳をはじめ、御絵伝20図の詳細な解説を掲載し、『親鸞聖人伝絵』にはじめてふれる方にも最適な一冊となっている。